真夏の被害者 7

真夏の被害者 7
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
二見書房
シリーズ
シャレード文庫(小説・二見書房)
発売日
価格
¥552(税抜)  ¥596(税込)
ISBN
9784576011318

あらすじ

隣人オスカーによる正志拉致監禁事件も無事解決し、やっと平和な日常が戻ってきた。
リュウの溢れるような愛を、そして大倉家の人々のさりげない心遣いを再確認する正志だった…。
クリスマスも間近のそんなある日、ついに沈黙を破って、オスカーの養母であり実母でもある叶子夫人がすべてを打ち明ける決意を…。
ますます人気のシリーズ第7弾!―期待の書き下ろしは、正志拉致の日々、リュウの懊悩が語られる。
つねに強靭なパワーで正志をリードしてきたリュウの意外な一面が…。
ファン必読の一篇。

表題作真夏の被害者 7

大倉隆一(リュウ)
中里正志

評価・レビューする

レビュー投稿数1

一段落

オスカーに拉致監禁されてた正志ですが無事助けられて屋敷に戻ります。
そして前巻のオスカーの告白に続き、今回はその母親である叶子夫人の告白シーンが。
その原因となった根っこの部分が文盲ってのは予想外で、ツッコミ所はあるもののなかなか良く出来てるなあとそこはちょっと感心。
ただ母性愛ってものに関してはこの人はなんか欠けてる、だって息子の為に出来る事は色々あったのに自分の事ばっかりで動かなかったのは事実だし。
そんな母親を許すオスカーは寛大だなあと思っちゃいました。
でもまあそのシーンはとりあえず納得したんですが、書き下ろしのリュウ視点を読んでたらやっぱ叶子夫人ムカつくーーー!!
前言撤回、何なんだーこの女はーーー!!
正志がオスカーに拉致されてその生死も分からないっていうのに、協力するどころか何日も閉じこもってその間にリュウの両親や、カウンセリングの資格を持つ悦郎まで日本からやってきて説得を続けます。
説得なんか生ぬるい事何日もしてないで人の命がかかってんだから強引に白状させろーー!!と。
そういえばこの人、オスカーが帰ってきた時も自室に閉じこもって悦郎のカウンセリング続続きけてたじゃんと思うともうムッカー。
これはツッコミってより純粋にムカつきました。
しかしホントに何の為の大倉家の権力と金なのかー、あ、これはツッコミですよ!!

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ