酷くしないで(5)

hdokushinaide

酷くしないで(5)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神90
  • 萌×235
  • 萌15
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
15
得点
635
評価数
143件
平均
4.5 / 5
神率
62.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799728420

あらすじ

居酒屋のバイトを2日でクビになった眠傘に、真矢は塾講師のバイトをすすめる。一方真矢は流夏という不思議な青年に急接近され…?

表題作酷くしないで(5)

真矢秀幸 / 大学生
眠傘隆 / 大学生

評価・レビューする

レビュー投稿数15

真矢の成長が楽しみ

メインは真矢x眠傘カップルのお話ですが、この前に出た『酷くしないで 小鳥遊彰編』と一部パラレルになっている所があるので、小鳥遊編を読むとまた違った楽しみ方が出来ます。
大学生になった2人ですが、このシリーズが始まったころと比べると、ほんと真矢の成長ぶりは目を見張るものがあります。
ネムネムも恋愛初心者なりにすごく頑張っていると思います。真矢を傷つけるとも分からずにバシバシ思っていたことを言っていた頃を思うと、思いやりが出てきましたというか、普通っぽくなってきました(笑)。
これからも2人の成長が楽しみです。
脇役もキャラがちゃんと立っているし、中でも笑いをくれる沖野君がお気に入りです。
真矢はやっぱり私服もカッコイイ。
ただ、今回ちょっと気になったのはHのシーン。結構気になるところで終わっている箇所が2カ所あったのですが、また同人誌で描かれる予定なのかな…?
個人的にはこういう明らかにおあずけ(読者の妄想に任せる、というパターンかもしれませんが)というのは余り好きではないんですよね。
描き下ろしで見たかったな~と贅沢かもしれませんが思ってしまいました。

0

まず、表紙の真矢がカッコいい!

この5巻発売の宣伝時に一気買いしてハマりました〜。
ちゃんと彰編も読みましたよ!
流れ的には4巻→彰編→5巻ですね。
彰編とリンクするところがあるので、読むことをおすすめします。

大学生活が始まって、
ネムがバイトを始めたり、
真矢がルカと出会って夢中になったり、
そして虫の居所の悪い縞川さんに手を出されたり…

ネムくんの不安が切なかった…
胸が痛くなりましたよ…

でもネムのことゾッコンな真矢は健在で一安心です。
ネムくんも可愛かった。

大学生になってますます男っぽくなったネム&真矢の2人とそんな2人のえっちな絡みも楽しみなところ。

沖野くんもとても良い子で、良い人見つかるといいなー

今後まだまだ楽しみな作品です!

0

やきもちやいた頃に心配していた出来事


沖野くんには絶対絶対幸せになってほしい(切実) 酷くしないひとと……、あれ、でもマヤみたいなひとが良いってことは酷くされていいのかな、 …兎角幸せに…!笑
4巻の内容はすっかり忘れてしまってて、読み返すこともなく読み始めたのですが相変わらずキュンッキュンさせていただきました、えっちい雰囲気に繋がっていくシーンの甘さが至福ですね……ごちそうさまです。

眠傘くんが縞川さんに突然キスされたにも関わらず、その瞬間から当の縞川さん描写なかったり(あとがきにて別冊の宣伝とあり解決)、仲直りに向かっているかと思いきや眠傘くんの「だったらいっそ… 僕を切ってくれよ」に えー!?そっち!? と驚いたり、マヤ、鎖?素手で千切ってて驚いたり笑、1周目の読了は驚きもあったのでもう何度か、読み返してときめきを増幅させたいと思います。マヤはこちらがイケメンと思うより先に作中で必ず誰かが(というより皆が)マヤをイケメンイケメンとするので気圧されます。
あと、始めの方。すぐ挿れていい? どーぞ の受け攻め逆転ぽさが素晴らしかった。ネムちゃんのぐいぐいはひどく可愛く悩ましく……
流されているえちシーン続きももっともっと拝みたいですね…!

0

真矢の男前っぷりに癒されます

前回のスピンオフを前後する展開。
真矢に近づくルカの存在に勘ぐっていいの分からないまま。
独特の雰囲気に真矢が惹かれていくのを感じて入り込めない眠傘の疎外感。
前に進む速度が速すぎて置いていかれる、イコール捨てられる。
そんな脳内変換される不安がじわじわと伝わってきます。

前作まるっと収まってしまったせいか都合の悪い事は忘却の彼方へ飛んでしまい慌てて確認してしまいました。
縞川の暴挙の理由を知らない眠傘と真矢の2人にフォローする彰の姿にニヤニヤしたくなります。
眠傘の不安を知った真矢が眠傘によってどれ程良い方向へ変わることが出来たのか。見てきた側として大きく頷きつつ。
カッコ悪くてもちゃんと言葉で伝えられる男前によくぞなってくれたと改めて実感。
ルカの存在も気になる所ですが、当て馬とは違う上流階級の嗜みを手ほどきするちょっとクセのある先輩と捉えて、できれば真矢にとって良いお兄さん的存在で在って欲しいなと。
次の展開を楽しみにしたいと思います。

0

ヤキモチの答え

ネムたんもマヤたんも激しくかわいいなぁオイ(☆w☆)
スピンオフを読み飛ばしてるんですが
読みたくてウズウズがとまりませぬ。
そろそろマンネリだなーと思い始めてたこのシリーズ。
やっぱりいいわwすごくいいわw

大学生になった二人。
そろそろ進路をどーするかなお話に差し掛かります。
ガラにもなく図書館司書になるなんていったマヤ
何ゆえに=の理由がかわいかった。
「仲良くなるとデレデレになるんだな」
これ前にも萌えるぞ!と話した気がするのを思い出した。
かわいいよねwかわいいよね。
今回それにヤキモチなネムたんが切なかった。
や、やらかい顔になってるマヤもかわいかったんだがな。

足かせになりたくないと泣いたネムたん。
それにたいして足かせになる!というマヤ
これの対比が結構ツボだったのは言うまでもないのですが
マヤの弱い部分をみて
自身がついたと笑うネムたんの顔がすごく
かわいかったのが印象的でした。
もう少しつづくのかなーなシリーズ。
次回をまた楽しみに待ちたいと思います。

3

読めば読むほど

どんどん好きになる作品です。
シリーズの始めは脅迫して体の関係からだんだん好きになる攻めも白いブリーフの受けも好きになれませんでした。
でも、そんな始まりからでも愛って芽生えるもんなんだなと思えるようなこれまでのストーリーに真矢がどんどんいい男に成長していくのも加わって、今では白いブリーフも気にならなくなるほど眠傘くんの泣き顔や思ったことを素直に言うキャラが愛しくなるまでに。

また、この巻は、物語の流れも映画みたいで洒落てましたね。最初の眠傘くんが青い顔をして真矢に会うシーンの謎が巻の最後に繋がっているのみならず、スピンオフの小鳥遊彰編ともリンクしていて、あの時の眠傘くんサイドの話が描かれていると言うのも良くできてるなぁと感じました。

普通は愛の証として指にはめるペアリングをつけてない時こそが相手を信頼している証としているのも新鮮でした。

真矢のお父さんがオーストラリアで会社を経営しているという伏線や眠傘くんのうちが普通の厳しい家庭という設定もあるし、これから二人の就職、その後の暮らしなどまだまだ書いてくれそうなので楽しみです。今回もめちゃくちゃ良い子の沖野くんも続きそろそろ幸せにしてあげてほしいです。

2

読めば読むほど

読めば読むほど、どんどん先が読みたくなる
二人の今後の関係が知りたくなる!もうすでに
続巻が出るのが楽しみにしています!

今回は2人が大学に入り、新たな人間関係と
それに戸惑いながらも2人の気持ちを再確認だったと思います

今まで2人だけの世界だったり、身内ないだけだったのが
お互い知り合う人によって、ペースが乱れていく感じで
混乱しているのがかわいそうな感じでもありながらも
2人にはいい刺激で面白く読ませていただきました!

これから攻め様が大学生から社会人に向けての
すごい人になりそうな予感です・・・

それにしても毎回面白い!

1

“特別”な友情と、“特別”な愛情

5巻にしてこのクオリティーは凄い!!
全然マンネリ感ゼロ!!

今回はルカという謎の男が登場し、
ネムが初めて『取られるかもしれない』という焦りを感じ、ヤキモチをやき、心が闇に支配されます。
モテモテの格好いい彼氏を持った自覚はあったそうで、
それでも、マヤが自分を好きだから、自分がマヤの特別だったから 大丈夫だという余裕があった。
むしろ、余裕しかなかった。
ルカの登場で、“特別”な相手が自分だけでなくなったとき、ネムの不安、ヤキモチ、焦りが凄く分かりやすく描かれています。
そして、ネムがマヤの為に様々努力します。
あの、マイペース頑固なネムがっ!!
自分の為でなく、マヤの為に努力するんです!!

“特別”な友情と、“特別”な愛情。
マヤから見れば全然違う物だけれど、
ネムから見たマヤのルカに対する目の輝きからは、その違いが分からない。
ネムは不安になるけれど、マヤにはそれはわからない。
うまい具合にスレ違いが生まれて、
うまい具合に仲直りできます。
本当に物語の流れがスムーズでうまい!!

もちろんエロも良いですが、
マヤのネムに対する恥続きずかしいあんな事や
ネムの要求するマヤへのすんごいエロい事がなんなのか…気になる~~~!!
萌え2にしたい所ですが、5巻でこのクオリティーはやっぱり凄い!!と思うので 素直に神で!!

7

妙に社交的になる真矢と置いてけぼりの眠傘の重苦しいつなぎ巻

要らないエピソードが多すぎて冗長でした
例えば司書のエピ
司書は今ほぼ外注やパートの主婦さんですよね
今男子一生の事業にはできないってちょっと調べれば分かるでしょー

ルカが出ずっぱりなんですけど、好きなタイプじゃないので辛いです
彰編を読んでないので、縞川も分からん

そしてワイルドな銀髪の王様だったのに、どんどんフツーの大学生になる真矢
「意識高い系」とか「w(ワラ)」とかネット民みたいな用語使わないでー

下のレビュアー様
眠傘・真矢・彰の出身高は「偏差値70のボンボン学校・私立N高(2巻番外編参照)」だそうです。大学はKO大ですね。ついでに真矢は『経済戦略論』取ってるから経済学部?
ということは――彰はあの女子アナ登竜門のミスK大に? すごすぎるw

0

真矢がカッコイイとしか言えない

連載途中から黒髪になって、子供じみた思考だった真矢の意識がドンドン変わって成長をみせてますが、今巻でも更に成長してます!ハイスペック彼氏っぷりに拍車がかかって、一体どこまで行くんでしょうね(^w^)

真矢の本来の気性は俺様なのに、相変わらず眠傘の一言に一喜一憂したり「釣り合いがとれるように」って頑張ったり、とにかく何でもかんでも眠傘第一主義っぷりにはひたすら萌えで床ローリングでしたっ(///Д///)

眠傘も相変わらずで、真矢のハイスペック彼氏への道に(本人無意識で)上手に誘導してるのがニヨニヨ( ´艸`)

チョットすれ違っちゃう場面はさみしかったですが、ラブラブ度のが遥かに上なので、たくさん糖分摂取が出来て満足です!

個人的な見所は「酷くしないで 小鳥遊彰編」のサイドストーリーとも言える真矢×眠傘ver.です。縞川にキスされただけでボロボロになった眠傘を見て、乱暴されたと勘違いし激高したけどキスだけと知って、
「ビックリさせんなよ…心臓縮むぜ…‼︎」
と安堵しつつも真っ青な顔な真矢が最高に良かったー‼︎
溺愛攻めが取り乱す様が好きなので、メッチャ萌えま続きした。
(小鳥遊彰編はスピンオフですが、縞川がナゼ眠傘にキスしたかはそちらでわかります)

沖野君はとっても良い子なので救済小ネタがいつか見れるといいなー。


チョコっと残念だったのが…
エッチの回数はあるのにフェードアウトだったり、事後だったり。
回数より1プレイガッツリが好きなのでチョイ物足りない…ヾ(⌒(_´-ω-)_
甘々度が増してるのにエロシーンが減ってるのが悲しいです。

も一つ。真矢の進学した学校って一流大学設定なのでしょうか?
高校時代の描写からいくとそんなに良い大学に進んだイメージがなかったので、真矢の大学生活の描写には少し戸惑いを感じました。

1

いもっこ

BE-BOY2月号で特集がありました。その中で登場人物の対談というコーナーがあり、真矢のプロフィールにC大学とありましたよ。ちなみに眠傘他はK大学となってます。3巻でC大学は「僕(眠傘)の滑り止めの滑り止めだけど・・・」という台詞もあります。なので、ふたりの大学は別で、おそらく一流ではなさそうです。

真矢、カッコイイ…

いや〜面白かった〜!!
巻が進むにつれて面白く、萌え萌えの今巻です。
最初の頃はこんなにハマると思わなかったのですが…

何がこんなに萌えるのかといえば、とにかく真矢(攻)はノンケにもかかわらず眠傘(受)だけに一途に大好きって事が根底にあって、他は全く目に入らないって所から良いんです!(周りにホモがいたらゲッ!と引いてる真矢が毎回ツボで)

眠傘の友達の沖野くんのメールには無視するのに、眠傘がサークルに入ると言ったら、2日放置したメールに、眠傘の監視の要因として同じサークルに入るよう返信したりと、超過保護の真矢。

真矢が仲良くなったルカと眠傘を合わせて、眠傘がルカの信者のようになって、二人を合わせた事を後悔しまくったり、
とにかく、眠傘が絡むと真矢が小さいヤキモチ焼きの男になる所がもうもう可愛いくって…

真矢がもてまくりで、眠傘が不安になるのも分かるけれど、眠傘に離れられそうになってヨワヨワな真矢もギャップ萌えで良かった〜。完璧じゃない所が良いんです。

結局ペアリングは、眠傘の財布の中にあるけれど、それは眠傘が真矢との間が平穏な証拠であり、不安に思ってな続きいという事。
本当はつけさせて虫除けしたいのに、指輪が無意識のバロメーターになっている為に眠傘の指につけさせない事を決心したりと、いちいち男前の真矢です。

とにかく黒髪にしてからカッコイイ真矢、表紙もネムネムのポラもっていてもカッコイイし、司書の格好でメガネも似合ってる…
真矢のカッコイイ所がめちゃくちゃ光った一冊です。

二人のいちゃいちゃも可愛くってエロいし
一途で甘々のお話を読みたい方にお勧めします!

5

そして 安堵

こんな素敵なカップル、他にいませんよね。
超イケメンなのに素直にヤキモチやく真矢くんと
自分の気持ちに鈍感なネムくん。
絶対に大丈夫ってわかって読んでるけど、さすがにネムくんの「切ってくれ」発言には 苦しくなって泣けました。
自分は足枷でいい、って思っちゃう真矢くん サイコー☆
それにしても 真矢くんは どこまでかっこ良くなるんだろ?
最後の「そしてケンカの真っ最中」の真矢くんが
エロくてかっこ良くて、まじで体が火照っちゃいました(恥)

図書館の仕掛けも 楽しかったデス。
満載でした。

2

とにかく真矢がカッコいい5巻

表紙からして真矢が超絶にカッコいい巻が出ました!
大学生になり、二人での温泉旅行の後のお話です。旅行代を真矢に返そうとバイトを始める眠傘くん(この誠実さは高感度高し、ですね)。まあ、二日目にしてクビになったようです。そこらへんソツのない真矢はウェイターのバイトも順調。
真矢はバランスが良くて、社会人になったら断然光るタイプと言えるでしょう。そんな真矢の資質に目をつけたルカが登場、ルカは真矢の大学の先輩でシュッとしたスマート系イケメンで、人脈作りに熱心な模様。
真矢と眠傘のつきあいは順調にいってましたが、このルカと彰さんのカレとなった縞川の登場で雨模様となります。
僕は君にふさわしくないから!みたいに眠傘はボロ泣きしますが、真矢が好きなのはあくまで眠傘なので大丈夫です。
眠傘がはずみで縞川にキスされたのが本巻の冒頭とクライマックスに繋がります。二人に嫉妬の雨が降り、地固まる、メデタシで本編終了。
とにかく真矢のカッコ良さが堪能できた5巻でした。
番外編の「秋のデート」もイケメン真矢ありきのショートです。「読モの真矢君ですよね?」なんてお姉さん二人に声かけられ、「俺、恋人い続きるし」とサラッと答える真矢。現われるのはもちろん眠傘くんですよ。
「そしてケンカの真っ最中」はジェラシープレイですかね、ふわんとした手錠を眠傘に掛けて、ルカに会わねーって約束するまで、挿れてやらねぇ、ですって♡
ねこ田先生はデビューから15周年で、この巻からフルデジタル原稿となったそうです。ステキだ、ねこ田先生。

7

バンザーイ!真矢バンザーイ!!

大好きな大好きな酷くしないでシリーズの最新刊(*^^*)
待っていました、ものすごく楽しみに。

冒頭すぐに真矢&眠傘のイチャコラシーンで、
ネム『すぐ挿れていい?』
真矢『どーぞ』
…これだけでもう私は萌え死ぬかと思いました、ハイ、神評価決定(笑)

この二人が離れるなんて事はまず考えられないので、様々な出来事があっても割りと安心して読んでいられます。
眠傘が「真矢は何故自分を選んだんだろう」と思い悩む場面では胸が痛くなるし、「自分は真矢に不釣り合いだ、足枷になりたくない」と泣く場面では一緒に涙が出ましたけれども(T_T)
でも、そんな不安を真矢は自分の気持ちを正直に話すことでちゃんと取り除いてくれる。
ステキだ!カッコいい!真矢バンザイ!
大学生になってからの二人は特に、お互いがお互いを大好きで何か問題があっても二人でちゃんと解決していっている最高のカップルになっていると思います。
ネムちんの新しい友達沖野君の優しい支えもありつつ、充実した大学生活だ!
前回は沖野君があまりに哀しい失恋をしてしまったので、彼にも幸せが訪れる事を私は心から願っています。
続き
ちゃんとケンカしてゴメンねを言って、ちゃんと好きって言ってずっと側にいるって言う。
こんな二人になるなんて出会いの頃からは想像出来なかったのでホントに嬉しいよ。
続きが出るまでまっていられないなー、帯に『続きがビーボーイ2月号ですぐ読める!!』なんて書いてあっちゃって
こりゃ、買うでしょー(笑)

6

相変わらず可愛い二人でした☆

首を長くしながら待ってました『酷くしないで』の5巻。「4」の次に『酷くしないで 小鳥遊彰編』と真矢くんとネムくんの二人の番外編である『酷くしないでplus+ 』があるので、単純に真矢くん×ネムくんの続編はすごく久しぶりな気がします。

さてさて、内容をざっくりと。スミマセン、ネタバレしてます。




相変わらずラブラブでバカップルな真矢くんとネムくんの二人。真矢くんは自分が心を開いた人に対してはデレデレになっちゃうタイプ。そして見た目を裏切る束縛くんでもあり(いや、そこも良い)、順調に楽しく大学生活を送るネムくんに嫉妬してペアリングなんかもしちゃってます。
堂々とリングを付ける真矢くんに対し、恥ずかしさが抜けなくてリングを嵌めることができずお財布に入れてるネムくん。そんなところも相変わらずの二人で、時に喧嘩もしながら順調に恋人生活を送っています。

そんな真矢くんの前に現れた、ちょっとミステリアスな同じ大学に通う大学生の流夏くん。
流夏くんに、講座のノートを餌に、いろいろ「頼み」と称して無理難題を突き付けられる真矢くんですが、その依頼を受けているうちに物知りで向続き上心が強く不思議な魅力を持った流夏くんに、真矢くんはどんどん傾倒していくようになります。

今までの友達や彰たちへの態度と全く異なり、流夏くんに徐々に心を開いていく真矢くんを見てネムくんは…。

というお話でした。

「真矢くんを取られちゃうかも」という不安からリングを付けてみたり、サバゲー(今までのネムくんの人生の中で「サバゲー」などどいう言葉は存在してなかったと思う)を真矢くんと一緒にしたいと言ってみたり、やきもちを焼いたり、ジタバタしてみたり、ネムくんがホント可愛い。

そんなネムくんの不安を知ってマルっと包み込んであげる真矢くんもカッコよかった…☆

それぞれ「自分の人生」を模索しながら、二人一緒に生きていくための努力も惜しまない二人。しみじみ、大人になったねえ、と感じます。

ミステリアスな流夏くんはこれからどうかかわってくるのかな、とか。
ネムくんが縞川さんにキスされるのだけれど、何でだったのかな、とか。
ネムくんが真矢くんに「させたいこと」(←しかも真矢くんが赤面しちゃうようなことらしい)って何だったのかな、とか。
もう、続きが読みたくて仕方ないです。

それとネムくんの友達の沖野くん。彼は良い子だ…。早く素敵な恋人を見つかるといいなあ、と思いつつ。

あと表紙が良い!
黒髪になってからの真矢くんのカッコよさは半端ないですが、この表紙の真矢くんも超絶にカッコいい。
カッコいいのに手に持ってるのがネムくんの写真という…。しかも隠し撮りっぽい(爆)。
君はどんだけネムくんのことが好きなんですか?っていうね。

相変わらずの二人に萌えっぱなしの1冊でした。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ