鈴木と王子の千夜一夜

suzuki to ouji no senyaichiya

鈴木と王子の千夜一夜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
72
評価数
21件
平均
3.7 / 5
神率
38.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
ポーバックス BABY comics(ベイビーコミックス・ふゅーじょんぷろだくと
発売日
価格
¥675(税抜)  ¥729(税込)
ISBN
9784865891201

あらすじ

超凡庸な会社員・鈴木は、会計部で地味な仕事をひたすらこなすだけのパっとしない日々を送っていた。
そんな彼は幼い頃から、アラブ地方の小国ラジリスでしか採れない希少価値の高いラジリア石に心を奪われていた。
ラジリアとの最初の出会いから15年。
鈴木はちょっとだけ語学が得意という理由でアラブ地方への転勤を命じられる。行き先はラジリス国。愛してやまない宝石ラジリアに少しもで関われるのなら、とポジティブに考えようとしていたが…。待っていたのは超絶イケメン王子によるセクハラつきの過重労働。
鈴木のリーマンライフはいったいどうなる!?

表題作鈴木と王子の千夜一夜

ヘイダル・ラジリス、皇太子殿下
鈴木雪弘、貿易会社勤務、ド平凡顔の25歳

その他の収録作品

  • 後日談

評価・レビューする

レビュー投稿数1

次作にも大期待

超平凡な会社員の鈴木は、言葉がわかるという理由だけで、アラブの小国・ラジリスに転勤を命じられた。ラジリスで出会った美形王子のヘイダルは、平凡な見た目の鈴木になぜか興味を示し、歓迎パーティーの夜に酔いつぶれた鈴木はそのまま抱かれてしまう。商談と引き替えに抱かれたのかと思いきや、その後も受けを監禁して離さないヘイダルに、昔出会ったことのある少年の面影を重ねてだんだん惹かれていく受け。しかし王位をめぐる争いに受けが巻き込まれてしまい…。


帯にはドS王子と書かれていたのですが、確かにプチ監禁したり薬盛ったりはされていたものの全然ドSなかんじではありませんでした。どちらかと言えば、恋愛方面に鈍い天然受けに振り回される攻め、といった様相です。あと上のカップリング表記には攻めが皇太子って書かれてますが、正確には王位継承権5位です。
アラブ転勤からの、王族とラブラブ、騒動に巻き込まれて離れ離れ、その後再会してハピエン、という王道アラブの流れで、展開的には目新しくはなかったです。むしろ受けにちょっかいかけてきた攻め兄の扱いが中途半端だし、攻め甥の扱いも半端だし、ストーリー的には不完全でした。続き
あと気になったのが、「おまえから触れてくれたのはこれで二度目だな」が2シーンあったこと。えー! と思いました。

でも絵はすごくいいです。美人な黒髪褐色肌の攻めは目の保養レベルに美しいし、受けは平凡な顔立ちという設定だけど癒される可愛さだし、乳首の描き込みは美麗だし、もうそれだけで見る価値ある気がします。
キャラクターもよかった。寡黙でクールな攻めが、天然受けに和まされるところは見ていて本当に萌えます。脇キャラも面白い。受けに様々な用途の尻の薬を差し入れてくれる三田所長がすごくいいキャラ。攻めの甥も可愛いし、登場はしないくせにすごいインパクトのある説明をされていた前任者の佐藤くんがひたすら気になりました。(所長が受けに差し入れてくれる尻の薬はすべて佐藤くんの置き土産だそうです) スピンオフまでいくとちょっと読むのが怖いけど、佐藤くんの短編とかは読んでみたかった。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ