リバーサイドベイビーズ

river side babies

リバーサイドベイビーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×212
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

173

レビュー数
5
得点
82
評価数
25件
平均
3.4 / 5
神率
4%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784403523984

あらすじ

ワケアリで河川敷の小屋で暮らす高校生・三丈と、その悪友で体力バカの多真上。
腕っぷしの強い二人は川原の住人達の用心棒をしつつ、喧嘩上等な毎日を送っていた。
ある日、わりのいいバイトを探していた三丈は、多真上と共に女装でキャバクラの面接に臨む。
一目でバレた多真上に対し、三丈は見事採用。
疑われるどころか贔屓客もつき始め、貢ぎ物までもらってご機嫌の三丈だが、多真上の様子がおかしくなり……?

喧嘩上等、おバカ高校生同士の川のほとりの恋物語!!

表題作リバーサイドベイビーズ

多真上廉,受の悪友でクラスメイト,17歳
三丈暁良,河川敷の小屋に住む高校生,17歳

その他の収録作品

  • リバーサイドベイビーズは情緒不安定
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

おや? σ(・∀・)

イマイチ萌えないまま読み終えました。

高校生でホームレスってどういうことなんだろう、未成年の男の子が女装でキャバ嬢やっててバレないってマジか、とか理詰めで考えちゃダメで、言うなれば「スワロ●テイル」的世界観…いや、あそこまでファンタジーではなくても、どこかちょっとゆるい世界の物語のように楽しめばいいのだろうとは思ったのです。思ったのですが、残念ながらそのテイストに馴染めませんでした。

無意識ながら自分だけのものだと思っていた存在が他の誰かに取られそうになって初めて恋情に気づく…という展開は結構好きでした。

1

橋の下

タマが「勉強してサラリーマンになりたい」といったときには
うっかり何このかわいい子ww
と思ってしまったのは私です。

売られたけんかは買う。
ケンカ上等のケンカっぷるなお話ですな。
等身大な感じがすごく好き。
冒頭の「サラリーマンになる」宣言もそうですが
化粧を勉強してもっと上手になればキャバクラに採用されて
ミケと一緒に働けるとおもっているタマがカワイイ。
気絶したミケを強姦してしまうアホな男ではあるのですが
そのアホな男にけっきょく絆されてしまうミケも
すごくかわいいと思えてしまうのです。
というか、ホントは俺大事にされてたんだなって気づくシーンが好き。
もっとあまあまでドロドロな未来希望であります。

1

さらっと読める、若さあふれるおはなし

喧嘩好きの高校性コンビ、ミケタマこと三丈と多真上。

なんと三丈は河川敷の橋の下でホームレス生活をしています。
喧嘩が強く一帯の治安を守り、ホームレス仲間から慕われてる高校生って(笑)

そしてその三丈といつも一緒にいるのが、同級生の多真上。
家はお金もちなのにこちらも家族とは訳あり。

とにかく二人ともお馬鹿で会話から若さを感じます。
そして自分の感情に真直ぐ。
すぐ誤解して思考だけが先走っちゃうバカップルですね。

話は三丈(受)視点で、多真上にほだされていく様子が可愛いです。

0

高校生同士の喧嘩上等カップル

訳あって、ホームレスが集まる河川敷の小屋に住んでいる高校生の三丈(受け)。腕っぷしの強い彼は、悪友の多真上(攻め)とふたり、ホームレスたちの用心棒のようなことをしている。ある日、キャバクラのバイトは時給がいいことを知り、ふたりして女装で面接に臨んだところ、180センチ台後半の多真上は門前払いだったが、中性的な美貌の三丈は採用される。しかし、贔屓の客までついて、花束やプレゼントを貢がれるようになった三丈に、なぜか多真上の様子がおかしくなり始め…。


いや、面白かったです。喧嘩上等な毎日で、青春活劇っぽいかんじ。河川敷の小屋で暮らしている受けの家庭環境は、受けが明るいぶんかわいそうで、そのあたりが解決されていないのが気にはなりましたが。
ヤンキー青春小説としては楽しかったし、エロはエロですごくむっつり絶倫で楽しめたのですが、攻めの、何考えてるのかわからないレベルがひどかった。最初のエロもひどかった。受けを殴って気絶させて突っ込むって…えーー、と思いました。
まあそれは、その後ちゃんと攻めザマァ展開があったし、誤解が解けた後のエッチはがっつり絶倫でよかったんですけど。あとイラスト続きが雨隠ギドさんで、レアだなーと思いました。エロ可愛くてよかったです。

ただ攻めが訳わからなすぎて、エロ以外の恋愛的な萌えは少なかったです。あと受けのもそうですが、攻めの家庭環境もいまいちよくわからない。ヤクザ系なのかな、とはほのめかされてましたが、どちらの家庭についても詳しい説明をしなかったのはわざとなのかなぁ。

6

ヤンキーの面白すぎる生態

訳あって河川敷の小屋に住む高校生・三丈(受け)と、中学からの悪友・多真上(攻め)は、喧嘩では負けなしのヤンキー二人組。
いつも一緒につるんでいた二人だが、三丈が女装しキャバクラでバイトを始めて以来、多真上の様子がおかしくなり…。

いくら稼げるからと言って、なぜよりによってキャバ嬢になろうと思ったのか?とか、ツッコんだら負け。
底抜けにバカで単純でやりたい放題のヤンキー二人が面白すぎ&愛しすぎて、一気に読んでしまいました。

三丈は、女装しても違和感ない美貌の持ち主ですが、中身は凶暴かつガサツなどヤンキー。
それでいて多真上に押し倒されときめいたり、無理やりヤられて泣いたりする乙女な一面も。
でも立ち直りは早く、悩む前に口や手が出るサッパリキッパリした人物。
リーマン狩りに遭っている男性を助ける男前なところもあり、気持ちの良いキャラでした。

多真上は、大柄で口下手、趣味はランニングと壁上りという脳筋。
女装した三丈が店の客と仲良くしている姿に嫉妬し、その気持ちの正体に気付かないまま彼を押し倒してしまうような直情的な人物です。
三丈とヤるため殴って気絶させよう続きとしたり、
三丈と一緒にキャバクラで働くため秘密裏にメイクの練習をしたり、
いちいち言動が突飛で、思わず笑ってしまいます。

強姦するわ甘い言葉の一つも言えないわで、普通なら最悪の攻め認定したくなるところですが、「ヤンキー」という生き物の一種だと思えば非常に良キャラ。
三丈がまた、メンタルの強さもボケの手数も多真上に全く負けていないので、何だかんだお似合いの二人。
恋人になっても変に甘くならず、男友達っぽさが残っている関係性に萌がありました。

こんな二人が、河川敷の小屋の中でイチャついたり、痴話喧嘩に他校ヤンキーを巻き込んでタイマンで決闘したりするラブコメ。
キャラの台詞だけでなく、地の文でも思わず吹き出してしまう箇所が多く、コメディとして非常に完成度が高い一冊だと思います。

三丈が家を出た理由は一応は語られるものの、そのことについて多真上が何か口出ししたり、家族と和解したりするような展開はなし。
個人的には、ありきたりな感動要素を入れることなく、最後まで明るいノリが貫かれている点に好感を持ちました。

今までに読んだヤンキーBLの中で一番面白かったかも?
いつか続編が読めれば嬉しいです☆

12

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ