松文館ハードセレクトアンソロジー6 そこのアンタ、メガネ好きだろ?

soko no anta megane sukidaro

松文館ハードセレクトアンソロジー6 そこのアンタ、メガネ好きだろ?
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
媒体
コミック
出版社
松文館
シリーズ
ダイヤモンドコミックス(コミック・松文館)
発売日
価格
ISBN
9784790113713

あらすじ

オレが欲しけりゃその手で抱きな!!
ガマンは身体に酷なのです。(裏表紙より)
(194ページ)

表題作松文館ハードセレクトアンソロジー6 そこのアンタ、メガネ好きだろ?

同時収録作品まきばのうた/BENNY’S

ヨネ,受け様の従兄弟
シン,大学受験に失敗した都会っ子

同時収録作品echo/みゆき朗

竜,学生
はじめ,学生

同時収録作品秘恋/朱央晴美

東谷,高校生
岬,数学教師

同時収録作品father/井ノ本リカ子

複数
神父

同時収録作品恋愛成就EX/十泉鷲矢

先生
ひかり,生徒

同時収録作品ディナータイムはまだこれから/ムツキカノン

敬市,洋食屋のシェフ
真木,敬市の洋食屋に勤めるシェフ

同時収録作品ヒカリ/鹿島アヤコ

大輝,バレエダンサー
川添

その他の収録作品

  • Death Markー死斑ー/水原ちひろ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

H重視

表紙にもありますが、総眼鏡受特集です。
全部で8人の作家さんが読み切り短編を描かれてます。
可愛いほのぼのとした作品もありましたが、全体的にはH度が高い作品が多かったです。
印象強かったのはやはり井ノ本リカ子さんの「father」、朱央晴美さんの「秘恋」、そして私は初読み作家さんだったのですがムツキカノンさんの「ディナータイムはまだこれから」でした。
井ノ本さんはHが一番ハードだったのですが、恋愛感情の描写がやはり少な目かな~と感じました。
ほのぼのとした作品のBENNY’Sさんは、途中から時間がなかったのかな?と思えるようなネームみたいな感じになってたのが残念でした。
Hを読みたい時にはまあまあいいかもしれません。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ