中村明日美子コレクションⅦ ばら色の頬のころ

barairo no hoho no koro

中村明日美子コレクションⅦ ばら色の頬のころ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
媒体
コミック
出版社
太田出版
シリーズ
発売日
価格
ISBN
9784778322625

あらすじ

中村明日美子の初期8作品が、新装版で登場!!

戦争で父を亡くしたポール。「市長の息子」と呼ばれ続けるモーガン。
それぞれに家族との葛藤を抱え、少年たちは大人になっていく。
名門男子校を舞台にふたりの少年の出会いを描く『Jの総て』前日譚。
★描き下ろし『Christmas holiday』収録~クリスマス休暇に秘かな友情が通う。

表題作中村明日美子コレクションⅦ ばら色の頬のころ

同時収録作品Take my hand,Walk on the Wildside

同時収録作品Christmas holiday

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ばら色は頬の色、少年時代は何色?

 旧版を持っているので購入をためらっていたこのシリーズですが、こちらの描き下ろしが読みたくて、発売日に買いに走りました。
 『Jの総て』の前日譚ですが、旧版のレビューで多くの方が『J』から読むことをお勧めしていますが、どちらから読んでもいいと思います。『Jの総て』は異性とのSEXが結構あからさまに描かれているし、Jが性同一性障害の主人公なので、ちるちるユーザーなら『ばら色』だけを読むのもありかと思います。『ばら色』にも異性とのSEXはありますが、サラリとしています。『J』を読まなくても、こちらだけでも読んでほしいなと思うぐらい、とても素敵な作品なのです。
 12歳のギムナジウムの男の子たち。中村明日美子という人は、この年頃の男の子を描くのがなんてお上手なんでしょう。いや、男の子だけじゃないんですよね、近年描かれている少女漫画の女の子たちも然り、思春期の少年少女たちの、子供であるゆえの未熟さとか痛みとか、どうしようも出来ないもどかしさが、明日美子先生ならではの個性的な絵柄で展開して、その絵柄はギムナジウムという舞台にピッタリで、彼らの父親を絡めたストーリーは切なく胸に迫り、その突出し続きた個性は私の琴線を激しく揺さぶり、魔法にかかったように惹き込まれてしまいました。
 ポールとモーガン、相容れない彼らの心が確かに近づいて、そしてまた離れてゆく展開は苦くて青い青春そのもので、当時の描き下ろしで大人になった彼らが穏やかに談笑しながらも、チクリと小さく胸を刺すような痛みが、青春を振り返る年齢になった私には、キリキリと心が締めつけられる思いがしました。
 旧版との違いは本のサイズと、表紙、旧版の表紙の次のタイトルページが新装版には無く、旧版の表紙袖にあったジェリーとユージーンのイラストが新装版の最終ページに背中合わせにカラーで描かれています。その前のページには旧版の表紙絵のポールとモーガンのカラーイラストです。
 そしてこれが目的で購入した描き下ろし『Christmas holiday』。クリスマス休暇に寮に残るポールを訊ねるモーガンが4ページで描かれています。不器用で優しいモーガンと、いつものように対応するポールの「ありがとう」に、ぽっと心が温まる物語。たった4ページですが買ってよかった。
 

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ