Prisoner

prisoner

Prisoner
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
3
得点
5
評価数
4件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784877751203

表題作Prisoner

息吹(強盗)
松葉(刑事)

その他の収録作品

  • 外面如菩薩内心如夜叉

評価・レビューする

レビュー投稿数3

強姦本。

あらゆるページで強盗が強引に刑事(しかも思い人がいる)を強姦しているうちに強盗との愛が芽生える本・・・というしかない本。謎過ぎる。
禁断の愛に入るには最低でもムチアメの波くらいはいると思うんだけどムチの上にムチしか打ってないような・・・
強盗犯側が刑事に愛情を持つのは分からなくもないけど逆はないだろぉよ。これを元に思い人とさらにガッツリ愛情が深まったのならわかんなくもないけどさ。

2000年前後のBLって数が少なかっただけに今見るとがっかりなもの多いですけど、ほんっとーにこれ、好評だったんですか?それとも10年も前の作品だし、こんなものなのかなぁ?
華炎さんの本は相性がいい悪いが自分には実に激しいorz

ま、取り合えずSM好きな人が読むのならいいとおもうよ。

2

何じゃそりゃー!?

そんなアホで刑事が勤まるのか?
相棒(恋人という設定)が撃たれたと逆上して単身敵地に乗り込み、犯人の稚拙な演技に騙されてあっけなく捕まる。
そして無理やり3P。
たいしてテクニシャンでもない2人に犯されて、感じまくっちゃって…。
2人組の犯人ですが、うち1人がとんでもなく狂暴で、仲間割れをしてしまうんですね。
その同情も混じって、優しくされたから(えっ!?どこで!?)という理由だけで犯人の1人に惚れてしまい、逃亡を企てるも失敗。
狂暴な方が入院中の相棒を攫ってきて、その前で見せつけの3P。
そこでも感じまくるんですね、そしてそれを見た相棒も萌えちゃってます…。
そうこうしている内に警察からの応援が来て、無事に救出されるのですが、ラストで「出所を待ってるから」と犯人に駆け寄ってしまいます。
あんな短期間で、お互いがどこで恋に落ちたの?
しかも、長年連れ添った相棒兼恋人よりもそっちがいいかい?
うん、ほんとにアホです。
作者さんが「純愛が描けて満足」と仰ってましたが、どこに純愛があったのか全くわからないです。
華炎先生の繊細な絵が好きで大ファンなのですが、この作品続きだけは萌えませんでした。

3

結局がわかりづらい

強盗×刑事。
初っぱなからのピンクのカラーページがエロいですw
刑事カップル。仕事でもバディを組む二人なのだが、ちょっとした油断で相方が撃たれてしまう。銀行強盗を捕らえるべく、敵をとるべくたちあがったのだが・・・!?
なんというか、短絡的というか。
アホなんか?いや。きっとアホなのでしょう。
頭に血が上ってつっこんでいけば、ちょっとした演技にだまされ簡単に捕まってしまう。
強姦されても感じてしまい。
ちょっと優しくされたらほだされてしまう。
流されるにもほどがあると思うのよ奥さん!
しかも、優しくされて~したら、一緒に逃げようとか・・・好きだ惚れただ・・
恋人が無理矢理病院からつれてこられて~な下り。これもあんまりカップルらしい感じもしなかったのが残念。
記念日どうのと言ってたものの、倦怠期・・だったのかな?
結論の付け具合がよくわからなかった・・っていうのが感想です。
さらっと読むには悪くはないかなと思います。

後半の読み切りは、お寺で大好きなあの人のために修行・・?!なお話。
血も滴るシーンがあるので苦手な方はご注意ですが、なんだかんだで納得してヤ続きられているので悪くはないんじゃないかなと思います。お寺・・・稚児・・・・ちょっとそうぞうするとトキメキますっv

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ