テイク・ラブ

テイク・ラブ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3件
平均
4 / 5
神率
33.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
角川書店
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥515(税抜)  ¥556(税込)
ISBN
9784044332020

あらすじ

エクアドルから15年ぶりに帰ってき来た日本。
山崎には、その15年間、1日たりとも忘れることのできなかった恋人がいた。
その恋人のおもかげを追って、山崎は重く苦しい過去の中へと入っていく…そこで、山崎がふたたび目にしたものは何だったのか。
夢と現実のはざまで動く、脆く、儚い男たちの仮面舞踏会。
表題作の他「アウト・オブ・フォーカス」「薔薇はもうこない」を含む、愛の短篇集第2弾。

表題作テイク・ラブ

山崎 エクアドルから帰ってきたばかりの男
春樹 山崎のかつての恋人

評価・レビューする

レビュー投稿数1

古きよき名作ですね

古い作品ですが、名作だと思います。
読みごたえたっぷりの重い中編が、三つ入ってます。

『テイク・ラブ』
表題作にして、この中編集唯一のハッピーエンド。といっても、正直ハピエンと呼んでいいのか迷うところなんですが。
エクアドルから15年ぶりに日本に帰ってきた主人公には、会いたい相手がいた。15年前、お互いに傷つけあい別れた恋人だ。
かつて恋人の痕跡を辿って旅をし、色んな人と出会って話をしながら、主人公も知らなかった過去が少しずつ明らかになる。
このプロットなら、今の時代なら、一冊か二冊ぶんになると思う。
展開は早いし、過去と現代の混じりあう複雑なストーリーなのに、とても読みやすく、面白かったです。

『アウト・オブ・フォーカス』
親子に愛された男の話。
かつて悲劇的結末を迎えた激しい恋愛によって虚脱した人生を送っていた主人公は、明るい青年と出会う。
その青年はまっすぐ主人公を愛し、主人公も彼によって癒される。
でも、その青年の父親が主人公のかつての恋人だと知ってしまい――。
とりあえず結末に、なんでやねん、とツッコミ…。そりゃないよママン。

『薔薇はもうこない』
凄まじいとしか言い様続きがないです。
容赦のない鞭打ちに電気ショック。どんだけサディストなんだ、この攻めは。

「汚れる? 君の血でなら、それは飾られる、というんだ」

救いようのない悲しい結末でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ