俺様なペット

oresama na pet

俺様なペット
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
25
評価数
8件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
角川書店
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784048534161

あらすじ

ラブ マスター・パラダイス大学中退以来、無職で最低レベルの生活を送る基生と、彼を心配し、何かと世話を焼くハジメ。基生の兄に言われて少し離れる決心をしたものの…!?

表題作俺様なペット

棟方基生 世話をやかせる無気力ダメ男
一 世話を焼いてしまう真面目なしっかり者

同時収録作品リモコン

同時収録作品てつ・らぶ

宮本 会社員 25才
佐原 高校生 17才

同時収録作品酩酊ドッグナイト

柳 客引き
白岩 現在住所不定の元バイト仲間

同時収録作品春が来ても夏が来ても秋が来ても

兵庫 美容師
菊池理人 新米美容師

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

佐倉ハイジさんの初期短編集

佐倉さんの作品独特のゆるふわな感じはありますが、どこかほの暗い部分のあるお話が多いです。
いくつかのお話は完結しきってないというか、これからって所で終わっていて、カップルとして成立する以前に受け攻めも不明なお話もいくつかあります。

表題作の俺様なペットのそんな感じでした。
生活能力のない無職の幼馴染の面倒をついつい見てしまうというお話ですが、依存しているのは果たしてどっちなのか。
血管は青いから血も青いかも…なんて理由で手を切ってしまうなんだか難しいキャラクターが出てきます。
が、こういう子って世界で一人だけ絶対の味方がいて存在していられる気がします。
なんで?とか、だから?といった、説明を求めたい部分があるけれど、
この雰囲気を大事にしたいんだろうなあと思えるお話でした。

「酩酊ドッグナイト」
水商売に犯罪に暴力と、これだけははっきりアングラなお話です。
こちらも依存系に分類される気がします。
久々に再開したら犯罪者っぽいその日暮らしをしていたもとバイト仲間。でも久々にあった、というのにこうも依存するまで一足飛びに好きになるかちょっと疑問に思いながら読ん続きでいました。
でも不思議と頭に残るお話でした。

「リモコン」
このお話が一番好きです。
こういう肉体的に攻めていても精神的に受け攻め逆なお話が大好きです。
友情の延長ともとれますが…はっきりどうにかなって終わってるわけではないです。
これだけはこの先が知りたい!て思います。

短編集の多い作家さんですが、この作品はほの暗い中のに自分にとってハズレが少なくて、佐倉さんの本の中でも大好きな一冊です。

1

本気になった犬も見たい

佐倉さんの初期の作品集です。なかなか入手できなかったんですが、やっと読めました。
今と随分お話の雰囲気が違います。ほわ~んとしたほのぼの感が余り感じられず、中には緊張感漂うお話もありました。
絵柄も今と少し違って、目が大きく可愛いくて綺麗系の絵で、私はこちらの絵柄も好きです。

全部で5つの作品が収録されているのですが、そのうちの2作品は恋愛手前で終わっています。
表題作もそのうちの1つなんですが、だらしなくて自分の事も十分にできない(ように見える)基生が、実は…という設定が萌えました。
これから本気を出すであろう飼い犬基生がどこまで出来るのかも見てみたい作品です。^^

他に好きだったのは鉄道ファンのカプ「てつ・ラブ」と美容師同士のお話「春が来ても夏が来ても秋が来ても」。
「てつ・らぶ」は鉄道ファンという結構オタクな趣味を持つ二人なんですが、年上の宮本が恋愛をリードしていくのはちょっとカッコイイなと思いました。
「春が来ても夏が来ても秋が来ても」は受け様が可愛いんですが、その可愛さは今も変わらないですね~。こういう控えめで引っ込み思案なキャラ、大好きです。^^

0

めっちゃ萌えた

『俺様なペット』
この話、好き!
ペットと飼い主っていうより、ダメダメな旦那としっかり者の嫁って構図じゃないかな。めっちゃ萌える。
でもこのダメダメな旦那は嫁のことが大好きだから、調教しだいではさぞかし素敵な男になるのでしょう。
恋はこれからってところなんだけど、いい場所で終わってると思います。

『リモコン。』
上手いなァ…。
これを読みながら、私は「恋」を読みたいわけじゃなく「萌え」を読みたいんだなってつくづく思いました。

『てつ・らぶ』
鉄道オタクふたりw
何かに夢中になってる男はカワイイですね。

『酩酊ドッグナイト』
この二人、どうしようもない二人だね。
面白かったんだけど、すごく切なくて寂しい気分になっちゃった。

『春が来ても夏が来ても秋が来ても』
美容師さん同士の恋。
エロい場面はないのに、なんかエロかったな。
髪を洗うシーンが好きだな。髪を洗われるときって、なぜか妙にセクシャルな気分になるんだよね。

0

 俺様な・・・

 ハイジ先生大好き★最近あまりに好きで、コミックスを一気買い!!
ゆったりと流れるようなラブがいい。特に、この「俺様なペット」は一番最初のコミックスにして、ハイジ節がきらめいている。
 
 「俺様なペット」:無職でだらけている基生×しっかりもののハジメ。
ハジメが構ってやらねば本当に死んでしまうのではないだろうかと不安な基生は、ちょっと情緒不安定?学生のころから、公園の滑り台の上で、「雪ってやわらかいのかな」と、ハジメの目の前で頭から落ちてみたり(あぶね~)、「静脈って本当に青いのか」と切って見せたり、自殺志願者みたいなことをしてたんで、ハジメもそんな基生の行動に驚きを隠せない、という関係が大人になってからも続いている二人。
 この二人は、犬に振り回される主人と犬の定義に合っているかと。普通の恋人同士になれるのかな?しかし基生もまともっていえばまともであるともいえるので、ハジメが甘やかすだけでなく、躾も強化していく必要が大いにありそう。うふふ、面白かったです。
 
 「てつ・らぶ」:この作品集の中で、実は一番好きな話。
投げやりでダラダラ~な高校生がよく利用するコンビニ続きで出会った、スーツを着た彼と、鉄道の魅力を共有しあううちに生まれた恋、みたいなもの。
高校生のほうが、外見、攻めに見えるのでギャップ萌えもあり、これからの二人の旅先でのお話も読みたいな~★

0

俺様なペットレビュー。

今の脱力系BLって銘打って売り出す前の作品なのでちょっと新鮮。あんまりゆるくない。恋愛に真剣って感じで(いや、今の作品だって恋愛に真剣だけどどこか心が読めない脱力系要素がチラチラしているので…)

表題作は、無気力青年×世話焼き青年(主人公)の話です。
放っておくと野垂れ死にそうな友人のために何かと世話を焼く主人公。
しかし友人の兄に「君がかまうからいけないんだ」と言われ、もう世話は焼かないと本人に告げる、が…。

だってオレ、お前が気になるんだもん!オレが世話してやらないとお前駄目になるんだもん!

あれ?なんだかすっごく一生懸命。ちょっと最近(05年以降)の作品から佐倉さんを知った人は軽く驚きそうな作風です。別名で出した「美少年の恋」での荒い線と、ギラギラとした絵柄がこの作品でも残っていて今の作風に慣れている人だとなんだか落ち着かなくてソワソワします。
初期の頃の作品集なので、絵も話も荒いのですが独特のテンポとギャグは健在です。根っこの部分は変わらず面白い!エロなシーンは殆どありません、BLなのに全然エロくない。でも妙な色気が漂っていて、コレはコレでアリかなって満続き足出来ます。脱力系マジック!

他。
「リモコンおじさん」
眼鏡くんと、眼鏡な彼に対してSっ気が湧き上がるクラスメイトの話。キスどころかハグもピュアな関係。友達以上、恋人未満な関係。

「てつ・らぶ」
鉄道好きな2人、友情の延長線上に愛情があるんだとチラチラチラリズムなもどかしい話。

「酩酊ドッグナイト」
客引き商売の眼鏡と自虐的なピアスっ子の話。なんか、全体的にやさぐれている感じ。でも痛くはない、ちょっとだけスレている。そんな2人。

「春が来ても夏が来ても秋が来ても」
美容師カップルの話。三角関係もどきっぽい距離の描写がハイジさんらしい作品。受がね、結構好みだった!容姿も性格も!
この話は今のハイジさんらしさというか、脱力系要素がチラチラ見えて読み易いと思いますよ。

0

俺様なペット

ハイジさんの一冊目を買ってないなーと思い購入!
んで感想は…
ぎゃー何か新鮮!!
ユルさを売りにしてないハイジさん…
一生懸命BL書こうとしてるのが伝わってくるwww
目の描き方とか違うよね。何かキラキラしてるっ
今は逆に白目だったりするのに笑
短編集で、あたしは一番最後の美容師二人が好きだ!
何か絵も含め色々古くて(PHSとか出てきたよ)、逆に可愛かったです☆

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ