隣のスパダリくん

tonari no super darlin'kun

隣のスパダリくん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×25
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
59
評価数
16件
平均
3.7 / 5
神率
18.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784199606731

あらすじ

エロスからホラーまで!? 稀代のBLストーリーテラー・倫敦巴里子が贈る珠玉の短編集登場!!

表題作隣のスパダリくん

佐藤翼,高校生,読者モデル,17歳
佐藤英二,地味なリーマン,三十路

同時収録作品おしごと!

高峰,広告代理店社長,大学時代の先輩
上田健太,攻の広告代理店に勤務,元高校球児

同時収録作品俺は忘れない

同時収録作品北の空 南の雲

同時収録作品刺青と学ラン

神埼,ヤクザの若頭
菅原楓,高校生

その他の収録作品

  • 年上彼氏 隣のスパダリくん 番外編(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数6

"好き"と"好きじゃない"と、いたさと"知らなかった"。



最高でした。本当に。心がいたくてどうしようもなく。

表題の"スパダリ"に興味があったのと表紙の可愛さ、倫敦巴里子さんということで気にはなっていたこの一冊。読む前にスパダリではないような〜というご意見やホラー…とのご意見も目にしてンンンと思っていました、が。

一冊を通して、ぼろぼろ涙が出ました。


「隣のスパダリくん」
"イケメン読モ高校男子が不幸な地味リーマンを餌付け⁉︎"
"完璧ダーリンな年下男子にココロもカラダも餌付けされちゃった⁉︎"…と、帯•裏表紙と煽ってはありますが、そうかもしれませんが、そうじゃない。笑 一作目(表題作)から感じて思い出したのは、あー…だから倫敦巴里子先生好きなんだなってこと。リアルに長けているとかそういう言葉じゃ勿体ないくらい、「解る」、胸が痛くなる。どうしようもないことがある上で、絶対いてほしいそこから救ってくれるひとがこの作品の中にはいました。それがスパダリくんにあたるのですが…幸せにしてあげる、って何だよって思うのですが笑、読み終えた後 幸せだなぁって。受けの気持ちになってとかふたりの幸せを祝福してとかそれ以外に単純続きに、読み手である自分が思わず幸せだなぁって呟いてしまうような良さがありました。

「おしごと!」
…此奴です。笑 泣かされました。まさかの…。 大学時代からの先輩×後輩、社会人になって、です。いじらしいに元々弱い自覚はあるのですが後輩の「…ちょっとずつ 経済の勉強したり〜英語も覚えたりしてるんだよね 先輩 今でも俺を拾ってくれるかな」という大学時代。けど自分が役に立てると任された仕事は、自分が頑張ってきたこととは異なって…。ずっとあんたが好きだった、
「初めてはあんたが良かったな」、
そう言い残して"接待"しにいく受けちゃんがそれはもう……涙。可愛かった〜〜し、えちも倫敦さんらしさが出ていてほっこほっこでした!またもしあわせってこういうことかなって。

「俺は忘れない」
ホラー……ですが、個人的には最後の一頁まである種の純愛ものとして読み込んでいました。最後の、一頁まで。
きっと、ずっと、死ぬまでとか死んでもとかでなく忘れられないような気がします。主人公は、この傷を、出来事を。もう背負うとかじゃなく在ったことだから愛してしまった後だから、逃げたいとか関係なく、逃げない、が既に決定してた。

「北の空 南の雲」
こ ち ら ! この一冊至上(笑)、胸がいたくていたかったのはこちらです、この作品。今題名を改めてうっていてまたいたさを思い出しました。倫敦巴里子さん…凄いねぇ。(遠い目) 何が凄いって言葉にするとレビューから離れてしまうのでひとつだけ挙げますと、この作品の前の↑ホラーものも最後の一頁までうんうん、って読んでいたんです。この作品は最後の一頁までいたくていたくて、ネタバレ避けて表現すると、やだやだやだ!!って泣きそうになりながら読んでいました。笑 最後の一頁で、脱力。お涙ポロリです。今最後を判っていながら読み返しても、この先最高に幸せなふたりを見たとしても、ずっといたいのだろうと思います。

「刺青と学ラン」
このサラッとしたタイトルを侮ってはいけません。
一冊をぎゅっ…と凝縮したようなお話でした。
キャラが立っていて下睫毛だけ()が可愛い要素…?な受けちゃんと飄々としたように見えて、何だかんだ受けちゃんより人間味のあるヤクザの攻め。ふたりは、どの時点で気付いて(始めから…?)どんな気持ちで抱き、抱かれていたのだろう。考え始めると業は深いですが、兎角最後の台詞がすきでした。
「四度目 五度目が恋しくてたまんねぇ」
っていう。

そして、番外編になります。隣のスパダリくん。
まさに【攻めあってこそ浮き彫りになる受けの可愛さ愛おしさ】です。うー…ん。日常で本当にありそうだなって思ってしまったら最後、このたった四頁にそれこそ幸せしか感じられなくなります。ありがとう。


がんばってもできないことがあるというより、がんばったこと自体間違っていたのかもしれないと感じてしまう辛さや痛さがこの一冊に在って、在ったから、こんなにも心から良い一冊だったなぁと思っているのかもしれないな…

ありがとうございました。

2

おばばだから受けるという部分もあるのか?

隣のスパダリくん と 北の空 南の雲 という2編が
とっても好みでした!
絵柄がちょっと昭和的?とは思うのですが、笑うツボ が
ぴったんこ合うので、好きなんです、この先生。
セリフとか表情ではなく、背景とかキャラの背中とかしぐさで
笑わせてくれる気がします。
二人がすき焼き食べて幸せになってるとことか、超笑う!
そして見ててこっちがほっぺがつば出てきて痛くなる(笑)

表題作もそういう意味で、くす と笑うところと
まじで きゅん とするところがあって、よかったです。
攻めさんの気の遣い方が超柔らかく、こりゃ墜ちるよ って気分。
でも 攻めさんはなんで受けさんのことが好きになったんだろ・・・
単に隣で仲良くなれたから???わからん。
そのなぞをぶっ飛ばすぐらい きゅん しました。

北の空 南の雲 というのは表題通り、仙台?だったかと東京の
高校生男子の出会いからおよそ15年後 って感じ。
これもところどころ笑わせてくれるのと
文通 って昭和!って感じで。。いまどきありえない、
古臭い、七面倒くさい、ゆっくりゆっくりな近づき方がとっても
たまらん続き!くーっ。
私がおばばだから きゅんするのか・・・?
という懸念が少々ありますが、
最後、東京に泊まっていいんだよ と言い寄るところが
ほんとにほんわり幸せになれて、
たまんない あおくっせー青春感満点な作品でした。

唯一 病みBLから来た作品?あれが怖くて怖くて・・
すんません。あそこだけ飛ばして読んでます・・

1

いろんなテイストの短編集

表題作。
三十路のサラリーマン・佐藤英二(受け)は、隣に住む同じ名前のイケメン読者モデル・佐藤翼(攻め)に懐かれていた。冴えない、仕事の愚痴ばかりの自分と、イケメンだし性格もいい相手を比べ、落ち込む英二だったが…。


面白いんだけど萌えがないというか、そんな作品でした。
攻めはいい子だけど、その攻めがなぜこの受けを好きなのかがよくわからなかったし、読者として受けを好きになれる要素もなかった。受けは最初女性と結婚を考えてるし、そういう面でも萌えられなかった。
あと、それほど攻めがスパダリかなぁ…と思ってしまいました。イケメンモデルで、性格が良くて、料理ができたらスパダリなの? 個人的にはまず財力だと思うんだけど…。(←世知辛いな)


あと同時収録作がいくつか。よかったのは『北の空 南の雲』という剣道少年同士の再会ものと、『おしごと!』という元高校球児受け&受けを雇ってくれた元先輩の社長攻めの話。よかったというか、いくらかでも萌えを感じられた作品がこの二つだけだった。
いや、他のも面白いし、作品レベルとしてはよく出来ているんですけど、「こういうオチが!」とか「こ続きういう展開が!」という感心と、BLとしての萌えって、必ずしも一致しないなと思ったりしました。

4

結局のところ

スパダリってなんなのさ(ノД`)・゜・。
おいといて

超絶かわいい短編集。
やっぱり倫敦さんのつくるストーリー好きだわ。
かわいいわ。悶絶な一冊。
ふんわり甘いところから始まって、病みあり難あり。
バラエティにも富んでたかなと。

個人的にはやっぱり表題スパダリくんが好きでした。
なんだろうな、あの攻の雰囲気といいますか。
ほだされてもいいかなと思ってしまう攻の気持ちが分かってしまう。
や、むしろほだされた受がカワイイなと思ってしまう。
年下なのに~なグイグイもカワイイ。へこたれないってスバラシイ。

ヤクザ=なお話も好きでしたが
いまひとつ関係性というかもうすこし分かりやすければ
良かったかなと思いつつ、
攻様が前髪下ろしてるのが存外かわいくてよかったw

1

「病みBL」作品も入った短編集

テイストが色々な、5つのお話が入った短編集です。

■表題作「隣のスパダリくん」1話+描き下ろし
同じ佐藤という名字で、アパートの部屋が隣という、
高校生モデル(表紙右)× 地味な三十路リーマン(表紙左) のお話。
ちょっと既視感が…パリコさんがお好きな設定なのかな?
スパダリ(スーパーダーリン)くんという程、
攻めはルックスも性格もよく、明るく前向きで包容力があって、
だけどなぜか冴えないリーマンの受けのことが大好き。
その攻めの育ちのいいワンコっぷりは可愛く、
ふてぶてしい受けがほだされる様子は面白いけれど、
仲良くなる過程が省かれていて、なぜ好きになったのか?が、
ちょっと不透明なので、ちと物足りなかったな。

■「おしごと!」1話
大学時代の先輩×後輩で、今は起業して社長×その社員でもある2人。
攻めは受けを構って弄って、ちょっと意地悪をして、
それにいつもまんまと引っかかる受け。
だけど、そんな2人には互いに秘めた想いがあって…
お互いに想いを打ち明ける時の、表情の変わり様や真剣さに、キュン。

■「俺は忘れない」1話(病みBL掲続き載作品)
付き合っている彼女へのストーカー的嫌がらせ、
「俺は忘れない」と書かれた手紙、頭に鳴り響くのは…、昔の男の声?
優しい彼氏の顔の下にある、本音とは、壮絶な過去とは……
少しずつ紐解かれて見えてくる真実は、病んでいて切なく…怖い。

■「北の空 南の雲」1話
剣道の他校のライバルだった2人が、15年ぶりに再会。
思い出話を語るように、昔の様子が遡って描かれていきます。
初対面の時、初手合わせ、拙いながら交わす文通、
ある大会の後にはキスを…そして、今15年ぶりに会った2人は……

■「刺青と学ラン」1話
ヤクザの若頭 × 喧嘩がすごく強いクールな態度の高校生
受けが組の頭の息子を殴ったせいで、ヤクザの攻めが会いに。
でも、実はふたりは初対面ではなく……
地味に見えて実は…と、少しずつ見えていく受けの本性と、
本当の意味でのクールさに惹かれました。
ダメダメな組の息子との対比も上手いなぁ。

短いながらも深みがあったり、しっかり笑わせてくれたり。
さすがだなぁと思いつつも、
やっぱり短編だと不透明に思える部分が多いので、物足りないな。
特に「おしごと!」と「刺青と学ラン」は、
キャラが立っていて好きだったので、もっと長く読みたかったです。

萌え×2寄りです☆

7

いろんなテイストの作品が楽しめる!

同じ佐藤でもキラキラしたイケメン読モで高校生の佐藤とくたびれた三十路の地味リーマンの佐藤のお話は、とにかくまっすぐに慕ってくるキラキラな翼に英二が救われ癒されるお話です。

短編5作品(+スパダリ描き下ろし)からなる1冊ですが、「俺は忘れない」のホラーテイストなお話と「刺青と学ラン」のヤクザ×高校生が好きでした。どちらも真相が最後にわかって、面白かったです。「北の空 南の雲」というお話も二人でかつての青春の日々を懐かしみ戻らない日々を愛しく、少しの切なさを感じながら振り返りつつも、これからまた新たに歩み始めるお話で好きでした。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ