真夜中の温室 妖精は花蜜に濡れコミコミスタジオ特典ペーパー

mayonaka no onshitsu

真夜中の温室 妖精は花蜜に濡れコミコミスタジオ特典ペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
GOODS
出版社
出版月
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
妖精は花蜜に濡れ(但コミコミスタジオ購入時のみ)

商品説明

文庫発売記念・コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろしSSペーパー
本編終了後のラブラブ番外編。
イールが月下美人の開花を見る為に夜の温室を訪れるお話です。

評価・レビューする

レビュー投稿数1

華よりも香るのは

本品は『妖精は花蜜に濡れ』の
コミコミスタジオオリジナルの特典ペーパーです。

本編後、
ヴェルレインの城でのラブラブなお話になります。

蝙蝠王を倒した後、
イールはヴェルレインの城で
夢みたように花々を育てる暮らしをしています。

特にヴェルレインがイールのために
改装してくれた温室は季節を問わず
多くの花が咲く常夏の楽園となっています。

今イールが心待ちにしているのは
夜に咲いて明け方には萎むという
月下美人の開花です。

五日前と二日前も
深夜に温室に行ってみたけれど
つぼみが開く気配は皆無。

気になって仕方のないイールは
ヴェルレインの腕から抜け出して
温室に向かいます。

すると固く閉じていた純白の花が
甘く清らかな香りを放ち
月下美人が咲いていたのです!!

ヴェルレインにも見せたい!

でも早朝から起き出す彼を
こんな時間に起してしまっていいのか
イールは悩んでしまいます。

そんなイールの背後から
たくましい腕が伸びてきて?!

B5サイズペーパー両面を使った
ちょっと長めの番外編続き

ベットを抜けだしたイールに気付いた
ヴェルレインが温室まで追いかけてきて
お仕置きHをされるというオチになります♪

ヴェルレインには
月下美人の芳香よりも
イールの花蜜のほうが芳しいとの事。

受様的には何だそれ?!でも
読者的には攻様ナイス!!ですね(笑)

イールを押し倒して事に及んだ挙句
ヴェルレインは温室Hもいたくお気に召し
今後は温室でも夜を過ごすと宣言、

お気に入りの花達に
恥ずかしいところを見られるなんてと
イールはアワアワしてしまうのですが
何をされても結局は嬉しいんだよね♪

まとまった後のイチャラブは
どこまでも甘~くって事ですね。
御馳走様でした<(_ _)>

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ