ビューティフル・ガーデン 書き下ろしペーパー

beautiful garden

ビューティフル・ガーデン 書き下ろしペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
ビューティフル・ガーデン(但フェア店購入時のみ)

商品説明

文庫発売記念
フェア店限定配布書き下ろしペーパー
攻様視点で2人が知合って三週間後のある日の出来事になります。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ワイン買って倫を訪れた際の伊東視点の話です。

まだ知り合って三週間目のセフレ関係だった時のお話です。
本編では倫視点の場面での伊東視点からの前後を含めたお話です。

金曜日の午後、伊東が倫に仕事のスケジュール確認のメールを送った。その文末に
「今日のご都合はいかがですか」と添えて。
しかし送った後に、なぜ公私混同をするような事をしてしまったのか、呆れてもう会わないと言われるのではないかと気をもんでいた伊東でしたが
しかし、すぐ倫から返事がきて、その文末に
「9時以降でお願いします」という一文にほっとし、夜には会えると、嬉しくなります。

倫の所へ行く前に食品売場でワインやチーズや惣菜を買い求めますが、伊東は当たり前のように倫と一緒にワインを、あけて金曜の夜を楽しむつもりでいるという事と、倫はそんな事を望んでいないのではという可能性に思いあたります。

初めて自分の本当の欲求に応えてくれる相手ができて、浮かれている自覚があるものの、深みにはまるような交流はしない方がいいとわかってもいる。
でも、もう少し倫の事を知りたいし、自分の事も知って欲しい。
…何の為に?

一生懸命なにげないふうに装いぶっきらぼう続きに話す伊東が自分の気持ちの変化に戸惑いながら、何かが変わる予感をしっかりと感じている様子が、倫の部屋に訪れた際の伊東視点で書かれたお話でした。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ