三代目の嫁

sandaime no yome

三代目の嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×27
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
45
評価数
12件
平均
3.8 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥870(税抜)  ¥940(税込)
ISBN
9784344835962

あらすじ

※12/29→2/29発売予定に変更となりました。

幼稚園に勤めるやさしい容貌の小早川里玖は、子どもが怪我をする事件が起きた際に濡れ衣を着せられてしまう。さらに子どもの親からは莫大な治療費を請求され、借金も負った里玖は退職後、叔母に誘われて人材派遣会社に登録することに。高額報酬に引かれてある家庭のハウスキーパーの依頼を受けるも、依頼人の佐伯はひと目で極道とわかる強面だった。恐ろしくて断ろうと思う里玖だが、佐伯の子供は可愛く里玖に懐いてしまう。佐伯にビクビクしながらも、そのまま依頼を引き受けることになる里玖だが…。

表題作三代目の嫁

佐伯侠介, 実業家(元極道)でシングルファザー
小早川里玖, 保育士兼ハウスキーパー

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

一目惚れした俠介さんが可愛い!!

一気に読んでしまうくらい読みやすい文体で、内容としても中身にのめり込める面白さがありました。

受けさんの里玖は、両親が死別してお人好しの性格が仇となり保育園の先生も辞めさせられ、その上に莫大な借金まで背負わされて‥となかなかに辛い場面から始まります。
それでも、叔母の元に舞い込んできた待遇のいいハウスキーパーの仕事で攻めさんでもある俠介さんやその息子の和くんと出会い、前向きに楽しく生活していく姿や、何よりも子供優先でその信念が最後まで変わらないとこ、初心な割に快楽に弱いなど、魅力的な姿が多くて私はずっと好きなキャラクターでした。

攻めさんの俠介さんは、妃川螢先生が後書きで仰っていたように最後までヘタレなとこを見せることもなく、寡黙なかっこいい方でした。
寡黙というか‥不器用で話下手で、強面な顔つきで損してきたことも多々あったんじゃないんだろうか‥と可哀想に思えてしまう、不思議と読後には愛着を持ってしまうキャラクターでした。
そんな俠介さんが、「家族守るのに、オトシマエもクソもねぇだろ」と言い放った時は、それまで和のことを大事にしてるのか、里玖のことをちゃんと想ってるの続きかはっきりしないとこがあったので、そのギャップにやられました。

久しぶりに極道絡みのお話を読みましたが、この本はヤクザ全開・暴力的というわけでもなく、和に癒やされ和まされ、時々あるエロいシーンにドキドキしたりと最後まで楽しませてもらいました。
不器用だけれど家族を大事にしたお話なので、癒やされたい時にまた読みたくなる本だな‥と思いました。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ