「誑惑の檻―黒皇の花嫁―」初回限定特別SSペーパー

kyouwaku no ori

「誑惑の檻―黒皇の花嫁―」初回限定特別SSペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
誑惑の檻―黒皇の花嫁―

あらすじ

四つ折りペーパー
帯に封入の記載あり(無くなり次第終了)

内容:本編後の番外編。
記憶を取り戻した凛は、壯一郎の計らいでチャイナドレス姿でパーティーに出席し…

表題作「誑惑の檻―黒皇の花嫁―」初回限定特別SSペーパー

嵩原壯一郎
緑川凛

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ラブラブ年の差カプに落ち着いた二人

本編後の番外編。

記憶を取り戻し、女性ではなく緑川凛という一人の青年として生きるようになった凛。
ある日、壯一郎の提案で、組織関係者が集うパーティーにチャイナドレス姿で出席することに。

絶世の美女に中国茶を振る舞われ来場者は夢見心地。
壯一郎と並んだ姿は絵のように美しいですが、本人は以前にも増して気が強く、ちょっとツンデレ?
壯一郎をエロオヤジ呼ばわりしているのが笑えます。

今までは女性として、本当の自分を押し殺して生きてきた凛。
そんな彼が、壯一郎に気を許し自然体でいる姿が幸せそうで良かったです。

壯一郎も年下の恋人にデレデレで、紆余曲折あってラブラブに落ち着いた二人に幸せな気持ちになれる番外編でした。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ