花嫁にと望まれた榊は異世界に連れ込まれ子供を孕んでしまい!?

へびの嫁入り

hebi no yomeiri

へびの嫁入り
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×26
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
51
評価数
15件
平均
3.5 / 5
神率
13.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  
ISBN
9784799729175

あらすじ

お局達にイビられ参っていた榊の唯一の癒し
それは会社屋上の社に住み着いた小さな白蛇を眺めること。
しかしその白蛇こそが榊の上司にして社長である草薙の正体だったのだ……!
正体を現した草薙に抱かれ、子供を孕んでしまった榊は!?
ヘビ×人間の人外ラブ!

表題作へびの嫁入り

草薙(水羽早),社長で龍神
榊一沙,第二秘書,27歳

同時収録作品神の贄

白銀,山の神
凜,盲目の青年で神様の生贄

同時収録作品下戸とうわばみ

所長兼社長 下戸
一耶 うわばみ 営業部のホープ

その他の収録作品

  • へびの恩返し
  • へびの子づくり
  • へびの子育て
  • 龍神の嫁入り
  • 神の箱入りの贄
  • 脱皮と金運
  • たまごとお酒

評価・レビューする

レビュー投稿数5

展開が少し早すぎかな。

人外や妊娠出産が苦手な方にはオススメできないかもです。攻めの龍神様は人型にもなれますが、へびの姿や龍の姿でもしていますので、そこら辺もご注意を。

再就職して3週間、男にも関わらずお局の嫌がらせを受けていた榊。屋上にある社の前で一人晩酌をしていた彼の前に現れたのは、可愛い白蛇。その白蛇の正体こそ、榊が勤める会社の社長で、龍神でもある水羽早だった。
水羽早は人間の嫁を探す為に会社を立ち上げたが、ありのままを受け入れてくれるのは榊しかいない、と半ば強引に関係を持ち、榊は子を宿す。
そしてある日朝起きたら双子が生まれていた。(←!!)

設定は興味深いのですが、展開が早くてちょっとついていけませんでした。もう少し具体的に、二人が惹かれ合う過程とかを見たかったです。

3

神様と人間の婚姻譚

秘書として転職してきた会社でお局様たちにいびられている和沙(受け)。やさぐれて屋上でサボっていたところ、祀られていた祠で白蛇を発見し、あまりの可愛さに愛でて戯れるように。しかし実はその白蛇は、社長であり龍神である草薙(攻め)の本性だった。蛇の姿を怖がらず崇めない和沙を気に入り、嫁にすると言って色々な姿で抱く草薙。そのうち龍神の子を妊娠することになり…。


転職受けが人外社長に見初められ、様々な姿で抱かれた挙句神の子を妊娠する話です。
産まれた子供は双子神で可愛かったです。表紙のお子たちです。妊娠出産ものですが母乳は出ませんでした。


同時収録作も神×人間の人外ものです。表題作のスピンオフなどではなく、完全に別個の話でした。
長雨を止めるため神の贄に捧げられた盲目の受けの話です。こちらの神様のほうが表題作の神様より傍若無人で、受けはこちらのほうが表題作受けより健気。個人的には表題作のほうが、攻めに可愛げがあって好きでした。

1

人外×人間の甘々ラブストーリー

表題作の龍神様と、山の神様の、2つのラブストーリーが収録されています(+他コミックスの番外編)。

どちらも甘々で楽しめましたが、『神の贄』の方が好きでした。
生贄にされたのに、健気で一生懸命な受けにキュンとなりました。山の神様の嫉妬や執着にも萌えたし、狗神との三角関係も面白かったし、もっと読みたかったです。

表題作は、チビちゃんの白蛇が、ただただ可愛かったです。その蛇バージョンも、可愛かったりカッコ良かったりと、バラエティ豊かなのも
良かったし。ただ、双子の子供ができたのも好きな展開だったけど、赤ちゃんバージョンが無かったのが残念でした。3人目が欲しいからと、子供たちが母親(受け)に迫るのも???だったし…。

でも、甘々とファンタジーを堪能できた1冊でした。

2

かっこよくて時には可愛い神様

展開が読めてしまうので、ドキドキやワクワクといったものはありませんでしたが、攻めさんがひたすら溺愛するお話なので、そういったものが好きな方には堪らない1冊だと思います。

表題作のお話は、白蛇(攻めさん)がひたすら可愛かったという印象が1番強いです。
苺が好きでルンルンで食べてるシーンを読んでいると、私も思わず蛇を飼ってみたい衝動に駆られました。
特に大きな危機もなくほのぼのと展開されていくので、ストレスなく読むことができました。
ただ、重要部分でもあるはずの子作り関係のお話が飛び飛びで若干あやふやなので、もっと掘り込んで欲しかったなあ‥と思います。

あとは、同じく神様を題材にした生贄のお話や、短編の番外編?なとが収録されており、どれも幸せそうな結構激しめに致してる主人公2人をたっぷり見れるので、ほのぼのだけじゃ物足りない方にも楽しんで読めるのではないかと思います。

6

可愛い

子供たちが可愛いかった!

どのように出産したのかは詳しく描かれていなかったのでそこ
がおしいかなと思いました。
最後まで楽しく読めました。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ