恋ときどき、焼きサバ定食

koi tokidoki yakisabateishoku

恋ときどき、焼きサバ定食
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×210
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
105
評価数
27件
平均
3.9 / 5
神率
25.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
海王社
シリーズ
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~(コミック・海王社)
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784796408196

あらすじ

ハイスペイケメン証券マンだがナルシストの永瀬涼一は、
とある下町の定食屋「やまねこ亭」の跡取り息子・石塚 仁に猛アタック中♥
なびく気配はイマイチないがどうやら嫌われてはいないらしい。
ある時ひょんなことからデートに連れ出すことに成功。
雰囲気も悪くなく仁も終始楽しそう。
「これはイケる…! 」そう確信した永瀬は思い切って告白した!
けれど食い気味に「ごめん」と断られて───俺はどこで間違えた!?
定食屋で繰り広げられる、恋とご飯の物語♥

表題作恋ときどき、焼きサバ定食

永瀬涼一 27歳 証券マン
石塚仁 定食屋店員

同時収録作品メモラブル・メモリーの再会

倉崎正美 僧侶
篠原理人 幼なじみ

同時収録作品クロがヒトになった理由

受け攻め表記なし クロ もと飼い犬
受け攻め表記なし トオル 魚屋

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ナルシスト(バカ)

この方の漫画は初めてでした〜!
絵はとても好きな感じなんですが、細かいところまで書き込むタイプと比べると、申し訳ないですが物足りなさも感じてしまいました。
お話に関しては、「とてもいい」一択!
表題作は、ナルシストリーマン×定食屋の店員。お馬鹿なタイプのナルシストなので嫌味っ気はなく、愛しささえも覚えました。このお話はとにかく攻めの眉毛の下がる瞬間が好きでした!

同時収録であと2話入ってるんですが、個人的には元犬×人間が面白かったです。今まで飼ってた犬を恋人として受け入れることに苦悩する主人公が魅力的でした。

ほんわりする感じのお話が多かったので、お休みの日などにまた読みたいです。

1

白目、多めで

ヘタレな恋の物語(多分)が3編入った作品集。
表題作はハイスペックエリートが定食屋のバイトくんに恋をする話。
エリートくんは何事にも自信満々の超ポジティブマン。
そんな彼の独りよがりでトンチンカンなアプローチを拒絶していたバイトくんだが、エリートくんがようやく見せた残念な素顔にキュン。
このお話、ヘタレ攻めのツンデレ受け、普通に可愛いラブコメディとして、サラッと読むといいみたい。
他に幼なじみ再会物と、飼い犬が人化する話が入っている。
絵の雰囲気は好きなタイプだし、話もサラッと可愛いし、ただ、同じような、白目多めのお顔のアップがずっと続くのがちょっと残念。

1

ナルシスト & 犬のヒト化が可笑しく愛おしい

初コミックの「仕立て屋と坊ちゃん」がなかなか印象的で、
2冊目をとても楽しみにしていました~
お話の最初の入りから、かなり面白かったです☆
今回は3作品が入っていますが、どれももっと読みたかったなぁ!

■表題作「恋ときどき、焼きサバ定食」3話+描き下ろし
モテる証券マンでナルシストのゲイ(攻め・表紙右)が、
定食屋で働くノンケ男(受け・表紙左)に一目惚れをして、
定食屋に通い詰め、ひたすら格好いい自分をアピールするんだけど…
という、ちょいシリアスで可笑しいラブコメでした☆

攻めが格好よく見えることにこだわるようになった、
体育祭の時のトラウマ話は、自分だったら…と思ったら切ないな。
でも、その後は格好いい自分であろうと努力することで、
それを乗り越えてきたんだなぁ…かなりなナルになっちゃったけど☆
そう思ったら、攻めはなんだかとても愛おしい人でした。
ナルシストなので、自分の事しか見えていないのかと思ったら、
受けのために大嫌いな昆虫館にも冷や汗をかきながら連れて行くし!
(その様子はすごく可笑しい~)
ただ、格好いい姿しか見せないというのは続き
つまり相手を侮っているのかも…というのも、真理だなぁ。

素をさらけ出して、真剣に関係を築く大切さや、
格好悪い自分でも受け入れてもらえる幸福…が素敵に描かれて、
だけど、定食屋の客たちや受けの親父の野次馬根っぷりには笑えて、
単にいい話なだけじゃない作品☆なのがよかったな。

■「メモラブル・メモリーの再会」1話
十数年ぶり再会した幼馴染のお話です。
子供の頃にエロ本を見て気持ちが昂ぶってキスをした2人。
再会した攻めはだいぶ雰囲気が変わっていたけど、再びキスをしてきて…

攻めの雰囲気が変わっていた理由にはキュンときて、
またキスをしてきた理由には、胸がちくっと切なくなりました。

■「クロがヒトになった理由」1話
不愛想な魚屋の飼い犬、クロがある日いきなり人になって!?
というコミカルだけど、ちょっと切ないスパイスも入ったお話。
これ、すごく面白かったです~~

ゲイバレした過去により不愛想になってしまった魚屋だけど、
犬のクロは飼い主さんの優しさも笑顔も知っているから、
どうしても助けになってあげたくて…なんて、う~~健気だぁ(/_;)
そんなクロが人になった姿は、魚屋さんの超タイプで…だけど……

動物モノが好きな人には、ぜひぜひ読んでほしいです~~


他の本との読み合わせもあって、
真っ白が多めな背景が最初は気になったのですが、
面白くてグイグイ引き込まれて、途中からは気にならずに楽しめました♪

6

攻めサゲが受け付けない…

イケメン証券マンの永瀬(攻め)は、偶然入った定食屋で跡取り息子・仁(受け)に一目惚れして以来、半年ものあいだ店に通い続けている。イケメンだがナルシストの彼は、受けや定食屋の客の間では残念な男扱い。そんなある日、やっと受けをデートに連れ出せた攻めは、満を持して告白する。しかし受けの答えは即答で「ごめん」で…。


絵は好きだし、個々のキャラはなかなか良かったんですが、ナルシストな攻めをバカにしたような描写が延々続くのがすごく受け付けなかった。ナルシストだけど、悪い人じゃないんですよ? なのに攻めをこんなに下げる必要があるのかと思う。受けにはこきおろされ(まあこれは仕方ないですけど)、証券会社の客には土下座させられ、元彼にはバカにされ…なんかひたすら可哀想でした。いじめを見てるみたいで、こういうのを見て楽しむことができない。
受けが攻めをけなすのはいいんです、気のない相手に口説かれてコテンパンに断るのは道理だと思うので。でも萌えられなかった。受けの父親や定食屋のお客は面白かったですが。

ほかに同時収録が2点。幼なじみの再会ものと、飼い犬が人間になって魚屋を営む受けを手伝ってく続きれる話。
幼なじみものは、そもそもどうしてお互いがお互いを好きになったのかがあまりよくわからなかった。小さい頃にしたキスを忘れられないって、えっその程度でノンケが男とくっつくの? と思ってしまいました。
飼い犬×飼い主の話が中ではいちばん面白かった。犬のクロがアホで健気で可愛い。エッチは本番がなかったので受け攻めは推定ですが、このカプのエッチが見たかったな。
評価としては、表題作が中立、幼なじみものが萌、犬×飼い主が萌×2です。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ