神楽坂ラブストラクト

kagurazaka labstract

神楽坂ラブストラクト
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×28
  • 萌7
  • 中立8
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
3
得点
116
評価数
39件
平均
3.3 / 5
神率
28.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784801954779

あらすじ

口を開けば罵詈雑言の嵐…! !
中途採用で入社した大津が一番最初に組んだ相手は先輩で超ドSの毒舌男、コースケ。

職場の飲み会でも喧嘩をうるような態度で、カワイクナイ発言連発。
どこまでも煽ってく態度に頭にきた大津はその毒を吐き続ける口をキスで塞ぎ、襲ってしまう。

次の日には何事もなかったように仕事の話、いつもと変わらない態度。
それどころか今度はコースケが主導権を握って大津に乗っかってきて――。

これってもしかして、いわゆるセフレってやつ…???

表題作神楽坂ラブストラクト

大津 デザイン会社に中途採用された
コースケ 会社の先輩

同時収録作品おなじあなの

帝(ヤリチン)
日柳 帆立(別れさせ屋)

その他の収録作品

  • 俺の彼氏のコーちゃんは。

評価・レビューする

レビュー投稿数3

さて

帝先輩、アナル処女卒業おめでとうございます!((嬉´∀`嬉))ノ
ゲスな男が凌辱されちゃうとかメシウマ☆でございます。
や、お話ももちろん可愛かったんですが
そこが一番インパクトといういか、個人的に、ピンポイントに萌えた。
ピュアっピュアなお話も好きですが
ゲスがひどい目にあわされるって素敵やん?
おいといて

お話は、会社の上司と後輩。
きょうもギャンギャン口喧嘩・・の行き着く先は?!
私個人としては、なんでそこで急にまぐわうねん!
と思ってしまったのですが、読み込みがたりないだけ?
本人たちがいいならいいのですが。
ただ、これ帝先輩にグズグズにされてたのであれば
後輩君にこんどはグズグズに甘やかされちゃってほしいですな。
生意気な口もきけないくらいヘロヘロにw
かわいかったです。

0

クズ三昧

中途採用でデザイン会社に入社した大津(攻め)は、イケズな先輩コースケ(受け)からきつく当たられ続けている。ある夜の飲み会でいさかいになったとき、口を塞ごうとして思わずキスしてしまったが、翌日もコースケは何もなかったかのように平然としている。でもそれ以来、そういう雰囲気になってもコースケが拒まないので、何となくセフレのような関係になるが…。


イラストはいさか十五郎さんみたいで、綺麗だけどクセのある感じでした。
内容は、ちょっと個人的に萌えツボにはハマらなかったかな、と思います。受けがツンデレなんですけど、あまり可愛げのないツンデレで、可愛く見えないどころか「この人ちょっと痛い目に遭えばいいのに」って思ってしまう。攻めが人格者(ただし流され系)なので余計にそう思うのですが、攻めを引き抜かれたくないがために攻めが人の作品をパクったという噂を流す(実際そうしろと言ったわけではないけど、結果的には)のはさすがにやり過ぎだし、自分のわがままのために攻めの将来に傷をつけるのは何様かと思う。あと攻めの作品を破いたり、やってることは完全にモラハラです。
そんな受けにほだされる攻めもまた理解続きできない。彼女がいたのに彼女と別れて受けと付き合うし、彼女も気の毒だし攻めもクズに捕まって気の毒。クズな受け自体は別に嫌いではないのですが、この受けは人として好きになれなかった。

この受けがクズになった理由が、昔の男が受けの作品をパクって逃げた、ということだそうです。
そしてその受けの作品をパクって逃げた先輩が、次の作品の主役でした。

これもとことん先輩がクズで、出てくるキャラの区別もつかないし、そもそもボーイズ「ラブ」じゃない。先輩は受けたり攻めたりする人ですが、享楽的で人の気持ちをまるっきり考えない性格で、こちらも好きになれる余地のないキャラでした。あと根本的に話の内容が理解できなかった。キャラの見分けもつかなかった。

イラストが結構綺麗なので中立にはしましたが、性格のマシなキャラが表題作の攻めだけで、ちょっと読んでて疲れる感じでした。
クズなキャラがお好きな方には面白い…かな?

2

表紙買いしてみましたが…

かさいちあき先生は前作もなかなかエロかったので、今回も表紙がエロいしそっち方面に期待して購入です。
しかしプレイはエロいのですが…う〜ん、キャラに魅力を感じることが出来ず萌えなかった。

♦︎神楽坂ラブストラクト♦︎
年下ワンコ攻めのツンデレ美人受けのオフィスラブという大好物なカップルのお話です。

中途採用で入社した攻は、先輩の受から常に罵詈雑言を浴びる日々。
飲み会の席で、他の社員にも毒舌を吐く受けの酷い態度から、攻めは受けを犯してしまい…。
その後も受のエロさや辛辣な態度の裏にある可愛さに抗えず身体の関係は続き、毒舌ツンデレ受に攻は翻弄されっぱなしで…⁈


受けは可愛いと思わないでもないんです。
普段の攻への暴言も愛情の裏返しで、ほんとは攻めのことが大好きで仕方ない極度のツンツンツンツンデレだと思えばまだ可愛く見える。

でも攻めがですね、煽ってくる受けの挑発に乗って、そのまま犯してしまい、襲ったはずが数分後には受に主導権を握られているヘタレぎみな男。
それ以来、彼女がいる身にもかかわらず受のエロさが頭から離れなくて悶々とする毎日。
受に夢中で彼続き女が居ることを忘れる始末。
受が自分に可愛い態度をとってほしいから、恋人と今すぐ別れると言ってみたり、それに対し受は今すぐじゃなくていいとか言ったり。
セックスのときにSっ気を発揮するのは多いに結構なのですが、その他がいいかげんに思えるキャラ。

セックスだけが先行して、二人の気持ちや関係や言ってることや行動が支離滅裂に思えて「?」となりました。

エロは、初セックスで受けが自らのtnkを攻のネックレスで縛ったり、会社のパソコンの前で録画ソフトを起動しながらのセルフハメ撮りプレイ(しかも潤滑剤がヨーグルトw)と、なかなかバラエティ豊かでした。

もうひとつ、受の初めての男であり、仕事をパクって逃げて行ったクズ男のスピンオフが入ってます。
クズ男と別れさせ屋のお話。
こっちもキャラに感情移入できなかった…お話自体は凝った設定だと思うのですが、攻も受も脇キャラもクセがありすぎ?


デビュー作のほうがまだ面白かった気がします。
表題作の攻が、もっと早くちゃんと恋人とけじめをつけて、受への気持ちをしっかり自覚してたらもうちょっといいイメージ持てたかな。
とにかく一言でいうと支離滅裂なお話だったかな〜と思います。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ