明日はどっちだ! 1

ashita wa docchida

明日在何方

明日はどっちだ! 1
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神42
  • 萌×218
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

72

レビュー数
9
得点
301
評価数
68件
平均
4.5 / 5
神率
61.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
H&C Comics ihr HertZシリーズ(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥639(税抜)  ¥690(税込)
ISBN
9784813031116

あらすじ

おとぼけで明るいママのもと、美少女のように育てられた星が町内美少女コンテストで優勝した年、
土佐山田京一、顕の兄弟が隣に引っ越してきた。
男らしい見た目に、無愛想で喧嘩の強いふたりは、星の憧れそのものだった。
それから数年──。
土佐山田兄弟は、狂犬兄弟として有名になり、星は男らしく、男くさくという本人の希望に反して、
華麗な美少年に成長していた・・・
無愛想で無口な顕と、意地っ張りな星の恋が始まる!!

表題作明日はどっちだ! 1

土佐山田顕、高校生
黛星、高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数9

せっかく、かわいいのにね

幼なじみのすれ違いラブストーリー。
小鉄子先生の描かれる美少年ってほんとに可愛い。
くりっとしたお目々や、柔らかそうなほっぺ、ぷっくりした唇もかわいらしい。
それでいて、言動にはなよなよしたところがない。
ただ逆に、自分のかわいらしい容姿に対するコンプレックスからか、必要以上にがさつだったり乱暴だったりしすぎるのが、ちょっと…。
星の恋のお相手となる顕も、ツン成分ほぼ100%みたいな…で。
私としては、拳で語り合うおバカなヤンキーに萌える属性があんまりないので、せっかくの可愛い絵だけど、萌度は1で。

0

かっこつけでこずるい次男

安定の小鉄子先生

絵、シナリオ共にベテランの安定感です。

大体の事はすでに先人の方々が書いているので、、

土佐山田弟は星が通りかかるのに合うように
曲がり角の先でセッティングしているのです!!キリッ

かなしいかなホモは遺伝するんです。
特に強いストレス下にある生活環境(仕事を含め)で。

0

攻めの成長に期待w

山本小鉄子さんの描く、無口で硬派な攻めが大好きです。
この子絶対大人になったらいい男になるよな~というのが分かって萌えます。
受けの天然ぶりが、余計な騒動を次々に起こして、攻めがそれを尻拭いするというパターンだと思いますが、これからどんな風にこじらすのか期待します。
土佐山田兄弟は、二人ともホモ嫌いとか言っているけど、明らかに父親に対する反発なだけで、その実は・・・という雰囲気がw
個人的には、兄が好きなので、兄が主役の話とかも読めたらいいのにな~と思います。
兄が受けだといいな~~~ww

2

これからがどうなるのか…

山本小鉄子さんの描くキャラクターはいつも受けの子よりも攻めの人が好きで買うんですが、今回も素敵な攻めキャラでした。

無口なキャラクターなのであまり多くは語らないですが、受けの星と接してる時の表情がなんとも言えないです!気持ちが滲み出てます!


これからどーなっていくのか続きが待ち遠しいです!
兄弟そろってホモ嫌いですが、出来ればお兄さんの話もあるといいなぁーと期待してます!…ないかな?汗
むしろ、お父さん達の話でもいいので見たいです!笑

4

うまし牛乳

やっぱり好きな作家さんですね。
この方の書くお話って、幼馴染みとか家族ぐるみってのが多いですけどこれもまたそう。それにプラス微妙な三角関係がありそうな。
まだ一巻なのですがわくわくしながら読んでいてあっという間に終わっちゃった感じです。早く続きが読みたいっ。

どのキャラも好きなのですがキララはほんと可愛いです。見た目が美少女なのにあの喧嘩っぱやさ。そして、顕。クールでかっこいー!お父さんの事があるから複雑だけど案外早くに手を出しましたね。そんな我慢のきかないとこもなんか男っぽくて好きです。きららがお兄ちゃんの事を好きなんだと勘違いしてる節があるけど、その勘違いから焦ってやらかしちゃう展開はこれからもどんどん続けてほしいです。でも山本先生の作品だからなぁ、まだまだ焦らされるんだろうなぁ。楽しみー!

5

今後の展開が気になる!!

山本先生の「お参りですよ」が面白かったので、今作も購入してみました。
内容を確認せずに購入したのですが、読み始めて一瞬、あ・・・まずい・・・と思いました。・・・というのも、実はあまりヤンキー物が得意ではないからなのです。
でも、読み進めていくうちに、それは杞憂だと気が付きました。
なぜなら、ヤンキー度が前面に押し出された話ではなく、しかも星はいわゆるヤンキーとも違うイメージとは少し違っていたからです。
それに出てくるキャラクターがなかなかに面白くて・・・

お話自体も基本的にはコメディーなので、ぷっ!!!と吹き出しつ最後まであっという間に読んでしまいました。
それに、星と顕のもどかしい展開が凄く良くて!!!これからどうなっていくか、とても楽しみです!!

3

無口で無愛想な攻めくんがカッコいい

小鉄子さんは作家買いする作家さまなのですが、最近ちょっとご無沙汰で。でも、表紙の上側にいる黒髪の男の子のカッコよさにつられて購入してみました。

えっと、内容はというと。すみません、ネタバレしてます。



主人公は星。と書いて「キララ」と読む。
表紙の下側にいる、金髪の彼です。ストーリーは彼視点で進んでいきます。

小さいころから可愛い顔で、町内の美少女コンテストで優勝してしまうようなビジュアルのキララ。顔は可愛いけれど中身は非常に男前で、女の子のような顔の自分にコンプレックスを感じています。
そんなキララが出会ったのが、隣に引っ越してきた土佐山田家の皆さん。
男くさいビジュアルに喧嘩も強い、そんな男らしい顕家の京一・顕兄弟はキララの憧れ。
けれど、弟でキララと同い年の顕とは顔を合わせれば喧嘩ばかり。

幼馴染として、喧嘩もしつつそれでも仲の良かったキララと土佐山田兄弟ですが、成長するにしたがってキララは顕への自分の想いを自覚し始めます。ところがある日土佐山田兄弟のお父さんの秘密を知ってしまったキララは…。

というお話でした。

何というか、既視続き感のあるお話でした。小鉄子さんといえば、くっつくまでのじりじり感がお得意ですが、このお話もまさにそれ。

キララにしても、顕にしても、両片想いな二人なんだなというのは読んでいるうちに早々に読み取れちゃうんです。
でも、顕のそんな気持ちには全く気付かないアホの子のキララ。キララのアホな子ぶりが何とも可愛い。

そして一方の顕も。
ここ最近の小鉄子作品は大人で包容力のある攻めが多かった気がしますが、自分の父親への思いやキララに対する恋心に悩み、葛藤する、青臭い攻めくんでした。
自分の気持ちを素直に表現できない彼ですが、影からこっそりキララを見守る彼の不器用さがとてもツボでした。

あと、すごく気になったのが、全体を通してそこはかとなく漂う昭和のかほり。
不良くん(ヤンキーではない。不良くん、だと思う)のリーゼントの髪型とか。
金髪にしていきがるキララとか。
学校に生息する主・キングがニワトリとか。
何とも古めかしい。
古めかしいのだけれど、小鉄子さんの可愛らしい絵柄がそれらとうまく調和され、何とも可愛らしかった。

二人を取り巻く脇キャラたちもなかなか味があって良かったです。
土佐山田家の長男・京一はもちろん、息子にキララと名付けたり、美少女コンテストに応募したりする割には、ごく普通のお母さんであるキララのお母さんとか。
あと、今後の顕とキララの行方を大きく左右しそうな土佐山田家の父ちゃんと、その恋人。

小鉄子さんの描かれる可愛い受けさんて大好きですが、この作品は無口で自分の想いをあまり口にしない顕にとにかく心惹かれました。

続きがどうなっていくのか非常に楽しみです。

7

バカな子ほどかわいいとは言うが

面白かった(*´Д`*)テツコさんの新シリーズ。
これはまたハマッたな。うんうん。
アホでバカな子ほどかわいいとは言いますが、
ホントだよなーな今作。

昔から小さくてかわいくて名前とおなじキラキラなキララ。
母はかわいいかわいいで育てているが
「俺は男だ」の一言から男に目覚めるというなww
の割りに~な展開がまたおいしい。

好きになったのは隣の。
でも「ゲイなんて」という言葉を聞いてからは
知られちゃいけないと気持ちをひたかくしにしていくわけですね。
ま、駄々漏れなわけですがww
正直、「ゲイなんて人種は」なんていっている顕がキララのこと
好きなのはどーみても。。。なわけなので
どのタイミングでどうなるかというところですね。
顕は大事なハジメテを適当な女で済ませたことを後悔すれば良いw
さ、次回が楽しみだ

7

キャラクターが魅力的で絵柄が最高!!

表紙買いです。
まず絵柄がとっても好みでした。
そして、キャラクターが良い!
受けは見た目女の子顔負けに可愛いけど、男気があってアホで一直線で、本当に可愛い!!
対する攻めも喧嘩めっちゃ強くて無愛想だけど、優しいとこもあってお兄ちゃんに嫉妬しちゃったりしてこちらも可愛い!
残念ながらまだエロシーンはありません。
私はくっつくまでのヤキモキしたりするのを見るのが大好きなので、非常にツボでした!!
鈍感で無自覚に周りの人を魅了しちゃう受け最高!!!
それに嫉妬しちゃう攻めも最高!!
ただ、今のところ甘々なシーンはほとんどないので、続きに非常に期待しております!!

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ