麗しき隷人

uruwashiki reijin

麗しき隷人
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×26
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
75
評価数
23件
平均
3.4 / 5
神率
17.4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784801906495

あらすじ

「私の話し相手になるのは嫌ですか?」。これは、お願いでも提案でもない、脅迫だ…。没落した華族の末裔である綾之杉桜海は、姉の起こした事件の「慰謝料」として、若き大富豪・久堂崇仁に仕えることになる。桜海の仕事は、秘書や執事ではなく、崇仁の心を慰めること―。常に品行方正な崇仁は、なぜか桜海と二人きりの時にだけ、その裏の顔を見せる。「今更、話し相手で済むと思っていないだろうな」。本性むき出しの崇仁に、毎日のように身体を弄ばれながら、そこに隠されている真実に気づいてしまう桜海だが―?

表題作麗しき隷人

久堂崇仁,姉の元婚約者でグループ企業の総帥,30歳
綾之杉桜海,没落した華族の末裔,18歳

その他の収録作品

  • 麗しき隷犬
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

この子、単なる健気受けかと思ったら…

この話は、没落していても華族の体裁を捨てきれない綾乃杉家の息子・桜海の一人称で進行していく。
次に何が起こるかって出来事や経過を追っていく形式と違い、桜海の胸中で感情が渦巻いている様子がじっくりと味わえた。

結婚前の姉が不始末を起こした償いとして、婚約者の話し相手兼慰め役という名目で身体の関係を強要させられるって話なのだが…。

最初は、現代ものなのに華族の家柄を重んじる価値観に時代錯誤を感じていたのだが、これが攻め・崇仁と桜海との奇妙な関係に嵌まっていると後から気付いて、逆に感心させられた。
周りが口を挟めない主従関係が色濃く打ち出されている。

姉の身代わりという役目を健気にこなそうと頑張っていた桜海が、いつの間にか崇仁に身体やプライドを蹂躙される事に喜びを感じるようになっていき、知らないうちにご主人様によって従順な隷人に躾られていく。
元から桜海にはそっちの素質を持っていたのを昔から崇仁達が見抜いていたとか、婚約破棄までの経緯が巧妙に仕込まれていたって種明かしが、犬飼さんならではの意表を突いた展開で、さすがだと感じた。

この状況でどこから崇仁を愛しいと思続きえるようになったんだろうって肝心の所が分からなくて引っ掛かるが、SとMの関係となると事情が違ってくるのどろうか?
桜海が満足しているならば、それでいいのかもね…

ちなみに巻末の番外編では桜海が犬(ドーベルマン)のコスプレでご主人様を楽しませているが、個人の欲を言えば3P展開が見たかったな~(笑)。

0

昼ドラを楽しむ感覚で

2011年刊行の『華族花嫁の正しい飼い方』の新装版。
タイトル、人物名、ストーリー等大幅に変更され、旧版に比較し暴力描写の薄い甘い作品となっているようです。

舞台は現代で、没落華族の末裔で大学生の桜海(受け)が主人公。

資産家の崇仁(攻め)と結婚する筈だった姉が、崇仁の弟との子を妊娠。
崇仁の希望で、姉そっくりの桜海が身代わりに。
表向きは崇仁の「話し相手」として彼に仕えますが、実態は彼の性奴隷と日々陵辱の限りを尽くされるというエロエロ調教モノです。

縛られ犯されたり、顔射され便器扱いされたり、人格を否定するような言葉を吐かれたり…と酷い扱いを受ける桜海ですが、興味深いのは、彼が崇仁の仕打ちに傷つくと同時に悦んでもいること。
物語途中から「あれ?何かこの子おかしい」と違和感に気づくと、二人が割れ鍋に閉じ蓋の相性抜群のSMカップルであることが理解できます。

崇仁はブレのない鬼畜攻めで、実は桜海のMとしての素質に幼き頃から目をつけていた執着攻めでもあります。
物語序盤、桜海のおどおどした態度に苛ついていたかに見えた崇仁ですが、そんな桜海を詰り虐めることこそ続きが彼にとって最大の愛情表現。
そのことが如実に感じられる崇仁視点の書き下ろしSS(犬プレイ!)は、笑える上に彼なりの桜海への愛情も感じられて面白かったです。

ドS崇仁を筆頭に、ヒロイン気取りの桜海の姉や、崇仁の更に上を行くドSの弟など、メインからモブに至るまでまともな人物が一人としていない作品世界。
しかし、桜海自身が根っからのMということもあり悲壮感はなく、ここまで突き抜けていると逆に楽しく読めました。

ただし、他のレビュアー様も書かれていますが、現代日本で旧華族だ何だと大騒ぎする世界観に時代錯誤の感は否めず。
メールやスマホ、白ココアといった単語が出てこなければ大正あたりの作品と言われても違和感はなかったと思います。
昼ドラや韓流を鑑賞するときのように、現実離れしたキャラクターや展開にツッコミを入れながら楽しむべき一冊かと思います。

ファンタジーや特殊設定の物語をよく書かれる犬飼さんですが、現代日本が舞台だと、登場人物のオーバーな言動やベタな悲劇展開が良くも悪くも舞台から浮いてしまい、コミカルな印象をを残すということが分かりました(狙ってのことかもしれませんが)。

新装版で読めて良かった、とまでは思いませんが、いつもとは趣向の異なる犬飼作品に出会えたことは収穫でした。

6

タイトルに偽りなし

2011年刊の本を改題・人物名と設定変更・文章の修正をして新装版として出されてます。原本より暴力シーンを削って甘くしたそうで、読みやすい本になってます。題名から想像するよりSMシーンはソフトだし、根底には愛情があるのでハッピーエンドです。
本編では主人公の桜海とドーベルマンの係わりがないのですが、書下ろしのSSで散歩シーンがあってカワイイです。また本編の謎も解けて美味しいSSです。
1冊完結とあっていつもより物語性が低めなのは残念ですが、その分犬飼先生初心者の方にはいいと思います。

3

偉そうな攻めが好きになれず。。

犬飼先生大好きなのですが、今作は期待していたほどではありませんでした。
傲慢攻めは数あれど、ここまで偉そうは攻めは嫌だなーと思ってしまいました。
もう少し受けのことを思ってハラハラしてしまったり弱いところも見れたりすると好感度上がるのになー。
受けのことを昔から知ってたという話も取って付けたようであまり説得力がなく。。
そんな昔から狙ってて、初夜でいきなりコレかい?!とツッコミ入れなくなりました。
一方の受けも、奴隷気質すぎて、ちょっと張りがなかったです。
個人的に奴隷物は受けが嫌がらないと萌えない物だなーと自分の好みを知れたという発見がありました。

1

読み応えがあった

「華族花嫁の正しい飼い方」の新装版とのことです。
内容も手直しされているらしく、必然性の低い暴力シーンは削られ全体的に少し甘くなっているそうです。
巻末に攻め視点の書き下ろしSSも追加されています。

伯爵や侯爵などの一族が出てきますが舞台は現代日本です。
華族制度が廃止されて70年たつのに、未だに身分や血筋に縛られている登場人物達になんとも救いようのない哀れさを感じました。
没落華族の末裔である主人公の桜海(おうみ)は、庶民に馴染もうとしない引きこもりがちな家族の中で育ちます。
誰も寄りつかないような寂れた社宅で暮らす綾之杉家。
ある意味「深窓の令息」なのでしょうが、そういった皮肉の書かれ方も凄く面白いなと感じました。
それでも、図書館通いが趣味でアルバイトをしている所などは、両親や姉と違い社会性があると思います。

姉のおこした事件(崇仁の婚約者でありながら、崇仁の弟である稔の子供を身ごもる)で、桜海の運命は大きく変わります。
桜海は、崇仁の要望で崇仁を慰めるために”話し相手”として久堂家へ仕えることになります。
桜海は次第に崇仁とのSMまがいのセックスに続き目覚めたり、崇仁の複雑な人となりを理解していき心も体も崇仁に囚われていきます。
桜海の心境の変化が一人称で語られるので、心を直接覗いているような新鮮さがありました。

久堂グループの頂点に立つ攻めの崇仁は、生まれた血筋、因縁などでガチガチに固められその上に完全武装を施している帝王です。
だからこそ、ただ一途に純粋に愛されたいという渇望も強く、桜海を隷属させることに繋がります。
マゾである桜海の本性を見抜いた上での支配であるため、そこにSM的な愛情と共依存の歪みを感じました。
奇跡的な出会いだからこそ逃がしてなるものかと思うのも分かります。
お互いの胸のうちを理解してからの2人の主従関係はひたすら甘く感じました。

登場人物達のエゴや狡さも巧みに描かれて、なおかつ理解もできとても読みごたえがありました。
巻末の崇仁視点のSSは、桜海のドーベルマンコスプレという物で、シリアスな本編とのギャップに驚きました。
崇仁を慕う気持ちが止まらない桜海と、主人然としているけど内心ではデレデレな崇仁様でした。w

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ