志村貴子が贈るニート兄 × ヤリチン義弟のダメ恋BLが待望のドラマCD化。

起きて最初にすることは

okite saisho ni surukoto wa

起きて最初にすることは
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神20
  • 萌×27
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

36

レビュー数
2
得点
131
評価数
31件
平均
4.3 / 5
神率
64.5%
著者
作品演出・監督
土屋雅紀
音楽
ナカシマヤスヒロ
脚本
久礼野ハジカ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
Ginger Records
収録時間
67 分
枚数
1 枚
ふろく
アニメイト特典トークCD(約17分)、コミコミスタジオ特典描き下ろしペーパー
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

4年前、親同士の再婚で兄弟となった公崇と夏央。
成績優秀だった高校を中退し、現在ニートでゲイの兄・公崇。
リア充でクソかわいげのないヤリチンの義弟・夏央。
公崇は夏央が好きでたまらない。
愛したい愛してほしい好かれたい触ってほしいセックスがしたい……!

表題作 起きて最初にすることは

矢野公崇 → 増田俊樹

矢野夏央 → 松岡禎丞

その他キャラ
夏央母[生天目仁美]/ 公崇父[新垣樽助]

評価・レビューする

レビュー投稿数2

お兄さん頑張ってーと言いたくなる

役は私的にはぴったりです。

兄の声は増田さんで、攻めなのに、喘ぎ声は兄のがほとんど(自慰)。クールであまり感情のない声に聞こえるけど、弟の夏央のことを可愛いとか、好きとか言う声は本当に好きだと伝わってきます。喘ぎ声は抑えめで、掠れているので、色ぽっさを感じます。

弟君は松岡さんが演じています。え、弟君ひどすぎでしょ!っと何度思ったことか・・・。でも声は全然合ってます。

兄は一途で、健気で、でも変態で、聞いててかわいそうでしたけど、それでも弟君が好きで。後半あたりから弟君の思っていたことが分かり、報われそう?かもしれません。

中学生時代のお二人の声はいつもより高めで、可愛かったです。

2

ネタバレないと思います

志村先生の原作既読ですが、志村先生の作品そのままの世界感が出ていると自分は、感じました。あくまで個人的見解ですが、増田さんの兄役ピッタリでした。義弟役の松岡さんも良かったです。義兄→義弟 終始兄の心の声ダダ漏れでにじり寄る様な必死感な筈なのに…リア充で可愛げのない一見冷たい(酷い)と思える弟から垣間見える本当の気持ち、甘いには、程遠いかもしれないけど、報われそうな暖かい兆し。現代風のスマートな格好良さは、存在しないケド、私は好きデス。寧ろ、かっこ悪くてみっともなくても、そのひたむきさが堪らないデス。是非

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ