愛してるなら、全部食べて♥

嫁さんの飯がマズい!!

yomesan no meshi ga mazui

嫁さんの飯がマズい!!
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
3件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773088243

あらすじ

「この愛も命がけ!?」
生粋の極道・宿城の好みは、純粋な素人女。
だが一目惚れしたのは建設会社社長の颯生だった。美人で素直、でも颯生は究極の造形フェチで!?
柱にスリスリ、家にキュン♪ とどまることのない萌えっぷり。
そのまま酔った颯生に乗っかられ、美味しく据え膳をいただいた宿城。
しかし、初夜の翌日に嫁姑問題が勃発し、花嫁修業と称し颯生と同棲生活を送ることに。
そこで発覚した颯生の秘密に宿城は生命の危機を感じ――。
BL界イチの気の毒な攻様、更に登場!!

表題作嫁さんの飯がマズい!!

宿城乗兒,ヤクザ組長,29歳
飯田颯生,工務店の社長,29歳

その他の収録作品

  • 嫁さんの趣味がヤバい!!黄昏の乗兒
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

飯マズシリーズ、第2弾

『姐さんの飯がマズい!!』のスピンオフで、前作受けのお兄ちゃん編。
前作とタイトルが一字しか違わない(姐→嫁)のでちょっと紛らわしいかもしれません。

あらすじ:
宿城組の組長・乗兒(攻め)は、前作で弟を探し組を訪ねてきた美青年・颯生(受け)に一目惚れ。
メル友として親交を深め、めでたく彼と結ばれるが、家庭内で嫁姑問題が発生し…。

弟と同じく、独特の料理センスを持つ颯生。
前作と同じく飯マズネタは健在ですが、それが出てくるのは主に物語後半。
話のメインは、主に颯生と姑(乗兒の母親で、組の大姐)とのバトルになります。

颯生は工務店の社長で、筋金入りの木材フェチ。
乗兒の家に招かれても、乗兒そっちのけで住宅に使われている榧(カヤ)に夢中になるほどのマニアぶりです。
しまいには酒に酔い、乗兒の刺青を入れた背中を彫刻柱と勘違い。
無意識に乗兒を誘惑し、抱かれてしまいます。
乗兒に嫁いだ後、姑にいじわるをされる颯生ですが、持ち前の天然と鈍感力で全てスルー。
やがてその経営手腕を活かし組の仕事まで手伝うようになり、姑ともいつの間にか仲良くなっていく……
ただの続き天然ではないかなりの大物キャラでしたw

乗兒は、眼鏡の似合うハイスペックな男前。優しくて包容力もある素敵攻めですが、颯生と姑のキャラの濃さに負け存在感に欠けるのが残念かも。
颯生とのHシーンはラブラブで良いですが、もう少し見せ場がほしい気もしました。

記憶喪失が絡んでいた前作と異なり大きな謎はないため、オーソドックスなコメディとして楽しめる一冊。
颯生のキャラとしての個性がハッキリしているため、個人的には前作よりストーリーに入り込むことが出来て良かったです。
弟や蜂村(前作の当て馬)も脇として良い味を出していました。

ただ、タイトルにもなっている飯マズネタについてはやはり今一かも。
作中の女性キャラと受け達が揃いも揃って料理音痴という設定が意味不明だし、
組員たちの大袈裟なリアクション芸も、前作で出尽くした感があり、コメディとしてはパンチに欠けました。

石田要さんの挿絵は前作同様素晴らしく、特に乗兒のキャラデザが大変ツボでした。

8

Krovopizza

こんにちは。
ご指摘下さりどうもありがとうございます。
修正させていただきました。

はるぽん

こんにちは。
前作読んで今作買うか悩んでいるので、お早いレビュー大変ありがたかったです。

ところで受けの名前、登録でも穂純になってますが、穂純って前の受けの名前じゃなかったですか? お兄ちゃんはさつき? とかだった気が。

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ