お見合い結婚

omiaikekkon

お見合い結婚
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
24
評価数
7件
平均
3.7 / 5
神率
42.9%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832281837

あらすじ

運命の人と最良な出会いを信じ縁を結ぶサバイバルな儀式「お見合い」。その賑々しくも厳粛な場所でごくごく普通に見合った二人がただ1つだけ違った事・・・それは見合った相手が男と男だったのです。

表題作お見合い結婚

相田遼一 建築士
三上由良 出版会社社長

同時収録作品KNOCK OUT

相田 相田遼一の兄 中古車販売会社社長
三上由麻 三上由良の兄

同時収録作品閨日の絵画

李芳明 キュレイター
クリス キュレイター

同時収録作品恋愛ホームコメディ

佐久間公正 金持ちの御曹司
君島博史 開業医

同時収録作品Friendship→Loversship

その他の収録作品

  • 雨の日もSmile
  • 名前
  • 鵺と鳳
  • 花の下と明日

評価・レビューする

レビュー投稿数4

惜しい感じでした。

この作家さんの漫画の作品は初めて読みました。
夜光花さんの「凍る月」や榎田尤利さんの「愛なら売るほど」の挿絵家としては知っていましたが、こちらの漫画の方の絵柄の方がスッキリしていて好きです。

お話としては…どのお話も萌えまであと一歩という感じでした。
表題作シリーズに関しては、出会っていきなり体の関係を持つ弟カップルと、なぜだかよく分からないけど体がほてって、そのままHしちゃう兄カップルで、体の関係を持つまでの過程がちょっと理解できないというか…なんで寝ちゃったの?という疑問の方が強かったです。
弟カプのワンコ攻め様は割と好きだったので、ちょっと残念でした。

他の収録作品には、もっと多いページ数で読みたかった作品がいくつかあって、こちらも惜しい気がしました。
「閨日の絵画」も「花の下と明日」ももっと読みたかったのに、足りない~><という印象です。

0

いまいち萌えなかったです

表題作は妹のお見合い相手とデキちゃう話。
その日のうちにデートして、その日のうちにエッチして。で、「俺はアイツを好きだったんだ」と気づく、みたいな。
展開が早すぎて、ストーリーに置き去りにされちゃった感じ。もうちょいタメが欲しいなと思いました。
続編も、あれだけ理解ある周囲に恵まれてて、なんで受けがそこまで悩むのかなぁと思ってしまいました。

『閨日の絵画』
このページ数でこのストーリーはムリがあると思います。

『恋愛ホームコメディ』
やっぱもうちょいタメが欲しいなぁ。
数年間離れてた間の切なさみたいなものがぜんぜん伝わってこなかったです。

『Friendship→Loversship』
これが一番好きかも。
今までの短編で無いように感じた“タメ”の部分だけで終わってる感じなんだけど、そこがいい。

『名前』
『鵺と鳳』
短いけど良かった。
日本神話を下敷きにしたお話。
切ない。

『花の下と明日』
んー、微妙。

0

遼一みたいな人大好きだー

 妹のお見合いで、相手の男性が自分ばかり見つめている――。
 な感じで始まる物語です。

 すごく面白かった!最初のページから面白い上、展開が早いので、話に入り込んで読んでいられました。遼一はどうやって由良を落とすんだろう、って。
 脇役も含めてキャラクターが実に良いんですよね。
 一番好きなのは妹のお見合い相手の遼一(表紙でいうと黒髪の方)です。もう健気!健気!どんなに突き放されても一途!一途!普段ヘラヘラしているように見えて、いざとなったら男前!しかも、これで攻め・・・っ。遼一は見た目的にも絶対受けだと思っていたので、ギャップ萌えしました・・・。

 あと、メインCPの兄同士のお話もあって、こちらも面白かったです。遼一の兄は男前だし、由良の兄は坊主でちょっとおバカだし。
 Hシーンは、普段のいがみ合っている二人じゃなくて、静かで、ちょっと激しくて、いい感じです。
 このシリーズ大好きです!

0

妹のお見合いでww

奔放な両親と兄の変わりに、妹を大事に大事に育ててきた。
そんな妹のお見合い相手と何故ホテルに!?
朝起きてみれば裸で二人・・・・・

妹のお見合い相手に口説かれ、身体を開かれという内容。
面白いです。
全体を通して穏やかな人たちが繰り広げる話なので、シビアなねたはありません。
素直に、純粋にまっすぐなキモチを向けてくる相手。
そのキモチを自然に受け入れて、自分は相手がすきなんだ・・・

この浸透するような雰囲気が好きです。
短編で、1から100まで完結するのは、なかなか至難だとおもうんですが、不自然さがないです。
不思議。

攻の向けてくる好意が、表情が、言葉があまりにまっすぐだからかもしれませんね(´∀`)

後半には、上記カップルのお互いの兄同士の恋愛模様も描かれます。どちらかといえば、コッチの方が私は好きです。
コミカルタッチで、攻サンのコロコロ変わる表情や、悲痛な叫びが心地よいw
坊主受ww
やっぱり振り回される攻ってのは乙だと思います。

他、短編がプラスされてますので、本当に満腹w
絵柄ももちろんウマw

そういえば最近、高橋続き先生って漫画はかかれてないのかな。
挿絵は良く見たりするんだけども。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ