お隣様はご主人様

otonarisama wa goshujinsama

お隣様はご主人様
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
31
評価数
7件
平均
4.4 / 5
神率
42.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オーバーラップ
シリーズ
LiQulle(リキューレ・オーバーラップ)
発売日
価格
ISBN

あらすじ

エリート先輩と淫らなラブレッスン♪

とある男性社員寮。
平凡な俺の人生には縁のない人間…そう思っていた会社のエリート先輩、青山(あおやま)と社員寮で隣同士になった江波(えなみ)。
気まぐれに呼び出されては、セックスを求められる不毛な関係が継続中だ。
周りから「青山の犬」と呼ばれながらも、甘い言葉に絆されて、ついつい言うことをきいてしまう。
仕事ができて、見た目もよくて、女子社員人気NO.1の先輩が、俺にエッチなことをする理由は…!?
お隣様の特権で、人気者の先輩を独り占め!だけど少し胸が痛むのは、どうしてーー?

表題作お隣様はご主人様

青山・会社員・20代
江波・会社員・20代

評価・レビューする

レビュー投稿数2

ズルいですよ! 青山さん!!

癒されたい時に、Renta!の本棚から いそいそと取り出し何度となくページを捲ってしまう、リピート率の一番高い作品です。36Pという限られたページ数の中に、起承転結と萌が詰めこまれたお話が 1チケットで読めます。

会社の男性独身寮で隣同士になった、イケメンかつエリートな青山先輩と 周りから「青山の犬」と呼ばれるも満更でもない三つ年下の後輩、江波君の物語です。この友情以上恋愛未満の、秘密の恋のお話の舞台となる社員寮。
寮の二人部屋よりプライバシーはあるが、アパートの隣人に比べれば生活音が筒抜けであろう「寮のお隣様」という絶妙な距離感がたまりません。

そっぽを向きながら尻尾をブンブン振って 青山さんに奉仕するワンコ江波と、気まぐれで飄々としているかに見えて 江波が可愛くてたまらない様子の青山さん。作中で彼は江波君に対して「うまいね」「ゆっくりで いーよ」「すげー嬉しい」など、肯定的な言葉がけしかしないのです。何という、愛されてる感!!
青山さんの人たらしっぽい言動は、江波君へ好意を向ける異性を全力で阻止する為に女子社員には紳士的に対応し、自分に惚れさせているのではなかろうか続き…と、邪推したくなるほど(笑)

働く男の色気を感じられる、さっぱりとした絵柄も魅力の一つだと思います。
二人が秘密の関係になった きっかけの話も知りたいし、青山先輩視点で語られる話も読んでみたい。
何より、この二人の他愛もない日常を延々と見ていたい、そんな気持ちにさせられる作品でした。




1

新電子レーベル『リキューレ』あなどりがたし

いま個人的注目作家トップ3に入る作家さまの作品その1。
今年創刊の電子レーベル『リキューレ』の作品で、試しに一話読んでみたらこの作家さまがえらいどストライクで一気に気になるレーベルの仲間入りとなりました。

こちらのあの先生。わたしの調べが足りないのかもしれませんが、いかんせん情報が少ない。これがデビュー作なのかな?
お話の設定や展開は特別スゴイわけではないのですが、とにかく読みやすい。
絵柄はウノハナ先生系統で、もっと線を細くした感じです。
すっきりとした印象で超美麗なわけではないのに色気がある。わりと万人受けしそうな絵柄ですね。

ストーリーは普通なんですが、ちょっとしたところに萌えが詰め込まれています。
こちらの作品、会社の独身寮のお隣さん同士で先輩×後輩のセフレ関係のふたりのお話です。
男子校の寮とはまた違う、大人の男たちがひとつ屋根の下で暮らしているという設定にそりゃあもう妄想がはかどります。
どこを見てもリーマンリーマンリーマンスーツスーツスーツ!そしてところどころにある寮でのプライベートショット!萌え!!

イケメンで仕事もできるハイスペックな先続き輩・青山と後輩・江波はセフレ同士。
短編なので、その関係になった経緯は端折られてますが、まぁそこはあまり気になりませんでした。
みんなの憧れの的の青山は、実は江波の前でだけは自分勝手で性悪な男。そんな青山に江波は振り回されっぱなしです。
メールや壁をノックする合図で部屋に呼び出しセックスをする。
ただのセフレ関係のふたりにに見えますが、江波は青山が気になってぐるぐるしちゃってるし、青山はいじわるだけど江波のことがかわいくてお気に入りなのが見てわかるので、ちょっとしたすれ違いはありますが、最後まで安心安定の展開。
『好き』とか『付き合おう』とか恋人同士っぽいことには最後までならなかったけど、青山の独占欲や、江波の嫉妬やぐるぐるがストーリーに萌えをプラスしてくれます。
モテ男で自分勝手な青山が時折見せる江波へのプチ執着。つかみどころのない男の時々の本気の表情にたいへん萌えました。
エロは直接的な表現があるわけではありませんが、キャラの表情や言葉に色気や萌えが出てて物足りないということはありませんでしたね。

思いがけず見つけた今後が期待大なあの先生。
もっともっとこのレーベル、あの先生を全面的に推してほしい!たぶんまだそんなに知名度がないから、もっと露出させたらファンは増えると思います!そしてあの先生の情報をもっと!!!

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ