困った時には星に聞け! 14

困った時には星に聞け! 14
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
冬水社
シリーズ
いち好き・コミックス(コミック・冬水社)
発売日
価格
¥524(税抜)  ¥566(税込)
ISBN
9784887414723

あらすじ

あべ美幸が贈る、今ドキスクールLIFE!清嶺宅で高熱を出した宝を、清嶺が看病。二人の仲良しぶりに気が気じゃないパパだけど!?宝&久住のほのぼのコンビが贈る、描下しコミック『1月20日 久住渡』5頁も収録。注目の第14巻!

表題作困った時には星に聞け! 14

高校生 保坂清嶺
高校生 藤縞宝

その他の収録作品

  • 1月20日 久住渡

評価・レビューする

レビュー投稿数1

「お前が女だったらとっとと既成事実作って籍にブチ込んでやれたんだけどなー」

前回のラストから少し態度が硬化した宝。
自分と清嶺の間に見えない境界線を引いて。
結局、その境界線を越えてきたのは清嶺だったけれど、それはちゃんと自分が失敗したことに気付いてて比べる必要のないものを比べた自分が悪くて。
やっぱり宝のことを手離せないと思ったからだと思う。
「お前が女だったらとっとと既成事実作って籍にブチ込んでやれたんだけどなー」
この言葉のインパクトは強かったです。
はっきりと「好き」って言葉は友人としても清嶺の方からは言ったことがなかった気がするんだけども(宝は言ってる、友人としてみたいな感じで)
これってつまりは「恋愛対象です」って言ってるようなものでしょう?
それを何の躊躇いもなく言える清嶺はやっぱりスゴイ(たとえそれが真面目な顔した冗談でも。いや、清嶺は冗談じゃない気がしますが)

描き下ろしの5ページマンガは宝と久住。
麻生は出て来なかったんだけども、麻生が久住にあげた誕生日プレゼントのことを話してて。
自分ではよくわかってない久住が、宝に麻生のセンスを褒められて喜んでるのが印象的でした。
久住って麻生がいない時とかいなくなってからそ続きういう顔するんだよね。
だから、麻生は報われてないように見えたりするんだけども。
よかった。
麻生は知らないとはいえちゃんと麻生のこと想ってもらえてるようで。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ