恋するナルシスト

恋するナルシスト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
オークラ出版
シリーズ
アイスノベルズ(小説・オークラ出版)
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784872788396

あらすじ

超人気スターの瀬名司。実は彼は未だ童貞だった…。しかし彼にも恋人(男)ができて悩みは解消され…!?「純愛ナルシスト」の続編です

表題作恋するナルシスト

マネージャー兼事務所社長・守島
超人気タレント・瀬名

評価・レビューする

レビュー投稿数2

愛すべき鈍感

面白かったー。
「純愛ナルシスト」の続編ですが、色んな意味で前作よりも更にパワーアップしてました。切なさもユーモアも。
メインキャラも脇役も、いい味を出してました。
イケメンのトップアイドル瀬名くんの鈍感さには、笑いを通り越して涙が出ます。イライラする鈍感さってあるんですが、瀬名くんにはそれがない。こういう鈍感さ、めっちゃ好き。
せっぱ詰まってから言った守島の告白も良かったです。そこまでの長いすれ違いでかなり焦らされたぶん、めちゃくちゃキュンとなりました。
続編読みたい。

1

純愛ナルシストの続編

前作で晴れて恋人同士となった瀬名と守島。
しかしラブラブで幸せいっぱいな日々を送るには、
二人とも意地っ張りで素直じゃなさすぎました(特に瀬名が)。

「抱かれたい男NO.1」でありながらも童貞だった瀬名は、
深窓の令嬢なみに性的なことに関しては、無知でピュアです。
ナルシストで美意識もプライドも高いので、
守島となかなか二度目のHが出来ません!
あられもない格好でするセックスに、潔癖な瀬名は抵抗があるようです。

「好きだからやりたい」→「みっともない自分を見せたくない」的な
瀬名の葛藤を読みながら、どこかでこういうキャラを見た覚えがある……と。
思い当たりました。そう、「白鳥麗子」です。
瀬名って男版「白鳥麗子」なんですよね(笑)
そんな瀬名を相手に、お預け状態の守島が哀れです。

今回の作品には、瀬名の姉が登場。
この女が派手で金遣いの荒い自己中の嫌な女なのですが。
最後に意外な胸の内を語り、ああこの人も素直じゃない人なのだ。
やはり瀬名の姉だなぁと思いました。

前作よりコメディ色は少なめで、瀬名の打たれ弱さがクローズアップされ、
続き島も大人なようで子供っぽい。まだガッツリと瀬名を包める程の余裕はなさそうで。
どちらかと言うと痛々しく、せつない雰囲気のお話しでした。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ