人間不信の透が陥る、溺愛の罠!?

あまく溺れる恋の魔法

amaku oboreru koi no mahou

あまく溺れる恋の魔法
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
30
評価数
9件
平均
3.6 / 5
神率
22.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA(アスキー・メディアワークス)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  
ISBN
9784048655996

あらすじ

性別不詳のミステリアスなモデル・『DOLL』として活躍する透は、実は極度の恋愛不信。ある日、『DOLL』をどうしても自社のCMに起用したいと、化粧品会社社長の鷹条が透に会いにやって来る。透に一目惚れしたという鷹条は、仕事にかこつけて、透に強引で情熱的な求愛をし始めて!? 初めは苦手に思っていた鷹条から絶えず注がれる優しさと愛情に、透も次第に絆されて…。
あまい幸せで満たされる、溺愛の日々v

表題作あまく溺れる恋の魔法

鷹条征貴,化粧品会社社長
小宮山透,性別不詳の人気モデル(大学生),恋愛不信

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

なんだか萌えない

地味な素顔にコンプレックスを持っている大学生の透(受け)は、カリスマメイクアーチストの姉にメイクを施され、性別不詳のモデル・DOLLとして活動している。不器量な素顔がバレないよう静止画の仕事しか受けていないのに、化粧品会社の取締役である鷹条(攻め)に、自社のCMに出るよう熱心にオファーされ、断っても断っても諦めてもらえない。スポンサーの地位を盾に付きまとわれ連れまわされているうちに、だんだん攻めの人柄に惹かれていくが…。


うーん、これは何というか、いろいろ萌えられませんでした。
昔から、一重まぶたでそばかすという自分の容姿にコンプレックスを持っている受け。付き合っていた相手に容姿を理由に振られて以来、ますます劣等感に苛まれています。
そんな受けに神業メイクを施すと、絶世の美人になるのが判明。その顔でモデルをやっている、という設定なんですが。
とにかく受けが卑屈で、あまり好きになれなかった。あと攻めは受けの顔に惹かれてCMをオファーしてきたのですが、後々受けの素顔を知っても態度は揺らぎません。それは美談だけど、えっほんとにいいの? とこっちが心配になってしまう。顔に一目惚続きれしたけど顔は入り口で、内面も好きになったんだからオールOKって簡単に言うけど、最初に惚れた顔と実際の顔が違うって男女間でも別れる原因になりそうな事案ですよ。それが気になって気になって、萌えるどころじゃないというのが本音でした。
一重まぶたがそんなに気になるんだったらプチ整形でもしたらどうだろう、とも思いました。それだけでコンプレックスも、攻めに対する罪悪感も半減するだろうに。

顔ではなく内面を好きになってくれる攻めはいい人です。けどそもそも受けの内面がいいとも思えない。付き合ったら付き合ったで引け目がありそうというか、付き合ってもらってるみたいに受けの立場が低く感じられちゃう。
そんなかんじで個人的には萌えられませんでした。

2

みにくいアヒルの子が溺愛されて…

あらすじ:
性別不詳のモデル『DOLL』として活躍する透(受け)は、素顔は地味で平凡な大学生。
ある日、スチルの仕事しか受けない『DOLL』をどうしても自社製品のCMに起用したいと、化粧品会社社長の鷹条(攻め)が訪ねてくる。
仕事にかこつけてデートに度々誘ってくる鷹条に惹かれていくが…

透はゲイで、初恋の相手に顔を理由にフラレたトラウマで恋愛不信気味。
一重まぶたでそばかすのある彼ですが、メイクアップアーティストの姉にかかれば人形のような美少年に変身。
メイクした顔のまま鷹条とデートを重ね、彼に惹かれていきますが、素顔に自信がなくてなかなか本当の自分をさらけ出せずにいます。

鷹条は、透とは対照的に、常にポジティブで自分に自信がある成功者。
透に一目惚れし、事務所で待ち伏せて巨大な薔薇の花束をプレゼントするような気障で情熱的な紳士です。
隙のないカッコよさではなく、遊園地ではしゃいだり、透と相合傘したりするチャーミングな一面も。

こんな鷹条が、透の素顔を知っても尚彼を愛し続ける…という展開自体は非常に王道。
しかし、外見ではなく君の内面に惹かれたんだ〜等続きという綺麗事を鷹条に語らせない点が意外でした。
女性のメイク前/後を見慣れている彼は相手のすっぴんをある程度予想出来てしまうし、相手の素顔が地味でも気にならないと。
その上で透の顔を気に入り、付き合っていくうちに透の人柄にも惹かれたと、真摯に告白する姿に好感を持てました。

そんな鷹条に愛され、少しずつ素顔の自分を好きになっていく透。
Hも含めかなり甘々な雰囲気ですが、セレブな恋人がいても自身の進路には堅実な職業を選ぶ透の生き方にも好感が持て、意外にも地に足の着いたストーリー展開が良かったです。

鷹条の物分かりの良さはやはりご都合主義的に感じますが、透の設定(原石美人ではなく素顔は本当に平凡)や鷹条の美的感覚は興味深いし、何と言ってもラブ甘な二人の絡みが素敵でした。

溺愛攻めがお好きな方に強くオススメしたい一冊です!

9

Krovopizza

コメントありがとうございます。
お役に立てて何よりです♪

kumachi7

気になっていた本だったのですが、レビュー最後の一言で購入決定しました。
早く読みたくて、電子書籍でポチってしまいました。
すごく好みな本でした!
レビューありがとうございました。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ