シークレットクルーズは危機一髪

secret cruise

シークレットクルーズは危機一髪
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

271

レビュー数
2
得点
42
評価数
11件
平均
3.8 / 5
神率
27.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041043097

あらすじ

中華マフィアの幹部の美華の恋人となった伊吹は、豪華客船での商談でロシアの企業家のヴァルラムと出会う。美華の大学時代の同期という彼に伊吹は興味を持つが、無警戒な伊吹にヴァルラムが横恋慕してしまい…!?

表題作シークレットクルーズは危機一髪

黎美華 チャイニーズマフィアの幹部
水沢伊吹 美華の恋人

評価・レビューする

レビュー投稿数2

定番に変態スパイス

正直、明るく軽すぎてこの攻めには犬の称号は与えられないな、と思っていたら、脇にいました。立派な犬が。やっぱ、犬と言ったらこのくらいじゃないとね、と思ってしまうあたり、毒されすぎているのかもしれませんw

前作で無事ハッピーエンドを迎えたので続編となれば当て馬登場するしかないよね、っつーことで当て馬にロシアのふんどしマニア登場。これが寡黙で不器用でなかなかいい人キャラです。当て馬なんだから当然取り合ったりするのかと思いきや、いい人すぎて取り合ったりできませんでした(涙)。そんないい人な彼に幸あれ。
お話はまあ軽い感じでさらりとしていますが、ちょっと気になるのが美華の部下の林と張。おそらく張(犬)×林(女王系)なんですが、張がいい感じに病んでて面白そう。でもきっと、展開が読めてしまうからこの二人は脇でごちゃごちゃやってるくらいでちょうどいいのかも。
当て馬のふんどしマニアといい、部下の張といい、やっぱり変態美華の周りには変態が集まるんだなぁという感じ。ここからドタバタラブコメに移行して某有名クルーズシリーズ的に続いていったら面白いかも、なんて思いました。

2

1作目からどうぞ

宮緒先生にしては珍しくコメディタッチのシリーズの2作目。
なんと言っても攻がパンツに執着しているのが面白すぎる。それも至宝は子ども用白ブリーフなんて笑えと言ってるようなもの。今作ではフンドシに執着する当て馬が出てきて、また笑うしかない。
全体的に軽い作風なので楽しく読める。読後感も明るいけど、深みとしては少々物足りないのも事実。
個人的には脇役の秘書と護衛の方がドロドロしていてスピンオフが読みたい。しかしルビー文庫では難しい内容になってしまいそうだから無理かな。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ