神さまの言うとおり。 小冊子付き初回限定版

kamisama no iutoori

神さまの言うとおり。 小冊子付き初回限定版
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神49
  • 萌×224
  • 萌11
  • 中立6
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
380
評価数
91件
平均
4.3 / 5
神率
53.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
発売日
価格
¥833(税抜)  ¥900(税込)
ISBN
9784864368469

あらすじ

大学生の日向は、幼い頃からずっと側に居てくれたミドリだけが唯一の家族。超過保護なミドリに愛情たっぷりに育てられてきたけど、どうやら自分とは血の繋がりが無さそうで…? 待望の新シリーズ! 妖艶な神さまの恋愛模様とは??

表題作神さまの言うとおり。 小冊子付き初回限定版

ミドリ,幼い時からの受の保護者,超過保護
日向,攻に育てられた大学生

その他の収録作品

  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数16

えっ、烏

とにかく超過保護な神様でしたが、読んでいくうちに日向の性格を考えるとしょうがないっちゃ、しょうがない? 設定的にエッチしないと神様の力が弱まっていく的なお決まりパターンですが、相手のことを思ってなかなか手を出さない神さまが好き。後半には2人の出会い編も描かれてて、子どもの頃の日向が可愛すぎです。でもまさかそういう理由で既に番になってるとは思いもしませんでしたが、なんだかんだで神様はその頃から日向にハマってた訳ね。神様の水浴びシーンもこれまた可愛い(足が3本にはビックリだけど)

0

出会ったその瞬間から、神 さ ま の


久々の萌木ゆうさん!
いや〜流石です。展開的には王道かな?という感じなのですががっつりきゅんきゅんさせていただきました。押しの強そうな攻めが理由あって引く瞬間と、それに自分の想いと共に気付いて受け入れる純粋な受け。傾向として重さは断然攻めの方が重い、けど最終的な行動力は受けにある。今巻は攻めが人外だったり受けとの出会いから今に至るエピソードだったりと切ない要素もある中でスムーズに、目の保養も勿論。
攻めであり八咫烏であるミドリの、ちょっと大きいカラス姿が非常に可愛かったー…。受け・日向との過去で、日向が巻いてくれたマフラーを大きくなった姿でも巻いたままでいたりして。

萌木さんの攻めはちょっとツンが入っていることもあって、それが見た目とのギャップを生んで可愛い!
日向を想っての断りとか…。倒れちゃうほどの。

ケンカ?してから見えるミドリがどれだけ日向を大事に想ってるか、「(無理矢理抱けばいいだろ)」って、寝たふりをしながら涙浮かべる日向だったり、
後々過去編からわかる「(どうしてミドリは オレを選んだの……)」。
攻めのいじらしさが素晴らしい。
しんでしまうの続きかと予感すればどんな時ですら切なくなりました。けど幸せでよかった。ミドリも幼い日向に目の色を理由にその名を付けられた時突いていましたが、結局十年ほど経ってもお気に入りの桶の裏にその名前を書いていたり、最後は浮かれて笑 鼻歌を歌っていたりと可愛いものです。
後、セッの時爪が恐いけど言葉使いがとてもきれいな攻めさん。

えろは小冊子で加えてぐぐんと堪能させていただけます。

これからは思う存分"力"いっぱい(笑)、いちゃいちゃしていってほしい。

0

安定のいちゃらぶ

訳あって日向とミドリの2人暮らし。
冒頭から激アマな気配です。
案の定ミドリの過保護さににんまりしたり。
徐々に明かされていくミドリの正体に、単純で素直な日向の行動が微笑ましくホームドラマ的なほっこり感に包まれてしまったりもしますが。
ミドリの物言いたげな視線にいやいやと気を引き締めてしまうの繰り返し。
日向がミドリを好きなのは充分に伝わっているのですが、それがいつ性的な感情を含む想いへ変化するのか。
うずうずしながらページを捲りましたが、やはりど天然の天真爛漫なキャラがその道筋を阻み、ミドリの命の危機に変化を急かされてしまったようにも思え、少し物足りさなも感じてしまいます。
それでも存分に見せ付けられる激アマなラブのおすそ分けに、幸せを感じるお話しでした。

1

ブサイクなのにかわいいエロガラスが好き!

帯に書いてある一言あらすじを見て、結局は軽い展開のストーリーなのかな?と思いながら読み始めた本でした。


が、予想を裏切られましました!
最終的にはエロいとこもありましたけど!
でも、行き着くまではストーリー重視で、最近のコミックでは展開的には遅いんじゃないのかな?と思うくらい、ゆったりと話は進んで楽しめました。

攻めさんのミドリ。
なかなかに最初から謎ばかりの攻めさんで、どうして育ての親同然にも関わらず日向に何も話さないのか、と少しイラっとすることもありましたが、
全ての行動・言動が日向の為を思っての事だと知ってからは、なんて素敵な神様!と大好きになりました笑。
受けさんの日向くん。
大学生なのにオバケが苦手でミドリと寝るなんて可愛すぎる‥!
と、最初から可愛らしい性格で、でも絡まれた不良?に対してもミドリに対しても、言いたいことはハッキリ言ったり、知りたいことはハッキリさせようとする潔く格好いいとこもあり、私個人としては好きな性格です。
仲介役の狐の神様がまたいい味を出していました!
出てくる人みんなが個性が立っていて、最後の最後にミドリと日向の出会続きいのシーンを持ってくるなんて、構成的にも凄いな!と思いました。
最初が出会いのシーンだと、感情移入しにくかったかもです。
お話自体も難しい話もなく、でもちゃんと纏まっていて、お話自体もとても満足です。

ファンタジーが好きで、純愛が好きで、でも、エロさもあって欲しい!
という方にはぜひ読んで欲しい1冊だとオススメします。

2

ぶさ可愛いカラスに持って行かれ……

まずは絵が可愛く、でも可愛すぎずに綺麗で読みやすい。

天涯孤独の大学生日向は、
ある日自分を育ててくれたミドリに影がないことに気がついて……
超過保護なミドリは実は八咫烏の神様で、
日向を育てることになったのには、過去に訳があり……

この訳の部分、後半の日向が子どもの頃のエピソードがいい。
可愛く暖かくてじんわり。

セバスチャン風のミドリのごろんと大きくふてぶてしい感じのカラス姿が
ぶさ可愛くて♥個人的にはそれが一番ツボだった。
ご近所さんのキツネもいいかんじだなぁ(スピンオフありかな?)

昂ぶるミドリもなかなかいいのだが、
あの長い爪はなんとかならないものか。
危ないったらありゃしない!と気になってしまったのだが……
エロが足りないとお思いの方は、是非小冊子つきを!なのだが
個人的にはこの話はジャンル「ほのぼの」なので
あってもなくてもよかったかなぁ……

2

エロガラスって…

最終話のミドリと日向の出会いのエピソードで、なーるほどぉと納得しました。好きだと言われて大切にされていても聞いても教えてくれないのは不信感に繋がりますよね。ってことで、これ、日向に話したんですよね?
神様のお嫁さんになってずっと生き続けるとか、私なら絶対無理だけど二人がいつまでもラブラブでありますように。

1

攻めの正体知りたくない人はご注意

幼い頃に両親や祖母を亡くし、天涯孤独の身のはずだった日向(受け)には、ミドリという名の保護者がいる。血のつながりはないはずなのに、なぜか昔から自分を可愛がって育ててくれたミドリ。ミドリと自分との関係が何なのか、どうして育ててくれるのかわからぬまま過ごしていたが、ある日ミドリが鏡に映らないのを見てしまって…?


タイトルや表紙からしてネタバレてますが、一応攻めの正体が何なのか読む前に知りたくないかたはレビュー回避してください。

さて、人外×養い子の日常ストーリーです。
攻めの正体が一話目のラストで明らかになり、その後は攻めの力をどうやって補充するか、お互いのあいだにある感情は何か、という展開になっていきます。
切ない描写はあっても基本ほのぼのです。受け攻めの関係が進展する上で他の神様が出てきたりもしますが、三角関係的なドロドロはありません。萌えキュンではなく、どちらかといえば微笑ましいかんじ。絵が美しい上に、攻めがかなり美麗で眼福でした。受けは可愛い系。個人的には、脇キャラの狐の神様がすごくビジュアル好みでした。スピンオフ出たらいいな。

エロ(挿入)は終わり近くに続き一回だけでした。攻めが、受けと交わったことによって昂ぶってる描写には萌えましたけど。エロが少なかったぶんは初回限定版の小冊子がヤッてるだけだったので補完できましたが、通常版だとかなり物足りなかったかもしれません。評価は神寄りの萌×2ですが、小冊子がなかったら萌寄りの萌×2だったと思う。(どっちにしろ萌×2やん…)

2

可愛い

可愛くて、少しエロくて、楽しく読みました。

小冊子のエロも、修正が甘くてよかったのですが、なんだかんだいって幼い頃のエピソードが一番好きかもしれません。

1

甘々で、優しいストーリーでした

初読みの作家さまでしたが、ちるちるさんのランキングに長いこと載っていて気になったので手に取ってみました。

きれいな絵柄!とまず思いました。すごくツボな絵柄でまずそこで心を鷲掴みにされました。

内容もとても面白かった。
両親と祖母を立て続けに亡くし、その後、血のつながらないミドリに扶養してもらっている日向。
血縁ではないのに、過保護すぎるくらいに大切に育ててくれたミドリ。
年を取る気配もなく、鏡にも映らず、影もない。
なんで?と一気にストーリーに引き込まれました。

ミドリが日向を大切に育ててきた理由。
口では反発しながらも、そんなみどりを慕う日向。
二人の過去の話も含めて、ほんわかと優しい気持ちになる、そんなお話でした。

ミドリの『神様』のカラス姿も何とも可愛い。人型の時のミドリからはちょっと想像できないあの可愛らしさ。もう少しスタイリッシュなカラスになるかと思いきやあの風体。確かにモフモフしたくなる。

と、全体を通してお互いを想う優しい気持ちにあふれ、ホッコりしたストーリーなのです。
なのに、どうしてこの表紙にこの帯の文句になるんでしょうね。続き

タイトルや、表紙の、冷ややかな目をしたミドリ。「神さまの言い付けは絶対です」の言葉。
これらから、内容の甘々な雰囲気は伝わらないと思うのだけれど…。

と、そこが残念というか、不思議でした。

5

最終話に神評価

イラストがとても好みです。いきなりですが、最終話に心理的な部分がぎゅっと凝縮されている感じがして、実はストーリー重視なお話だったのかもなぁ、と。それもあって読後感がよく満足していますが、自分はHシーンに萌えられなかったので(重要)少々残念でした。最終話が来るまで肝心な部分がみえない展開のせいか、ミドリの爪が長いのが気になるからなのか(ちょっと痛そう、笑)...なんとなく気持ちが入らない。最終話でミドリから日向への愛しさは100%伝わってきたけれど、あとで振り返ってもやはりHシーンに盛り上がれなかったことは大きく、間をとって萌評価としました。

最終話は出逢いの場面。
とても素敵なお話ですがあえて詳しく書かないでおこうと思います。まだ小さな子供だった日向が神社で見つけた、でっぷりとした黒いおにぎりみたいなカラス。人間の子供ぐらいのビッグサイズなのがすごくよいです。チビ日向もたまらないし、細かなエピソード描写やセリフもすばらしい。偏りすぎですが、最終話だけ10回以上ハードリピです。

初回限定版を購入しましたが、本編で日向(特に幼少期)に思い入れが強くなりすぎた自分には小冊子の濃続き厚エッチがそうは見えなくて...こちらはサラッと流してしまいました。これは本当に個人的好みによるところです。「あのときのマフラー、今は・・・」みたいなエピソードでキスどまりだったらなぁなんて、そんな感想を持ったことをこっそり書き添えておきます。

6

安心の一冊。

凄く安心して読める作品です!
表紙だけでなく、中の絵もしっかりしていてほんわかした本が読みたいなーっていうときにおすすめです。

お話的にはファンタジー要素が強めです。

帯の言葉には騙されないでください!!
エロ多めなのかな?と思うかもしれませんが普通くらいです。ですが、表情が豊かでおぉーってなります笑

萌木先生のひとことに新シリーズと書いてあったので続き物かもしれません。

ちなみに、初回限定盤はエロのみなので、そちらをおすすめします!

2

小冊子付がオススメ

敬語攻めでたまりません。
モフモフ姿もかわいい!お狐様ももっと活躍してくれてもいいんだけどな~。
なんで小さいころから姿が変わらないのかとかわかったし、ミドリの恋愛感情への移行もよくわかってかわいくて大切な具合も萌えでした~~。
ミドリ神様ですねぇ。

そして描き下ろしのあとがきは1頁なので小冊子付が買いです!!!
本編で頑張って頑張って手を出さなかった日向を得て興奮して声聞いてないミドリとか日向がお口でがんばってくれたりとかお買い得です。


帯ですが「セックスしないと死んじゃう・・・って、そんなのアリ?」
「神様の言いつけは絶対です」
・・・ってさぁ・・・・。ちょっとなんていうか・・・・。
本の内容の上っ面と設定だけで書いてない?ズレてる気がしますよ。
それは残念。

2

萌える小冊子

よか~(*´∇`*)
カテキョも良かったけど今回も良かった
親戚のお兄ちゃんかと思いきや神様だったのかい!
ヒナはわいいし、ミドリの敬語攻めもたまらんです
番になった事で二人は永遠に一緒にいられるってことなのかな!
まだ雑誌でも続いてるっぽい?から続きも楽しみ。

大体最近は修正のみに重点置いて読んでいるので
自分が読んだものには、必ず修正情報を書いていくw
あまりにひどい修正には絶望しか感じられないし・・・
今作は真っ白じゃないか、らせめてもの救いでした
ナニの形がわかる程度のトーンで描いてくださっているので
ありがたやぁ
しかも小冊子は修正がぁぁぁエロエロだぁぁ!!!
ありがとうございます!!!
先生のいつもの薄い本並です(笑
やっぱちゃんと描いてあると、キャァ///って萌えるからいい
真っ白だと、この子達は一体何を・・・
プロレスでもしてるのか!?って思うww

まぁ今回は小冊子だけでも買いですね(〃'∇'〃)
むしろ冊子の為だけに、金を出す!!

4

いろいろと・・・デッカイ!

買ってよかった(´∀`)と満足行ける作品でした!
買ってよかったです!
そして初回限定版小冊子付きを購入しましたが・・・
これがまたよかったです (・∀・)エロくて最高でした!

怖いぐらい綺麗な神様攻め様と
純粋で無垢だけど最近、大人になり始めてる受け様の
胸が詰まる思いとキュンキュン萌えれる話でした

2人がなんとか心も通じて結ばれた後の
受け様が小さかったころの話はすごいグッときました
攻め様が今と違って受け様に対してツレナイ感じがまたよくて
萌えちゃいます

2

敬語攻め×ワンコ受け

シチュエーションやキャラクターに萌えて楽しめましたヾ(*´∀`*)ノ
神様が出てきてファンタジー要素はありますが、難しい設定はないので読みやすかったです。

内容は詳しく書いてくださってるので感想を。


攻め(黒髪)は表紙では鋭い眼光放ってますが、本編ではニッコリ糸目で日常では目が開いていません。ニコニコ目を絶やさずに触れたくない話題をスルーしたり薄ら怒りしてたり(過保護故の心配で)、そりゃー胡散臭い笑顔なんですが、時折開く目に惹かれますっ(///Д///)
涼しげな目元に長いまつ毛で受けをジッと見る目が素敵なのです。
エッチして気が昂ぶってる時のエロい目にはドキドキ(^//^)ヒャー
で、 柔和な態度は崩さず丁寧な言葉使いの敬語攻め。美しい。
ガタイが良く体が大きいので受けをスッポリ包み、体格差萌えも!
なのに、カラスの姿になるとおっきいヌイグルミみたいで丸っこくて可愛いというギャップもありw

受け(茶髪)は、純粋なワンコですね!
単純でちょっとおバカな面もあるけど、何事も一生懸命。オバケが怖いビビりかと思いきや、絡んで来たヤンキーには強気で言い返せる続き度胸はあり。
で、エッチになると泣いちゃってグズグズになっちゃう…という。
こういう可愛い受けは大好きなのでニヤニヤでした。(特にトロ泣き顔)

そんな2人が"力を与えるために〜"との理由でキスしてたり、
体調を崩した攻めを救うにはエッチしなきゃ〜との展開になったり。
キスだけは気持ちが発展途上のまましてるのですが、エッチは体調の為に仕方なく…で始まるのではなく、キチンと心が定まってお互いの気持ちが繋がってからなのが良かった+゚。*(*´∀`*)*。゚+

<エッチする=神様の嫁になる=死ねない体になる> なので、
子供の頃から受けを大切に育ててきた攻めは、受けにそんな犠牲を払う必要はないとワザと嫌われようとするのが少し痛々しいのですが、そういう意味も理解し乗り越えた上での繋がりはジーンときました。
長年欲情を我慢し続けてきた攻めの弾けたエロい目線にゾクゾクです(///Д///)〜♡

萌木さんらしい甘くて可愛く+モフモフまで楽しめて満足でした( ´艸`)

5

ちょっとお高いけど満足~♡

小冊子が付いて税込みで900円って、
ちょっとお高めデスネ…って思ったんですが、読んだら納得でした☆
初回限定小冊子って、
付いてくるのはとても嬉しいのですが、本と別々にする意味って…と、
正直思う時も今まではありました、…でもこれは違うのです!

★本編と小冊子では、エロ度も修正も違います★
小冊子が付いている初回版のうちに、ぜひ買うことをお薦めします。

本編では、ナニには薄めのトーンが貼られていて、
それでうっすらと形が分かる感じで、エロ度も少し控えめ。
ですが、小冊子は最初から最後までずっと甘エロシーンです♡
そして修正も、細幅の帯で隠してあるだけで、汁も飛び散りまくり。
修正が厳しい最近の状況を慮っての事でしょうね、ありがたいことです。


内容もとてもよかったですよ~~
今まで読んだ&聴いた萌木さん作品の中では一番好きかな♪

美麗な超過保護の保護者 × 怖がりで天然な大学生、のお話です。

両親も祖母も小さい頃に亡くし、攻めに大事に育てられてきた受けは、
外見も目の色も違うのできっと血の繋がりはない…
じゃあ、自分と攻めとはど続きんな関係…?
そう疑問に思いながらも、真実をハッキリさせると、
攻めがいなくなってしまうような気がして、聞けないでいます。

実は、攻めは「八咫烏(ヤタガラス)」という神様。
受けは、ある日その事実を知ることになるものの、
詳しいことは教えてもらえず…
だけど「人との口付け」で攻めの力が補われるようで、
攻めを助けるために2人は定期的にキスをするようになって…

でも後日、別の神様から、
受けの体には攻めの血が入っているので、攻めの「嫁」で、
セックスしないでいると攻めが死ぬと聞かされて……!?

攻めの正体や秘密が徐々に明らかになって引き込まれるので、
ページをめくる手がどんどん早くなってしまいました。

キャラもとてもいいです、
受けの、ちょっと強気だけど、基本素直で天然なところも、
オバケが怖いヘタレなところも、とっても可愛い。
そして攻めが、
口元にほくろのある黒髪美人で、物腰が柔らかながら、
受けを手の上で転がして思い通りにさせる隠れS要素があったり、
それでいてすごく健気だったり、ちょっと天然ぽくもあったり。
カラスの姿になると、ボテッとした身体に目つきの悪い目で、
人間の姿とかけ離れた印象なのも可笑しい~

最後に、2人の出会いと、攻めの血を受けが貰ったという過去や、
攻めが受けに惹かれていく様子が描かれて、すごくグッときました。
内容も構成も、とてもよかったな。
神寄りです☆☆☆

12

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ