ようこそニューワールド

youokso new world

ようこそニューワールド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×218
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
5
得点
145
評価数
42件
平均
3.6 / 5
神率
26.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
ポーバックス BABY comics(ベイビーコミックス・ふゅーじょんぷろだくと
発売日
価格
¥675(税抜)  
ISBN
9784865891218

あらすじ

サディスティックな腹黒アイドル
×
百戦錬磨のヤリチンモデル

調子にのったプレイボーイにドぎついお仕置き

芸能界でくり広げられる淫らなレッスンで、
掘られる快感を教え込まれる

今をときめくトップモデルのコウキは老若男女問わず性的関係を持つ遊び人。
甘い言葉で巧みに騙し、一夜限りのヤり捨てなんて当たり前。
今宵のターゲットは雑誌の企画で共演した人気アイドルのルカ。
クリンと大きな瞳に艶めいた唇が情欲を誘う美少年。
酔いつぶしていただいちゃおうと目論み、ルカの家へ上がり込むが…。
なんと気がついたら縛られていた!
身動きのとれないコウキにまたがるルカは別人のようなドSに豹変。
お尻をいじくりまわされる快楽に抗えない! コウキの運命は!?

バリタチモデルをドMに調教

表題作の他、ダンボール男とセックスをする大学生『ハコオ。』や
根暗ストーカー×駆け出しバンドマン『Please show me』等
短編もたっぷり収録。

表題作ようこそニューワールド

ルカ 腹黒アイドル
戸上コウキ ヤリチントップモデル

同時収録作品ヤンキーズシンコペーション

蛇塚キリオ 高校3年生
満田良介 高校3年生

同時収録作品ハコオ。

ハコオ(アベさん) 大学6年生
濃野 大学1年生

その他の収録作品

  • Please show me

評価・レビューする

レビュー投稿数5

私にとっても“ニューワールド”

ジャケからして刺激が強そうなイメージでしたが
冒頭から酷いコウキに若干引きました…。
いくらトップモデルだからってそんなヤリ捨て方することないじゃん…と、
どよーんとしたのも束の間
可愛らしい容貌のアイドル・ルカ!でかした!!ww
すっかり油断させての強攻に思わず拍手したくなりました!
だけどコウキの予想外の反応、ルカの術中にはまってしまった姿が
ざまぁなような…いや、可愛い!
不本意なはずなのに従って素直になっちゃって、
今迄の悪行がチャラになるわけじゃないけど
屈辱感を味わうのも人生のうちだよ……。
しかも実はソッチの方が向いてたってルカに教えてもらえて
コウキにとってはプラスじゃないの!
男女問わずとっかえひっかえして悪評が広がるより
ひとつの愛を見つけられたんだから。

こっぴどくフラれたタスクの気持ちがわかってしまう『熟れすぎた果実』は
ツラい……タスク可哀想……(泣)
ルカが悪いわけじゃないけど、きっついなぁ…。
と思ったけど描き下ろしのルカのコウキとの出会いと
コウキの初恋を読めて良かったです。

『ヤンキーズシンコペーション』続き
え…○ンコペーション…!?って思ったのはここだけの話で←
長い付き合いの友人同士が恋人になるっていう王道系…なんですが
これってもうケンカですら前戯なんじゃないかなっていう…。
良介は彼女がいながらもキリオがいないとつまらないなんて
良介を好きだと自覚していたキリオにしてはチャンス到来!!
キリオが受けかと予想していたので逆だったのは美味しかったですww

『ハコオ。』
……なぜにハコを被っていなきゃいけないんデスカ……???
まずそこからなんですが、
ごく普通の大学生がただの興味からその箱男に性的興味がわくって…不思議な世界!!
よくわからないのに、その接近になぜか惹かれてしまいました。
得体が知れない相手だからいいのか、
中身がわかったらもっと好きになるのかが気になりましたが
その後二人の距離がぐっと近づくのは確実かと!

『Please show me』
バンドマンに恋してストーカーになってしまったヤマ、
読切りなのに(しかも初めてのBL作品との事!)
めっちゃ自然なストーカーっぷり…。
好きだからショウの手にしたものならなんでもとっておきたくて
ライブハウスでバイトまで始めるほどに。
ストーカーなのに薄暗さがあまり感じられないのは
まさかのショウの性癖の所為!
意外でしたけどヤマが幸せそうで良かった…。


お陰様で様々な作品を読ませていただいて、
自分の好みも固まって来たと思っていましたが
当然ながらまだまだ知らない世界もあって
新鮮な萌を感じられる事が幸せです!
こちらが初コミックスとは素晴らしい。
ちょっとクセのある登場人物、印象深かったです!!

2

良かったです。

私は立場逆転?っていうか、タチだと思ってるキャラが受けるのがすごく大好きなのでとても良かったです。
表題作がもっと長かったら嬉しかったかもしれないですけど、のばせるような話でもない気がするので良かったと思います。
他の作品はまあ好きな人は好きだと思いますが、私は好みでは無かったです。
でも表題作が好みど真ん中なので、購入して良かったです。

1

プレイボーイの受け堕ち、闇タイプ

これの前にレビューさせていただいた「イヤよイヤよも?」が光なら、こっちは闇かな…

待ってましたの「タチ専だったのに開発されちゃう受け」作品です!

コウキ(受け)はいつ刺されてもおかしくないタイプのヤリ●ンだったので、開発されてからギャップもあいまって段々めちゃくちゃかわいく見えてくるのがすごいです……
反面、ルカ(攻め)の容赦なさや冷酷さに一瞬引いてしまいながらも、チラ見せされるスパダリ感にうまく乗せられて一気に吸い込まれてしまいました。

ただ、同時収録「ハコオ。」も含め、ほんの少し薄暗さが残ったり当て馬が結構かわいそうだったりと後味の悪さもあるので、そういうのが苦手な方は注意かも。
私は普段あまり後味の悪いものを好まないわりに、そこまで気になりませんでしたが。

少し触れましたが、同時収録2つのほうもとてもよいです。
一冊を通して、キャラたちがいそうでいないどこかおかしい感性の持ち主たちで、お話としても楽しく読ませていただきました。

3

作家さま初BLコミックス

おしゃんてぃーなカバー。というのも、あとがきに表紙のイメージとして何か希望はありますかと担当の方に聞かれた時、「オシャレ」と「サブカル」をテーマにしたと書かれていました。まんまと引っかかって表紙買いです。絵が綺麗でした。オリジナルで漫画を描かれている作家さまの初BLということで納得です。

「ようこそニューワールド」は芸能界を舞台にしたお話ですが、人物の関係性にフォーカスされているのであまり気にならず、舞台設定が邪魔にならないよう、上手く演出されているなぁと思いました。カバーから緊縛プレイがメインなのかと期待していたのですが、最初だけ。ストーリーは王道パターンですが、えっちシーンがよかったので楽しめました。少し女子と絡むシーンがありますので苦手な方はご注意ください。

表題作他、三作短編が同時収録。「ヤンキーズシンコペーション」は幼馴染みもの。ケンカを通して愛を確認するお話。「ハコオ。」は安部公房の「箱男」をモチーフにした妄想願望のお話。最後の「Please show me」はバンドマンとそのストーカーのお話。このお話が一番好みでした。

ちょっと歪んだ男同士のエロを魅せる続き、ハッピーエンドラブストーリーといった今っぽいBLらしい作風でした。最初で最後のBLかも…と書かれていましたが、是非描き続けていただきたいなぁ。

5

クズでゲスなバリタチが犯される話

トップモデルのコウキは、仕事相手を食いまくっては捨てるヤリチンなバイ。アイドルであるルカを新しいターゲットに選び、犯る気マンマンでルカの部屋に上がり込んだが、なぜか自分が縛られ、穴をイジくられ、写真を撮られ、犯される羽目に。
不本意な事故にショックを受け、自分のアイデンティティを確認するため他の女の子と寝てみたが、ルカに犯された快感を忘れられない自分に気づき…。


表題作とその続編、かつてコウキに捨てられた脇キャラがルカ&コウキの濡れ場を覗き見るスピンオフ、ルカとコウキそれぞれの過去を描いた描きおろしなど、このカプの関連作で本の半分くらいのページを占めています。
これは面白かった。好き嫌いは分かれそうですが、はらださんや、たなとさんが好きな方はお好きそうな気がします。
クズでゲスなバリタチのバイが、逆に縛られ犯されて、調教されていくさまに萌えます。攻めのルカは可愛らしい外見に似合わない鬼畜サドだけど、コウキに対する愛はあるみたいなので安心して読めました。コウキに捨てられた(そしてコウキとルカの濡れ場を見せつけられた)ルカの友達くんがあまりに不憫なので、彼にもいい人が現れれ続きばいいなと思います。

『ハコオ。』
アンソロジー「覆面男子」にて掲載されていた、ダンボールをかぶっていて顔のわからない先輩・ハコオと、ハコオに犯されたい願望が芽生えてしまった後輩の話です。
アンソロジーのレビューにも書きましたが、ハコオに犯されている後輩くんが気持ち良さそうで、夢が叶って(?)よかったね、とほろり。
あとがきで、「カバー下にてハコオの中身大公開!」と書かれていたので「ええっ!」と驚き半分期待半分でめくりました。
…まぁ、たしかに中身は公開されてましたけどね。(笑)

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ