視線の先の甘い罠

shisen no saki no amai wana

視線の先の甘い罠
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
30
評価数
10件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
バーズコミックス・リンクスコレクション(コミック・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344836433

あらすじ

ヤケ酒で悪酔いしていたのを、通りすがりの青年・泰鷹に介抱されたビル清掃員の智は、勤務先で再会した彼に告白(脅迫)されて…!?

表題作視線の先の甘い罠

橘泰鷹 25歳 会社員
宮下智 29歳 清掃会社社員

同時収録作品アダルトアシスタント君。

澤畠雅紀 AVプロデューサー
菊地芳文 21歳 ゲイバーの店員 攻めのアシスタントに

同時収録作品指先にキス

工藤 音大二年生
川島祐二 音大二年生

評価・レビューする

レビュー投稿数2

澤畠さんのむっつり具合がいい

個人的に表題作品よりも二番目のお話のほうが好きでした。
AV制作会社のプロデューサーとバーの男の子きくちゃんのお話。
この男の子がなんだか小動物系で可愛い♥
レビュアーのはるぽんさんも書かれていますが
攻めの澤畠さんが黒髪の普通のサラリーマンに見えて、エッチ系の映像を作っている人だと言うのも意外でした。しかも、コスプレ好き。お仕事にかこつけて、きくちゃんにいろんなコスプレをさせて、いろんなポーズをとらせるのですが、それをブルブル震えながらも健気に頑張るきくちゃんと真面目な顔をして、きくちゃんに近づいている澤畠さんが面白かったです。雨の日に傘を持っているのに澤畠さんの傘に入って帰るシーンではきゅんとしました。

1

絵が綺麗でした

面食いで男運の悪いゲイ・智(受け)は、やけ酒で具合が悪くなったところに行き合わせたイケメンサラリーマン・泰鷹(攻め)に介抱される。後日、清掃に入っている会社で泰鷹に再会したが、智がゲイであることを知った泰鷹は「バラされたくなければ自分の恋人になれ」と脅してくる。イケメン好きのせいでこれまでに痛い目を見てきた智は、相手の本意がわからず戸惑うが…。


絵は綺麗でしたが、いろいろあっさりな話でした。
こうなるかなーと思ったとおりに展開する印象で、新鮮味がなかった。あと攻めが受けを好きだった理由も弱い気がします。受けが攻めを好きになった理由に至っては顔だけのような気もします。
本編ではエロがなく、書き下ろしの短編で本懐でした。

同時収録が二本、うち一本はAV制作会社のプロデューサーが攻め、ゲイバーで働く店員が受けです。
この話がいちばん可愛くて面白かった。受けがビクビクしてる小動物系で、攻めは結構純情。真面目そうでエリートみたいな感じなのに、なんでこの攻めがAV作ってるのか気になりました。

もう一本は音大生同士の話。これは突っ込みどころが多かった。これと表題作が中立、続きAVプロデューサー×バー店員の話が萌評価です。ただ絵が綺麗だったので萌評価で。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ