「小さな君の、腕に抱かれて」購入特典書き下ろしペーパー

chiisana kimi no ude ni dakarete

「小さな君の、腕に抱かれて」購入特典書き下ろしペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
小さな君の、腕に抱かれて

商品説明

ペーパー配布店舗は新書館HPより確認できます
無くなり次第終了

タイトル:「さよならの行方」
公園のアイルランドフェスタで、奏一と祐貴は峰崎俊司と再会し…

評価・レビューする

レビュー投稿数1

奏一がさよならしたい相手は…

奏一が峰崎とキスしたことを根に持つ祐貴。
ベッドでたびたび甘く責め立てられヘトヘトの奏一は、ある日祐貴に誘われ公園で催されるアイルランドフェスタへ。
そこで峰崎と巴に偶然再会し…という話。

奏一を律儀に「元わたしのパヴァロッティ」と呼び、奏一と峰崎のキスの様子を詳細に祐貴に語る巴がやはり良いキャラ。
峰崎に対抗心むき出しで、峰崎も大人気なく言い返しているところが面白かったです。
峰崎と巴のキャラが濃すぎて、メインの二人がやや霞んでいるような?

それはともかく、ますます嫉妬に燃える祐貴に今後もドロドロに愛されそうな奏一でした。

「さよならの行方」なんてシリアスそうなタイトルの割に、中身は奏一受難ともいうべきコミカルな内容で、意外性を楽しめるSSでした。

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ