最強の恋敵、登場!?

お隣さんは溺愛王子様

otonarisan wa dekiai prince

お隣さんは溺愛王子様
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
10
評価数
3件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
ダリア文庫(小説・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥602(税抜)  ¥650(税込)
ISBN
9784861348815

あらすじ

高校時代から続くいじめから救ってくれた日米ハーフの好青年・龍一と付き合うことになった玲史。
大学では龍一の剣道全国大会に向けてマネージャーの立場で、プライベートでは恋人として支えようとする玲史だったが、
突如彼らの前に龍一の幼なじみ・絵里が現れる。
龍一の元カノと周囲にアピールする絵里にしつこくつきまとわれ、玲史は龍一を信じつつも心が揺れて…

表題作お隣さんは溺愛王子様

佐木・ラルフ・龍一,日米ハーフの大学2年生,19歳
野間玲史,大学1年生,剣道部マネージャー,18歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

順風満帆にラブラブ

『お隣さんは過保護な王子様』の続編。
『愛しの従兄弟は漫画家様』の宗弘と七生も登場しています。

大学1年生の玲史(受け)は、高校からの先輩でお隣さんの龍一(攻め)と、前作で恋人同士に。

元剣道部エースで、今は司法試験の勉強に励む龍一ですが、剣道部時代のライバルにもう一度全国大会に出るよう勧められ、勉強との両立に悩みます。
更に、龍一の幼馴染の女子高生が、龍一にしつこく言い寄ってきて…というような話。

大きな事件はなく、ひたすらラブラブな二人を堪能できます。

龍一が剣道を再開すべきか迷う一番の理由は、剣道に時間を割きすぎて玲史に愛想を尽かされないか心配なため。
もちろん玲史はそんなことでは龍一を嫌いにならず、むしろ剣道着姿の龍一にみとれるほど彼にベタ惚れで…と、終始甘々です。

当て馬女子はちょっとしつこいですが、龍一が玲史以外眼中にないため、不快感はそれほどありませんでした。
日米ハーフの美剣士としてたえず女子にキャーキャー言われる龍一ですが、
本人は玲史一筋で、玲史も龍一を信用しているため、変に嫉妬することもなく。

剣道の試合自体も、マネー続きジャーで新妻(?)の玲史の栄養管理のおかげもあって問題なく勝ち進み、特にピンチに陥ることなく終わりました。

ラブ甘な雰囲気は良いのですが、ときにあまりにスイーツすぎるやり取りに「女子か!」とツッコミたくなる部分も。
玲史と龍一がカフェでケーキを物色したり、
主夫仲間の玲史と七生がスーパーの広告の話をしたりする場面では、
そのへんの女子大生の会話でも聞いているような錯覚を覚えました。

また、
ハンバーグとミートローフの違いとか、
自宅のガスをIHにしたとか、
どうでもよい雑談で尺を稼いでいるような印象がなきにしもあらずで、やや物足りないかも。
日常描写多めなのは悪くないのですが、会話の内容はもう少し中身あるものにしてほしかったかなと思います。

話としては物足りないですが、前作の二人がお好きな方にはオススメの内容です。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ