舐めちゃう系男子。

namechaukei danshi

舐めちゃう系男子。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
51
評価数
15件
平均
3.5 / 5
神率
13.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784199606649

あらすじ

移動屋台が集うオフィスビルの一角『ランチ・ガーデン』。
ケーキ屋の佐久間は、コーヒー屋の藤野とセット販売で協力しあう仲。
藤野が密かに自分を好きと知りつつ、イジめてしまう毎日だ。
けれどある日、藤野が元カレに絡まれているのを助けたのをきっかけに、
なりゆきで付き合うことになり…!?

表題作舐めちゃう系男子。

佐久間,移動販売車のケーキ屋,パティシエ
藤野麻季,移動販売車のコーヒー屋,バリスタ

同時収録作品舐めちゃう系男子。

八嶋光,移動販売車のスープカレー屋,恋人
小金井春斗,一緒の移動販売車で働いているカレー屋

その他の収録作品

  • 番外編 舐められちゃう系男子。(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数5

予想以上に受けが可愛かった

「食べられちゃう系男子」のカップリングがとってもよかったと思ったのですが、こちらは見るからに食べられちゃう系~の二人とはタイプが違う。
しかし、こちらのカップリングもすごくよかったです。

スピンオフですが独立したカップルのお話なのでこれから読んでも大丈夫だと思いますが、前作の二人のその後のお話も入ってますのであちらも読んでみたらより楽しめるかと思います。
舞台は前と同じ、ランチガーデンなのですが、みんな楽しそうにお仕事していていいなあ…という雰囲気。
昼時の屋台が舞台、て珍しいですよね。

私は女性っぽい受けが得意でないので、表紙を見たときに主人公の麻季が女性的に見えてしまい、苦手なタイプだったらどうしようかと思ったりしたのですが、そんなことはなく…どちらかというと子犬系というか、守りたくなるようなタイプでした。
受け→攻めのお話です。
佐久間が同じ移動販売店で働く麻季に告白され、クールにフるものの、その後だんだん気になってきて…という流れとしてはわかりやすい。
しかし、攻めがかなりサイテーです。

興味なさげにフッたと思ったら、つき合ってやるとか、なのに「や続きらせないなら別れる」とか、誰にでも気を持たせる淫乱だとか、言いたい放題です。
そのたびに麻季はショックを受けて青くなったりボロボロ泣きますが、ほんとによく耐えてると思う;
泣き虫、弱い系に見えて、実はかなり強いんじゃないかと思います。

私はBLでこれよりも酷い攻めを結構見ましたので、なんとなくこの程度なら「」さいごに誤ってくれるならいいか…」と思ってしまいますが、冷静に見ればこんな男のどこがいいの!てくらいのサイテーさだと思います・・・
ただ、不思議と佐久間の「麻季が好きで独り占めしたい」という欲はひしひし伝わってくるんですよね…
それでなぜか耐えられてしまうというお話でした。

0

オラオラ系男子×ウジウジ系男子

ケーキ屋の佐久間(攻め)は、コーヒー屋の藤野(受け)に告白されるが、別に好きでもないので即お断りした。しかし、藤野が元カレにしつこく言い寄られているのを見ると何だかムカつく自分に気付く。そのまま何となく付き合うことになったが、元カレや、受けと仲の良い友達を見てやはりムカつき、強引に身体の関係を持とうとするが…。


攻めはドSで思いやりに欠けるし、受けはウジウジしてるし、キャラクター個々で見たら萌えないカップリングでしたが、話としては面白かったです。何とも思っていないはずなのに元カレの存在に嫉妬してしまうとか、経験豊富に見えてそうでもなかったりとか、萌えツボな展開で楽しめました。
でも気持ちの悪い元カレが、その後何ら罰を受けないままフェイドアウトなのがちょっと気になりました。まあ次回現れたら攻めに退治してもらえそうですが。

『食べられちゃう系男子。』のスピンオフで、前作のカップルも出てくるし、そちらの話も混ざっていましたが、前作未読でも問題なく読めると思います。

1

悪魔すぎるっ!

ねこねこハニーからのファンです。
で、この前の『食べられちゃう系…』の方も読んだので、スピンオフと言うことで手に取ってみました。
うーん、前作の方が好きかな。
どうしても今回の攻め様、佐久間くんが好きになれなかったです。最後には、甘やかしてくれて、ベタぼれになるからいいんですけど、それまでの態度が悪すぎるっ!振るときの台詞とか決めつけてかかって人の話を聞かないとか、気のある振りをして突き放すとか、人の気持ちを考えなさすぎですね。その後がいい人になっても、マイナスが大きすぎてゼロまで戻りませんでした。加えて、受けの藤野くんもウジウジしてはっきり言えないのがあの薄い目鼻立ちとともにイラッと来てしまいます。ストーカーに嫌と言えなくて、口でしたとか、あり得ない!って怒っちゃいました。
むしろ、前作の矢嶋、春斗カップルがちょこちょこ出てきてくれたので、そこでほっこりしてしまいました。
そんな訳で今回は中立です。

1

眼鏡Sと純情さん

楢崎先生は今私の一押しなのです。少し評価が甘いかもしてしれません
舐めちゃうは食べられちゃうのスピンオフ作品です。もともとスピンオフ好きな私には堪らん一冊です。楢崎作品を読み過ぎたているので、攻めはやきもち焼きの男前で受けは元気はっらつか大人しい男子が多いのですが!
今回の攻めはメガネSで私のピンポイントですね、受けは大人しくて可愛らしいなんか小動物的可愛いさがありますそのせいで学生時代からのストーカーいたりします。

受けの麻季ちゃんから告白します。攻めの佐久間は一度は告白をオッケーしますがいろんな誤解が有ってなかなか上手くは行けませんよ。まぁ佐久間はツンだし麻季はとても純情なんです。可愛いです。
まぁ楢崎作品なのでラストはハッピーエンドなんですけどエッチシーンのメガネかけ直しが堪らん

2

スピンオフ☆今度はケーキ屋×コーヒー屋

「食べられちゃう系男子。」のスピンオフCPがメインで、
「食べられちゃう~」の八嶋×春斗の続きのお話も載っていました。
一冊丸々このシリーズなのがよかったな♪

今回のメインの2人も、
「食べられちゃう~」の八嶋や春斗と同じ場所で、
移動販売車でお店を出していて、協力してセット販売もしてる間柄。
眼鏡でSなケーキ屋(表紙右)× ヘタレなコーヒー屋(表紙左)

帯には攻めがドSってあったけど、そこまでではないかな~

受けが顔を真っ赤にして頑張って攻めに告白して、
あっけなくキッパリとフラれちゃうところからお話はスタート。
この受け、体を震わせながら涙を流すのを我慢したりと、
なんだかちょっと不憫なワンコのような可愛さがあります~

攻めもそんな受けの姿にキュン♡と少しくるものの、
恋愛なんてするつもりは全然なかったのに、
受けの元カレ?がしつこく受けに言い寄っているのが面白くなくて、
嫌なのに上手く断れない受けが見てられなくて、
見せつけるように攻めからキスを……

意外とくっつくのが早くて、
くっついたら変わり身が早くて、ずいぶんと攻めは続き積極的。
そこはもうちょっと~~とは思ったけど、
最初は冷たかった攻めが、早く受けとヤりたがって、
イライラしてるのは楽しかったな。
でも「ヤれねえなら、別れる」発言はちょっと自分本位かも?
まぁ、この攻めのキャラらしくはあるんですが。
個人的には、その発言よりも、
その後に受けがエッチに積極的じゃない真相が分かると、
手のひらを返したように攻めが優しい男に変化しちゃうのが、う~~ん。
2度もあっさりコロッと変わると、
攻めの性格もお話も軽く見えて、ちょっと勿体ない気が…。

八嶋 × 春斗 の方は1話のみ。
半同棲状態になっている2人だけど、
受けの春斗は八嶋のデカチンを挿れてエッチするのが怖くて、
いい雰囲気にならないようにしていたら、八嶋が…

八嶋の春斗への執着ぶりと嫉妬心が可愛くて好きなので、
もう1話くらい読みたかったな~


サラリと楽しむ感じですが、
同業者の2CPがやんやするのは微笑ましくて、
なんだかんだ言いつつも楢崎さんの本は癒されるし好きだなぁ。
萌え×2寄りです☆

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ