王子と従者の方程式

ouji to jusha no houteishiki

王子と従者の方程式
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
7件
平均
2.4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥639(税抜)  ¥690(税込)
ISBN
9784864368643

あらすじ

派手な容姿でモテモテな恭は、地味な幼馴染・満に子供の頃から片想い中。満への独占欲はひた隠しにし、さりげなく彼に近づく輩を排除してきた。しかしある日、急接近する女の子が現れ、恭は我慢の限界を迎えてしまい――?

表題作王子と従者の方程式

日向恭 大学生
寺橋満 大学生 幼なじみ

同時収録作品おまえは全部、俺のモノ

西条晃 22歳 サラリーマン
拓也 22歳 サラリーマン

評価・レビューする

レビュー投稿数2

同じような話が…

小学校のときに出会って以来、満(受け)だけを想っているイケメンモテ男の恭(攻め)。ともに大学生になった今でも、日々満を甘やかし、優先させている。甘やかしすぎて手を出しそびれているのが唯一の誤算。そんなある日、満を狙っているらしき女生徒が満にくっついているのを見て、思わず罵倒してしまうが…。


これが表題作なのですが、もう一本入っていた同時収録作もほぼ同じ設定でした。ちなみにそちらをあらすじにすると、
「中学校のときに出会って以来、受けだけを想っているイケメンモテ男の攻め。ともにサラリーマンになった今でも、日々受けを甘やかし、優先させている。そんなある日、受けとともに参加した合コンで、受けを狙っているらしきOLが受けをお持ち帰りしそうになり、思わず制止してしまうが…」
となります。(笑)

入っていた話が似ていてもあまり気にしないタイプですが、これはあまりに同じで、設定ごっちゃになってわからなくなるレベルでした。お好きな設定なのでしょうが、いくらなんでももうちょっと区別をつけてほしい…。

気を取り直して表題作。
受けがひたすら攻めに甘やかされています。その後くっつ続きくのですが、くっついたあとの続編で受けはふと「あれ? 俺攻めがいないと何にもできなくない?」と思い立ちます。そして自立せねばと攻めを邪険にします。
私、個人的に、この展開がすごく苦手でして…。だって今まで散々お世話になっておいて、自分をかまう攻めに「おまえはやりすぎなんだ!」とか「これじゃ俺何にもできないじゃないか!」って文句たれるのって、あまりにも自分勝手じゃないですか?
せめて「今まで世話してくれてありがとう、これから自分でも頑張ってみたいから、ちょっと見守っていてくれる?」くらい言えないもんですかね。
そんなかんじで、受けを好きになれなかったので萌えからは遠かったです。

こちらよりは、同時収録のほうがまだよかった。設定は同じですが、こちらの受けは天然ぽややんなようでちょっと腹黒な面があり、ひねりがありました。
表題作がしゅみじゃない、同時収録が萌で、平均して中立です。

3

過保護すぎるのも引きます

2つのお話が入っておりますが、どちらも世話焼きの攻めと可愛い受けってタイプです。
表題作の『王子と従者…』の方は、王子様キャラの恭が物凄く世話焼きで、小学生の頃からずっと満の可愛さに気づいていて、閉じ込めたいくらい独占したいってストーリーです。恭の満を想う気持ちはひしひしと伝わってくるんですが、満も気づいちゃうくらい恭の世話の焼き方が過保護なお母さんみたいで、私個人的には、ちょっと引いてしまいました。こうなると好みの問題ですが、男の子として、少しくらいだらしなくてもずぼらでもいいけど赤ちゃんみたいに依存してる描写はちょっと興醒め。
もう一つの方は、同じ世話焼きの攻め×それにされるがままに後をついていく受けと言う構図ですが、ちょっと小悪魔な所も持ち合わせています。なかなか自分に好きと言わない晃(攻め)にしびれを切らした拓也(受け)が女の先輩といちゃいちゃして嫉妬させるのです。こちらのお話は1話分しかなかったのですが、個人的には、こちらの方が好きでした。表題作の方も途中で受けの満がこのままじゃいけない!と気づくのですが、結局は元通りの関係になってしまうし、ちょっと小悪魔要素のある後のお続き話の方が男の子同士って感じで萌えました。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ