ミステリー作家串田寥生の見解

mysterysakka kushida ryousei no kenkai

ミステリー作家串田寥生の見解
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×29
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

125

レビュー数
6
得点
74
評価数
19件
平均
3.9 / 5
神率
21.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥570(税抜)  ¥616(税込)
ISBN
9784199008320

あらすじ

人気ミステリー作家・串田寥生の元に、謎のミステリーツアーへの招待状が届い
た!? 「山深い過疎の村で起きた殺人事件を解明せよ」――好奇心旺盛な串田が、
誘いに乗らない訳がない! 担当編集者で恋人の神凪守は、嫌々つき合わされる
羽目に。ところが、差出人はなんと守の元彼だった!? 過去の関係が串田にバレ
たら…。守は謎解きと同時に厄介な難問に悩まされることになって!?

表題作ミステリー作家串田寥生の見解

串田寥生(久緒静),ミステリー作家,31歳
神凪守,編集者,29歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

もっとこういう系統のBL読みたいです

『ミステリー作家串田寥生の考察』の続編。
後書きによると、書かれたのは三年前ということです。

**********************
受けの守は、今年30歳の編集者。
長いこと串田へ片想いしつつ他の男と付き合っていた過去があり、ゲイだということで勘当されています。

攻めは、守が担当する人気ミステリー作家の串田。
元々はノンケでしたが、前作で守と紆余曲折のすえ付き合うことに。
締め切り破りの常習者で、かなりの変わり者。
**********************

こちらの続編は諦めていました。
前作の発行からかなり年月が経っておりましたので。
個人的に夜光さんの書かれる変人攻めが大好きなので期待しておりましたが、前作よりもその辺りはトーンダウンしておりました。
守に惚れて、恋愛にも頭を回すようになったせいだろうか…や、でも、「聞いたかい、ワトソン君、元カレだってよ」と独り言言ってるのはやはり変な人ですが(苦笑
今回は串田が勝手に作品のモデルにしていた人物からのクレームから事件へと流れていく形で、サブキャラとして他には守の元彼が登場しています。続き
この元カレあまりにリア充的な爽やかさがあって、「作家は妄想で飯食ってる」と言い切る串田とは対極なんですが、わたしはやっぱり変人が好きでしたねえ。
爽やかな人ってやはり胡散臭い(苦笑

夜光さんはよくミステリーやサスペンス系のお話を書かれていてBL小説ではやはり珍しいですから、ぜひこれからもこういう作品の執筆を続けていただきたいなあと思います。

1

「安心したまえ。俺がついている」by串田

串田蓼生第2弾です。
今作も串田と神凪の2人が旅先で事件に巻き込まれるお話です。
舞台は徳島県の「野牛村」。村に隠されたお宝を探せ!という主旨のミステリーツアー。
今回は前作のような、「村の因習」とかおどろおどろ的な背景は無し。
設定は前作で恋人となってから半年後で、初めは甘々だったけど仕事が絡むと電話もメールも距離がある感じで、神凪は物足りない。そこにスピン元作「眠る劣情」の内野さん絡みのミステリーツアー参加話。さて行ってみれば何と神凪の元カレ(他社の編集者)が主催したツアーだった……
この巻き込まれCPが今回遭遇するのは、またまた殺人事件。
殺されてしまうのは、同じツアーに参加していた気楽?な女子大生達。巨乳を串田に見せつけて、神凪が嫉妬してつねったり足踏んだりとコミカルな描写と並行して、鎌でえぐられて失血死って……謎解き的には、結構陰惨。
謎を解く串田視点ではなく、ただ巻き込まれる神凪の視点からの描写なので、必然的に読者も最後まで真相が分からずという状態、翻弄されます。
もちろん合間には串田と神凪のHシーンもありますし、神凪は今までよりももっと串田に気を許して甘え続きたり拗ねたり怒ったり、段々と、この2人は長続きしそうないいCPになってきたな、と感じられます。

この作品の場合、前作に加え、「眠る劣情」の方も読んだ方がいいかも…と思いました。

1

謎解き小説

前作「ミステリー作家串田寥生の考察」を読まずに本作品を手にしました。
作品自体は、前作を読んでいなくても問題なく読むことが出来ましたが、二人が付き合うきっかけ部分が気になったので前作も読んでいた方がもっと楽しめたかなーと思います。

内容は串田と神凪がミステリーツアーに参加し事件に巻き込まれるというもの。
マイペースな串田とそれにやきもきする神凪のやりとりが味があってよかったです。

ただ、BL的な要素がちょっと少なく物足りなかったかな。

1

陸の孤島ミステリー

前作で恋人同士となった、主人公・守と彼が担当する作家の一人・串田。相変わらずマイペースな串田に公私ともに振り回されつつ、多忙ながら穏やかな日々を送る二人が謎のミステリーツアーに巻き込まれることになって……というお話。

作中では前作から半年後のお話で、二人の関係自体に大きな変化はなく、今作もメインは”孤島”ミステリーになっています。前作は島の因習や過去の血縁などのキーワードが出てきて少々オカルトな雰囲気でしたが、今作はもう少しカラっとした推理小説という感じになっていました。最後の最後まで目が離せない展開で、面白かったです。

串田先生は、久しぶりに再会したせいか前半では「こんなダメ男だったっけ?」と呆れてしまいましたが、後半になるにつれてどんどんカッコ良くなって、読み終わった時には本当に素敵な人だなーなどと思っちゃいました。…はっ。前作と同じパターンだコレ。

エロは少なめですが、隠れ肉食系で襲い受の守に萌えました。

3

串田センセーも名だたる個性派探偵の仲間入り?

興味のあるものには抜群に行動力のある困ったちゃん作家、串田センセーが再登場。
前巻では守の実家で起こった事件がきっかけで成立したカップルではあったが、冒頭では串田と守がすったもんだしながら日々を送っている様子をすんなり受け入れて読めた。

今回もミステリーツアーから本物の殺人事件に発展してしまって…って流れで謎解きが主流になってはいるが、難解なものではない。
予想外のトラブルが起こって、村人やツアー参加者が本音を垣間見せる人間模様が読めるってのも、ミステリーならではの面白味だと思う。

当人は絶対に意識していないだろうが、
・旅行先で偶然に事件に遭遇する。
・普段は協調性がない故に、その土地の因習や閉鎖的な人間関係お構いなしに振る舞える。
…って探偵あるあるの法則?にも当てはまるんだよね~。
(他にも何かあったっけ(^_^;)?)
串田も降ってわいた事件に混乱するどころか的確に行動している。

ちなみにワタクシ、『恋愛要素が薄いわ~』って前巻に低評価を付けたのをちょっと後悔しております…。
今回二人の個性にグイグイ引き込まれて読めたのは、話の土台がしっかりし続きた一冊目があってこそだもんなぁ…。

今回の串田は気ままに行動している中でも、前彼の存在に拗ねたり、いざ頼もしかったり、想いを直球で伝えたりと、守に対しての恋愛感情を存分に見せてくれたので満足だ。

2

鉄板コンビが活躍するユーモアミステリ

ミステリー作家串田寥生シリーズ、第2巻。
新刊ですが、原稿自体は3年前のもので、諸事情によりお蔵入りになりかけていたそうです。

変人攻め×強気受けという組み合わせは夜光さん作品の鉄板。
攻めの串田のマイペースすぎる言動に、受けの神凪が容赦なくツッコミまくるという関係性が面白く、二人のやり取りに終止笑わせてもらいました。

あらすじ:
「からくり人形館」で働く内野(『眠る劣情』の受け)から、彼を許可なく小説のモデルにしたとして、苦情を受けた串田(攻め)。
内野に招待状が届いたミステリツアーに、神凪(受け)と二人で参加することに。
ツアーの主催者は神凪の元恋人で…。

冒頭から串田の傍若無人ぶりが炸裂。
内野に対して全く悪びれないばかりか、自分で話しながら自分で笑い始める等、どこでもマイペースです。
山奥の村にやって来てからも、神凪の元カレに嫉妬しグチグチ文句を言い続けたり、ムカデにビクついたり、とにかく賑やかw

神凪は、そんな串田に時にイラッとして手が出ることもある強気な人物ですが、何だかんだ彼にベタ惚れ。
串田の愛情に不安を抱くこともあれど、危ない場続き面で彼に守られるたび惚れ直しており、基本的にラブラブで仲の良い二人でした。

こんな二人の痴話喧嘩やイチャイチャを楽しみながら、殺人事件の謎も追っていく…そんなユーモアミステリです。

あっと驚くようなトリックや謎解きを期待するとやや物足りないかもしれませんが、一応伏線やミスリードも用意されており、綺麗にまとまっていると思います。

キャラ立ちは抜群だし、このようなミステリ仕立てのBL作品は貴重なので、またいつか続編が読めたら嬉しいです♪

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ