君と僕と夜の猫

kimi to boku to yoru no neko

君と僕と夜の猫
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×211
  • 萌5
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

147

レビュー数
6
得点
93
評価数
27件
平均
3.6 / 5
神率
22.2%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
リンクスロマンス(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥1,400(税抜)  ¥1,512(税込)
ISBN
9784344836525

あらすじ

※2/26→3/18に発売日が変更となりました。

京都で小さな刃物店を営む夏生は幼馴染みの医者・智明に大切に扱われている。自分たちの間に流れる感情に名前をつけるならそれは?

表題作君と僕と夜の猫

綾部智明,幼馴染みの町医者,32歳
柳井夏生,京都で刃物店を営む,30歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数6

なんちゃって大長編

良く言えば丁寧に描かれた、京情緒のしっとり穏やかな作品だけど、悪く言えばダラダラして盛り上がりに欠ける作品、という感じでした。
端的に言えば、京都に住む30がらみの幼なじみ同士が結ばれる話なのですが、これを263ページの長編単行本にする意義があまり感じられなかった。

箇条書きにすると、幼なじみが大人になっても近所に住んでいて、偶然を装って毎日顔を合わせている。受けはかつて大事故に遭い、足を少し引きずっている。攻めは事故現場に居合わせたせいで事故に罪悪感を抱いている。受けには言い寄ってくる年下の男がいる。その年下男のせいで長年絶妙な距離を保っていた受け攻めのあいだにぎこちなさが生じ、幼なじみの関係が変化する…という話なのですが、ここに受けの仕事、家庭の事情、京都情緒、遊びに来る猫、攻めの家族などの描写を盛って長編にしています。
でも個人的には、そこまで盛るほど楽しい要素でもなかった。何ていうか、通常のページ数のBL作品に、舞台背景やらの要素を増やして大長編にしたような感じ。不必要な要素ではないのですが、必ずしも必要な要素でもなく、結果的にダラダラした印象でした。

しかもそ続きこまで盛った割に最後が駆け足で、説明すべき事柄が省かれていて、ダラダラ描き込んでる割には説明が足りないという最悪の状況に。起承転結の割合が、起承7割、転結3割みたいな…。
説明すべき事柄というのは、結果的に恋に破れた年下男・宗近の去就であったり、あれだけ描写した攻めの母親や兄の存在がラストはオールスルーだったりということです。攻めに早く結婚しろと母親に言わせたり、受けに攻めの恋愛話を振って不安にさせたり、兄に見合いの話を持ってこさせたり、都合よく使っておいて、いざ受けと攻めがくっついたあとは母も兄も存在抹消。カミングアウトしろとまでは言わないけど、最低限の説明は必要だと思います。

そして個人的には、攻めよりも失恋男の宗近のほうが断然好みだった。年下の無骨な職人男で、時間や技を注ぎ込んでティースプーンのセットを作り、バレンタインにドキドキしながらも平静を装って受けに渡し…そのそっと差し出される愛情を、攻めのことが好きな受けにするっとかわされて…不憫でなりませんでした。私が受けなら絶対宗ちゃんを選んだなー。
あと、皆さん書かれているように誤字が…。気づいたのは二箇所、夏生が自分で「なっちゃん」って言ってるのと、攻めの名前が宗近になってるの。どっちもずっこけましたよ。いちばんあってはならない間違いですよ…。

3

寄り添う心

京都の町屋で、冬のある日目覚める夏生の冒頭から
雪国とは違う厳しく刺さるような寒さだろうなと
想像しながら読み進めさせていただきました。
しかも事故での足の痕の痛みまでツラそうで
亡くなった両親や老舗の刃物専門店“佐用”の跡継ぎのこと、
夏生が不憫でなりませんでした。
ただ、自分で出来る努力を惜しまず
“柳井”という小さいながらも今風の店を構えたのが
芯の強さと負けん気の強さを感じました。

幼馴染の町医者である二歳上の智明がいつも夏生を案じて
声をかけたり夕飯に呼んでくれたりと
優しくて夏生を包んでくれる懐の深さが
とてもお似合いだと思いました。
弓道をやっていた姿も
惹かれない人はいないだろうと思うほど凛々しかったですし
普段の物腰のやわらかさとのギャップはたまりませんでした。

その二人が結ばれて当然なのお話ですが
私はどうしても夏生を想う宗近に気持ちを持っていかれたのです!!
夏生の師である藤原宗義の息子で
夏生より年はひとつ下であっても
職人としては10年先輩というにも関わらず
威張る様なところもなく堺から手伝いに来てくれてい続きて…。
硬派なたたずまいと誠実さが滲み出て
当て馬なのにものすごく応援したくなってしまいました。

夏生へと、心を込めて作ったであろうティースプーンも
親父さんに見つかったら殴られかねないくらいなのに
夏生が欲しがっていたからだなんて健気で…!!!
こっちに引っ越して毎日手伝いたいとか
アプローチも頑張っていて
夏生が程よい距離感でいたいがために
のらりくらりかわしていて、
宗ちゃん、ファイト!!って何度言いたくなった事かww

祇園祭を案内してもらって飲んだ時の告白!!!!
普段言えない口説き文句にうっとりですよ!!!
夏生は宗近を〝お前〟って言うし
宗近は夏生を〝あんた〟って呼ぶし
酔ってるからこそのこの……ああもだもだする!!!

それなのに後日智明にお見合いの話があるって聞いて
いくら気が立ってるにしても
これ以上は宗近に気をもたすような態度じゃいけないにしても
「三十路の男に血迷いな」って言い方は無いと思う……。
夏生だって、宗近がただ一時の気の迷いだとか
そういう恋愛をするような男じゃないとわかってるはずなのに。
冷たく突き放す事が夏生の情だったのかな……。
それにしても宗近が気の毒すぎました…。

京都弁のしっとりした感じも
かわいさん特有の言い回しも
とても楽しませていただいたんですが
私は宗近に気をとられすぎですねww

ただ、智明がむっつりなのは大歓迎です←

5

強すぎない優しい依存関係

両親を早くに亡くし、自身も学生時代の事故で足が不自由な夏生。
そんな夏生を傍でずっと見守ってきたのが、向いに住む幼馴染の智明。

二人は互いに”相手の存在”に依存していますが、でもその間には深く踏み込みすぎない一定の距離があり、二人だけが分かっているその距離感が好きでした。
京都弁の独特の雰囲気も夏生の不幸な生い立ちとそれを過保護に見守る智明の雰囲気とマッチしていてよかったと思います。

お互いに「自分が相手を縛り付けてしまっているのではないか」と悩み、ずっと変わらないと思っていた関係がバランスを崩したとたん脆くなってしまった二人が切なかったです。

ただ、夏生に惹かれている宗近の話が尻切れトンボで終わってしまったところはすっきりしませんでした。
あと最後のいいところで、名前の誤植があって残念でした。

1

巡る季節と、募る想い

はんなりとした京男二人の間怠っこしい恋模様。

京都は毎年旅行しているのですが、これを読んだらまだ行ったことのない夏の京都や、あじき路地なんかに行ってみたくなりました。

薄幸でありながら、したたかさも兼ね備えた夏生が色っぽいです。途中までは完全に夏生の片思いで、智明が夏生に優しくするのは、事故に対する責任や同情だったりするのかな、と思ってました。付き合いが長い分、智明も今さら夏生を突き放すことができず、そばで世話を焼いているのかな、と。
でも、実は智明の方がより激しい情熱を持っていることにドキドキしました。

奥ゆかしい京都人らしく、なかなか想いの丈を告げられなかった二人が漸く結ばれた事にホッとしました。できれば、秋の描写をもっとみたかったなぁ。

甘く蕩ける様な恋愛や、変化に富んだ恋愛がお好みの方には物足りないかもしれません。
二十代のお若い方よりも、三十代以上の方にオススメしたい作品です。表紙や挿絵も、とても美しいので、じっくりと読んで味わってほしいと思います。

3

個人的にはあと一歩欲しいかなという印象

京都BLに飢えていまして、何日も前から書店を覗いて楽しみに待っておりました。
やはり色々読んできて、京都といえばかわいさんだなあという感じでしたので、表紙もエロくない笠井さんで嬉しい!にゃんこも可愛らしい。

で肝心のお話ですが、個人的にはあと一歩欲しいかなという印象です。
三十路だし土地柄こういう静かなお話はたまらないのですが、結局きっかけは何だったの?という感じで、話というよりも感情の盛り上がりに欠けていたのが残念。
最初から両想いなのは分かるのですが、逆に幼馴染から恋愛に一歩踏み出すはっきりした何かが欲しかった気がします。
良くも悪くもゆったりと進んでしまって。
云わなくても分かるだろ的な展開が、少々テレパシー気味な気がしないでもないです。
気持ちを打ち明けたり、そういう話になった事もないのに、男女ならともかく同性で恋敵が泊まるのを「どう思う?」って聞かれても、困りますよね普通。
BLだからそういう目で見てしまうのですが、ちょっと不自然かなあと。
宗近君ほど露骨に大好きオーラ出してるなら、分からないでもないですが。そして、いつの間にか消えてしまった当て馬君。
続き
ラストにいきなり出てきて「どういうこと?」と思いましたが、これ誤字ですよね。
全体的にはしっとりしたお話で、雰囲気はとても素敵でした。
ああ、やはり京都の話はかわいさんが一番好みです。
あまりにステレオタイプな京都人描写は苦手なので。
京都弁はほとんど出てこないですけれど、かわいさんの京都BLはやはり「猫の遊ぶ庭」が一番ですねえ。

あと、当て馬君の名前が世間的には「刃物で宗近」だと別のキャラを思い出してしまう方も多いのではないかと。これは、本当にどうでもいいことですけれど(汗)

個人的には、漫画でも小説でも京都BL増えて欲しいです。

6

京男の粋

かわい有美子さんの京都BL、そして挿絵が笠井あゆみさんと来れば手に取らずにはおれません!
期待通り京都の魅力が詰まった一冊で、笠井あゆみさんの美しい挿絵も堪能できました。

京都で小さな刃物店を営む夏生(受け・30歳)と、近所の町医者・智明(攻め・32歳)は幼馴染み。

「なっちゃん」「智ちゃん」と呼び合い仲の良い二人ですが、京男同士故か?
互いに容易には本音を口にせず、なかなか恋愛に発展しません。
何気ない言葉の中にも相手の腹を探るような意図が見て取れ、穏やかながら緊張感ある二人のやり取りは大変読み応えあります。

夏生は涼やかな美形で、人当たりの良さと京都人らしい(?)イケズさを兼ね備えた人物。
自身に想いを寄せる年下の男・宗近をやんわりスルーしていたかと思えばバッサリ切る手厳しさもあり、良い意味で強かな大人だと思います。

そんな夏生、実はなかなかの苦労人。
10代の頃交通事故に遭い、その後遺症で片足を少し引きずるようになったこと。
父の死後、実家の老舗刃物店が叔父とその息子のものとなり、自身は別の場所で店を出さざるを得なくなったこと。
色んな辛さ、続き悔しさを内に秘めスマートに振る舞う姿がいじらしいです。

智明は夏生の足をマッサージしたり、マスコミから守ってくれたりする面倒見の良い男前。
夏生の幸せを願うあまり、彼が宗近に口説かれていると知りながらも普段通り接してしまう、ちょっと優しすぎる人物です。

攻め受け両視点あり、両片想いであることは伝わってくるものの、クライマックスまで互いへの気持ちがハッキリ書かれないところもポイント。
地の文でも直接表現が避けられているところに奥ゆかしさと情緒があります。

こんな二人と対照的なのが年下の刃物職人・宗近。
「あんたのこと、抱き潰したい」
とストレートに口説いてくる彼は普通のBLであればもっと存在感ある当て馬になっていたのでしょうが、イケズ文化の根付く京都BLではあまり歓迎されず?
夏生にフラレて以降フェードアウトした彼がその後どうなったのか、全く描かれないのはやや消化不良でした。


クライマックスの告白からラブシーンまでの流れに大盛り上がりはないものの、幼馴染みが恋人に移行する初々しさや照れ臭さが伝わってきて、萌は充分。
智明が夏生を「なっちゃん」ではなく「夏生」と呼ぶシーンにドキッとしました。

全体として、京都人特有の奥ゆかしさやエスプリに満ち溢れた一冊。
伝統芸術と現代アートが同居する古都の魅力も存分に伝わってくる素敵な一冊でした。
BLとしては盛り上がりに欠けるかもしれませんが、京都ならではの言葉や空気感を味わいたいという方にオススメです。


※唯一残念だったのはラストシーンの下り。
一箇所だけ、智明の名前が「宗近」になっている!
粋な京都BLにあってはならないミスだったと思います(;^ω^)

12

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ