『籠の鳥を逃す』 蒼穹のローレライ書き下ろしショートストーリー小冊子

kago no to ri wo nigasu

『籠の鳥を逃す』 蒼穹のローレライ書き下ろしショートストーリー小冊子
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

85

レビュー数
1
得点
19
評価数
4件
平均
4.8 / 5
神率
75%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
蒼竜社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
蒼穹のローレライ

あらすじ

コミコミスタジオオリジナル特典 『蒼穹のローレライ』書き下ろしショートストーリー小冊子、
A5版、本編と同じ絵のカラーの表紙と裏表紙が付いている。
タイトルは『籠の鳥を逃す』

塁がまだ横須賀にいた時代、海軍総司令部からの視察が来て……
なぜ、どうやって、塁が南方に派遣されることになったか?
衛藤新多との関係は?という、本編を補足する短編。

表題作『籠の鳥を逃す』 蒼穹のローレライ書き下ろしショートストーリー小冊子

三上徹雄・整備員・24歳
浅群塁・零戦搭乗員・21歳

評価・レビューする

レビュー投稿数1

塁がラバウルに行くことになった経緯が書かれています

コミコミスタジオさんで購入すると特典でいただける小冊子です。A5サイズで、小説部分は7ページ。個人的にコミコミさんの小冊子がとても好きで、この小冊子が特典でついている時はなるべくコミコミさんで買うことにしていますが、「蒼穹の~」の小冊子は2段組なんですよ。特典で2段組ってちょっと珍しいなあ、と思いつつ、それだけ文字数が多いのか?と尾上先生の読者サービス精神に感動したりしながら読みました。

さて内容をざっくりと。ネタバレしてますのでご注意ください。



時系列としては本編で塁がラバウルに配属される前。塁視点で書かれています。

まだ塁が横須賀基地にいた時、海軍司令部からの視察がやってきます。横須賀基地には操縦技師のエリートが集められているため、将校の目に止まれば大出世の可能性もあるということで浮ついた空気が流れる中、塁は一人目立たないように心がけています。

それなのに塁は中尉に手を取られ人前に立たされてしまいます。どうやらその中尉は塁の瞳の色を見て、アメリカ人の血が流れていると勘違いしてしまった模様。その外見を利用して諜報として起用しようと思ったのに、という中尉続きですが、塁の声が出ないこと、塁の父親の事を知り、素直に謝罪します。

その後その中尉に塁は呼び出され、先だっての行為について改めて謝罪されます。詫びとして行きたいところに配置させてやるという中尉に塁は…。

というお話でした。

この中尉が、本編でラバウルで通信長を務めていた城戸に塁の事を頼んだ衛藤中尉。なるほど、こういうつながりがあって、城戸は塁の事を気にかけていたのだなあ、と。

衛藤中尉や城戸大尉。塁を心配し気にかけてくれる人はいて。けれど外見上のことや父親の事件のことから心を閉ざしてしまっていた塁に、そういう気持ちが届かないのが何とも哀しかった。

本編を捕足しつつ、大変読み応えのある、満足度の高い小冊子でした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ