勇者IN魔王んち

yusha in maounnchi

勇者IN魔王んち
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神18
  • 萌×211
  • 萌1
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
141
評価数
34件
平均
4.3 / 5
神率
52.9%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
プランタン出版
シリーズ
Cannaコミックス(カンナコミックス・プランタン出版)
発売日
価格
ISBN
9784829685761

あらすじ

最強魔王×最弱勇者!
デビュー作「りんご、木から落ちる」(リブレ出版刊)で注目を浴びた犬時&笑平の最新作!!

不老不死で最強の魔王・ウィスペドの元には、
毎日のように勇者が戦いを挑みにくる。
しかし、戦いたくもないのに魔王として生まれ、
死ぬこともできないウィスペドの心中はいつでも孤独だった。
そこに、ある日現れた勇者・トゥルー。
ヘラヘラと笑い、武器も持たずに丸腰でやってきたトゥルーをウィスペドが成敗しようとすると、
「王様のお城に住ませて」と勇者としてあるまじきお願いをしてきて……!?

表題作勇者IN魔王んち

魔王ウィスペド・ストリング
勇者トゥルー・テアレハ

評価・レビューする

レビュー投稿数9

ひとよりやさしいまおうさま


やぁ…っと読めた & 読めてよかった〜〜!!;//;
近くの本屋さんでは売り切れてしまいまして
前作から大好きで今作もハマること間違いなしだなぁと思っておりました。魔王×勇者だなんて…!最高でした。笑って、泣いて。胸が痛くて。本当買ってよかった…
何度も読もう…

当たり前ってなんだろうって、考えさせられます。
それが当たり前じゃない、抜け出そうとしている新しい何かや誰かを傷付けて、誰の為でもなく、誰を助けるわけでもなく在るんじゃないかって。当たり前はどこか言い訳っぽくて、生きているのが当たり前、だから死んでも当たり前、なんて悲しくて。大切なひとが死んでしまってそれを受け入れる為に当然のことなんだと自分に言い聞かせるような言葉だと感じました。なければ、生きていることに強く強く感謝して、もっと沢山のことを大切に思えるはずなのに。

魔王と勇者感じ方は違えど読んでいてつらい過去を経ていました。ひよこの件が(あるのですが)…結構キツかった…!
BLとしても素晴らしかったですが、いい意味で?魔王、すごくすごく受けっぽく笑 だからこそハマったのだともいえます。勇者が自由奔放続きだからかな…なんだかんだずっと(周囲の微笑ましい反応もありつつ笑)手を焼いてあげていた魔王が愛しくて愛しくてですね。良い奥さんのような笑 そんな攻めも素敵です…‼︎
まさかの手コキもじっ…と見守りました。(きゅんきゅんしました)()


BL抜きの道徳的にも絵本にして小さな子たちに読ませてあげたいくらいでした。逆にいえばだからそこに恋愛要素が加わったことでこんなにももえるのか…と。うん…素晴らし…笑

犬時さんと笑平さんのお話を、もっとずっと読みたいと改めて感じた作品です。

ありがとうございました。

2

悪くないのに…

絵柄を見て避ける人がいるなら勿体ないよ! 魔王だけど人間なんかよりも心の優しい者じゃないかな。 そんな孤独な魔王のもとに不思議な勇者が現れた。でも魔王に戦いを挑むのではなく、お城に棲みたいからという理由。この勇者もかなり訳ありで孤独な人だけど凄くポジティブで天然、そして無垢。だけど魔王の心の隙間を埋めてくれるのに凄くいいと思うよ。魔王は魔王でこの勇者にいろいろと教えてあげればいいし、勇者は勇者で魔王にいろん体験をさせてあげればいい。途中で勇者が死んじゃった時は魔王の孤独がまた始まるのかと思ったけど、生き返って魔王と同じような身体になったから、これからも一緒にいれるなと一安心。後日談で2人が少しずつ恋愛感情込みで近づいていく話が読みたいです。

1

好きな人はとても好き

タイトルでビビッときて購入。
絵が独特なので、苦手な人がいるかもしれませんが、私はとても好きです(*^_^*)

わんこ受が好きなのもあってか、勇者が最初っから可愛くて可愛くて仕方なかったです。
魔王の変化も見ていて面白かったし、あと脇役もしっかりキャラがたっててよかったです。


恋愛的にはまだまだスタート地点という気も……続編が出てくれないかなぁーって期待してます。

2

買って読んで良かった!

試し読みで気になって購入しました。

とても良かったです。久々にヒット作に出会えたと思えるお話でした。
純粋無垢な勇者と不死身な魔王様とのやりとりがギャグ調で展開するのでサラサラっと読めました。
勇者の真っ直ぐな言葉や行動に魔王様が翻弄されていく姿は見ていてほっこりしました。悪人顔なのに可愛すぎる、と。
魔王様が勇者の下のお手伝いをするシーンはソフトな行為なのになんだか艶めかしくてドキドキしました。
このままほんわかした展開で終わるのかと思いきやのまさかの展開には思わず涙が・・・

魔界の執事や中ボスなどなどメイン以外のキャラクターも魅力的でした!
絵が独特なので好き嫌いが分かれるかと思いますが、個人的には大好きな絵とストーリのマッチングで満足な1冊でした。
もっと2人がラブラブになった続編が出てくれれば嬉しいです。

2

最強魔王×最弱勇者

数多の勇者に挑まれるのが日課の魔王のもとに、ある日妙な勇者がやってくる。魔王を倒そうとしない勇者・トゥルーは、まるっきり魔王に敵意を持たず、そればかりか行くところがないので城に置いてくれと言う。そのまま住み着いてしまったトゥルーの天真爛漫な言動に、人から害されるばかりで、不老不死のため死ぬこともできず孤独だった魔王の心も癒されていく。しかし原因不明の病に倒れたトゥルーはそのまま死の床についてしまい…。


おバカなギャグの中に切なさのあるファンタジーでした。何もしていないのに存在自体が人から疎まれる魔王と、人並み外れた怪力を持つがゆえに人から疎まれてきた勇者。どちらも孤独で、でも寂しいとも口に出せなくて、そんな2人が出会って距離を縮めていくのにきゅんきゅんしました。
まっとうに親から育てられなかったので、普通の知識もなく、性的な知識もない勇者。夢精しちゃって魔王に相談に行くのなんてもうおかしいやら萌えるやら。「夢精だ」「無精卵?」「夢精は有精だ」って会話に地味に吹きました。

挿入はないのですが、帯や、作者さんのコメントによると魔王×勇者だそうです。ぜひとも今後が読んでみた続きいけど続編は出ないのかなぁ。

3

ファンタジー世界に入れなかった

笑平・犬時さんの新作楽しみにしていましたが、個人的に魔王×勇者という題材にあまり惹かれませんでした。
なぜかというと、魔王と勇者で広がる世界が狭いと感じるからです。お話のパターンがなんとなく想像できてしまうというか。
読んだ後も、想像したものとあまり大差なかったという印象でした。

魔王ウィスペドは、人間の恐怖心から一方的に魔王にさせられてしまったような魔王らしくない魔王です。
勇者トゥルーと似ている部分も多いです。
突出した身体能力が似ていて、それによる孤独も似ているからです。
なので寂しさを知り尽くしているウィスペドが、トゥルーの持つ孤独に心を寄せることも理解できました。

勇者トゥルーは、身体的な能力によって恐れられ孤独に育ったため、生まれたてのひよこのような純粋無垢な人物です。
住む場所を探していたら魔王の元にたどりついただけで、勇者の活動は一切していないし、きっと正義という概念もありません。
読んでいるかぎりでは何者でもない人物に見えます。
勇者らしくない勇者というよりも、勇者と呼ぶことに無理があるし必要性も感じませんでした。
なので、個人的に「魔王続きと勇者」という提示はちょっと余計なものに感じてしまいました。

物語に入ることができなかったもう一つの理由は、絵柄的な問題も大きかったです。
前作は、平凡な日常世界を舞台に笑平さんの個性が大暴れしているような魅力を感じたのですが、
今作は賑やかなファンタジー世界と太くてゴリゴリの線がケンカをしているようで煩く感じてしまいました。
とはいっても、登場人物の表情は凄く魅力的で感情などの内面がダイレクトに伝わってきました。
これからもも楽しみにしています!

4

笑った、泣いた、和んだ〜

ちるちるのインタビュー記事を読み、面白そうだと思い購入しました。
結果、どストライク!
買ってよかった〜、ちるちるさんインタビューしてくれてありがとう‼︎


一冊まるまる勇者トゥルーと魔王ウィスペドくん(トゥルーだけがくん付けで呼んでいる)のお話です。
トゥルーは一言でいうと純真無垢なアホの子です。
そうなってしまったのにもしっかりと理由はあるのですが、それは是非読んでいただければ。
そして、トゥルーの魔王さまの呼び方の「王さま」→「ストリングさん」→「ウィスペドくん」という距離が縮まってるなぁと実感できる変遷がよかったです。
逆にトゥルーはあまり名前で呼ばれることはなく、魔王さまからは貴様とか魔王さまの側近のステイからはガキとか呼ばれていて少し可哀想だった…
が、こういう状況だったから魔王さまが初めてトゥルーを名前で呼ぶシーンがとってもグッとくるものがあり、泣きましたね。

魔王さまのキャラは一言で表すのは難しいのですが、トゥルーに対しては大体いつも怒ったり呆れたりしているけど最後はなんだかんだ優しく接してくれるとってもいい人(?)です。
そういう性格のキ続きャラクターは割と色々なお話ででてきますが、この魔王さまは違っていいなぁと思ったところは、辛い過去と千年を生きてきた孤独さ故のどこかアンニュイな雰囲気があるところです。
そしてなによりこの絵柄がそのアンニュイさをよく引き出しているなあと強く感じました。
ほんとーにこの絵がいいんですわ。
太い線でしっかり描かれた絵がこの世界観にすごくマッチしています。
多分線のほそーい絵だったらここまで面白く感じなかったと思います。

他にもたくさんよかったところを書きたいのですが、いちいち全部書くのは野暮というか書く技量がないので、ぜひぜひ読んで頂きたい‼︎
インタビュー記事をみて少しでも興味を持ったら、ぜひ、その直感を信じて下さい!
ただ、エロを求める方には残念ながら合わないお話です。
エロはインタビュー記事に載っている手を貸してあげるシーンくらいです。
その後はベロチュー止まり。
けど、このお話はエロなしでもというよりむしろエロなしで、2人のハートフルな関係を楽しむ物語だと思います。
一冊で綺麗にまとまっていて、この2人はこの先そりゃもう長〜い年月をこの調子で仲良くやっていくんだろうなと思えるラストでした。

原作の犬時さんはこれが最後の作品ということでとても残念です…
またお二方の作品読みたいと切に願います。
とりあえず私はお二方の前作を買いにいこうと思いました。


###追記###
作画担当の笑平さんのpixivを見たらコミック発売告知のところに勇者と魔王さまのコバナシがいくつかありました!
今までどこかにあげていたものなのかは分からないのですが、またこの2人が見られてよかった〜
漫画を読み終えたら見るべしです‼︎


6

BL界の最強襲来

帯に最強(魔王)VS最弱(勇者 ある意味最強)と書いてありました。

確かにと納得。

もう、話も絵も逸材。BL新境地開けました。

もっと、ぶっ飛んだ内容かと思ってました。ギャグ系の。
読んでみると切ない感じで和やかにもなる話でした。

強すぎる力を制御できずに物を壊しまくりで嫌われものの勇者。

同じく力を制御できずに殺したい訳じゃないのに人を殺してしまう魔王。

でも、魔王は制御できるようになる。
でも、今までの事があるから悪者扱い。

BLじゃなくても面白い話だと思うけどBLじゃなかったら出会ってなかったよね。

個性的過ぎるイラストだけど、魔王もかっこよくみえるし、勇者も可愛いくみえる。
思った以上に萌えました。

魔王のマントをバサーッてするのがかっこ良かった。

マントをバサーッて。

あと、魔王の体が真っ二つになって内臓飛びっちって時間かけて元に戻るシーンがある。

勇者が内臓かき集めてる。
ちょいグロさもあるね。

幼い頃の魔王が友達になれたヒヨコを握り潰しちゃうシーンがあります。
人間に怒られてビックリし続きた勢いでなんだけど…悲しかったな。
まあ、魔王が一番悲しかったと思うけど。

側近のステイも中ボスのラストもみんな良いキャラでした。

欲を言うともうちょいエロさ盛り込んで欲しかった。
セックスシーンはなかったんだけど、寝ている勇者のおちんこを魔王が射精させてあげるシーンとかエロかったので。
この内容にそのエロさプラスされると自分的にはもっと楽しめたと思います。

二人がちゃんと好き同士になって恋愛してる感はないです。
最後、キスはしたけどこれからって感じです。

4

純粋に原作と作画に分かれているとすると

こちらの作品読んで驚き、
どうやらお二方に分かれて作られているようなんですが
いやはや、すばらしいです。
なんというか、原作と作画どちらも本当に素晴らしいと感じました。

ストーリーは、笑いあり、オチあり、軽快でかつ良いお話で
作画はその世界観をくずさず、見ていて楽しく、面白くキャラクターが描かれているのです。
読んでいただければ、この意味がわかると思うのですが、
シンプルにBL、ひいてはマンガを楽しめる作品だと思います。

絵重視の方や、グロ表現(多少ですが)が苦手な方にはオススメできませんが、BL初心者にもオススメできます。


4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ