蒼穹のローレライ 初回特典ペーパー

soukyu no Lorelei

蒼穹のローレライ 初回特典ペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
蒼穹のローレライ

商品説明

『蒼穹のローレライ』初回特典ペーパー、B5版一枚
タイトルは『月と懐中時計』

三上徹雄は今も、最愛の人が残した懐中時計と一緒に暮らしている。
城戸の息子がやってきた夜、月明かりの中で彼は時計に語りかける……

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ラブレターへの返事

三上徹雄は、最愛の人の遺した懐中時計と一緒に暮らしている。

本編で、城戸の息子が届けてきた一通の手紙。
18年の時を超えて届いた、塁の真実の思いに
人前であることも忘れて号泣した三上の、そしてその夜。

ラバウルから大切に持ち帰り、戦後修理をして
毎夜眺めている塁の懐中時計に、月の光の中で語りかける三上。

その三上の一人で語るセリフが美しい。

戦後落ち着いた時代を迎えても、繰り返し胸を巡る後悔の思い。
今、あの日にやはり彼は逝ったのだと思うと悲しみは湧くが
しかし時を超えて、三上の心がちゃんと塁に届いていたことが分かり
悲しみの中に安堵が交じる。

塁への思いを抱きしめながら、彼岸でふたたび会える日まで
静かにでも確かに残された生を歩いていく三上。

塁の愛した三上の、優しくしなやかに強い心に打たれます。
ふたたび涙。

5
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ