獅子と冷獣

shishi to reiju

獅子と冷獣
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
竹書房
シリーズ
ラヴァーズ文庫(小説・竹書房)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784801907065

あらすじ

「あの男にも、抱きながらタトゥーを入れたのか」
敏腕弁護士の梶谷英令(かじやひではる)は、仕事で訪れたシンガポールで、ひとりの美しい男と出会う。その男・ハリーの身体に入れられたタトゥーを見て、梶谷はショックを受けた。それを彫ったのは、梶谷の恋人であるレオンに間違いないと、すぐにわかったからだ。
「こうして抱き合っていれば痛くない――」
恋人になる前、レオンにタトゥーを入れられながら乱れた自分が、ハリーと重なり、梶谷は暗い感情に翻弄されてゆく――。そんな梶谷の不安をよそに『上海の獅子』・レオンと『シンガポールの冷獣』・ハリーは運命の再会を果たしてしまうが…。

表題作獅子と冷獣

レオン・リー,上海証券トップ,タトゥーアーティスト
梶谷英令,敏腕弁護士

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

梶谷よ、お前もか!?

このシリーズの中で一番好きな「獅子カプ」の最新刊!
発売を楽しみにしていましたが、読み終わってガッカリさせられたのは私だけなのでしょうか?

梶谷は、頭脳明晰、冷静沈着、清廉潔白、ストイックなところが非常に好みなキャラ。
そんな彼の颯爽とした活躍ぶりを今作でも期待していたのですが、私の期待は裏切られました。

今回、嫉妬したり怒ったり悩んだりと仕事以外で大忙しな梶谷は、恋する乙女のようであり、珍しく自分の感情に素直になったことで、レオンとの関係も一歩前進ということになりました。この二人の関係が進んだことは良かったのですが、梶谷の感情の振り幅の大きさや無茶を承知で危険に身を投じるところが、私のイメージする梶谷らしくなくて・・・。まるで龍カプの高柳智明のようでした。そう、今作では梶谷が「高柳化」していたのです(苦笑)。まあ、梶谷自身にも「高柳みたいなことをしている」との自覚はある訳ですが・・・。

ワイルドキュートなレオンと梶谷は、お互いに精神年齢が高くて大人なカプのハズであるのに、そのようには思えなかったのが残念でした。話の途中で梶谷と高柳とが入れ代わったとしても、OKな続き展開だったように思います。
次回は大人なカプの大人な恋愛模様を読ませていただきたいものです。

0

獅子と虎の共演

ウェルネスシリーズ第16作目で、
『獅子の黒炎』『獅子の爪牙』のレオン×梶谷カプの続編。

話としては、前作『虎に翼』と同じ時間軸の話を、梶谷視点で辿るような内容となります。

弁護士の梶谷(受け)は、上海証券のトップでタトゥーアーティストのレオン(攻め)と、ニューヨークで同棲中。
ラブラブな二人ですが、ある日、梶谷はレオンが自分以外の客に刺青を彫る姿を見てしまい、激しい嫉妬心を覚えます。

更に、仕事で前作カプのハリー×浅海カプとご対面。
攻めのハリーは、過去にレオンに刺青を彫ってもらった男。
梶谷が刺青を彫られる際レオンに抱かれたように、ハリーもレオンと関係を持ったのかもしれない。
そんな疑念を抱いた梶谷は、苛立ちからレオンと喧嘩してしまい……
そんな可愛らしい痴話喧嘩メインの話です。

大人な二人なので、喧嘩したままでも普通に会話するし、仲直りの仕方も素敵。
わだかまりが解けた後、積極的にレオンを誘う梶谷の姿にはこれぞ年上受けと言うべき色っぽさがありました。
レオンはレオンで、梶谷の背中を撫でながら、
「いつかここに俺を描いてもいいか?」
とい続きう台詞に梶谷への愛が感じられ良かったです。
『獅子の黒炎』のときには温厚な性格と言われてもいまいちピンとこなかったレオンですが、続編で梶谷との関係が落ち着いてからは優しさや穏やかさがよく見えるようになり、好きな部類の攻めとなりましたv

ただ、ストーリーとしては、受けが拉致され、攻めに助け出され…というパターンが既刊と酷似しており、さすがにややマンネリ感が。
梶谷のハリーに対する嫉妬自体も、前作受けの浅海のそれとカブるため、目新しさはありませんでした。

全体として、レオン×梶谷カプの新作というより、前作のアフターエピソードといった印象の方が強い一冊でした。
このシリーズのファンで、特にレオン×梶谷のカプが好き!という方であれば楽しめるかなと思います。

ちなみに、前作カプのハリーと浅海もそこここに登場。
ハリーが、浅海が危ない目に遭わないか心配していたり、
浅海が、二度目の刺青を入れるハリーが痛がらないようずっと傍についていたりと、
お互いへの愛情が見えるのが良かったですv

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ