ドラマCD「四代目・大和辰之」初回特典プチコミックス

yondaime ooyamato tatsuyuki

ドラマCD「四代目・大和辰之」初回特典プチコミックス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神17
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

14

レビュー数
4
得点
89
評価数
18件
平均
4.9 / 5
神率
94.4%
著者
 
媒体
小冊子
出版社
新書館
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
ドラマCD「四代目・大和辰之」

あらすじ

初回特典プチコミック(16P)
なくなり次第終了。

題名:「アマイ・フレーバー」
望の顔を見に保育園にひょっこり顔を出した辰之。
仕事に戻ろうとしたところ、望から 夜に家に来るよう強く誘われて…。

表題作ドラマCD「四代目・大和辰之」初回特典プチコミックス

小鹿望 トラウマを持ってる保育士
大和辰之 極道の跡取り息子・次期四代目

評価・レビューする

レビュー投稿数4

辰之のカッコよさにKO

BLCDってあまり聴かないのでこのCDを買おうか悩んでいたのですが、初回特典のこちらの小冊子が欲しくて購入。
しようと思ったら、どこも売り切れ状態で焦った…。探しに探して、やっと手に入れられました。

もうすでにたくさんの素敵レビューがついているのですが、私のこの滾った萌えを噴出したい!ということで。

ええ、もう昇天するかと思いました。辰之がカッコよすぎて。
望のトラウマを理解し、そのうえでの辰之の行動がいちいち男前すぎる。

タイトルの「アマイ・フレーバー」。
何ともまあ、センスの良いタイトルではありませんか。
辰之の出すにおいなら、たばこでも、お酒でも、甘い匂いになっちゃうんですね、望にとっては。

そして、辰之にとっても。
悪ぶってる彼の、本当の中身を理解している望。
この二人の相手を想う気持ちの強さとか、つながりに激しく萌えてしまいました。

そしてもちろんエチシーンもとても良い。
辰之が望の上に乗っかって、お酒飲んだりタバコを吸うしぐさの色っぽさといったらナイスすぎます、辰之さん。

これがたった16Pで構成されているというのも驚き。表続き紙がまたこれ素敵すぎる。
ベリ子さんの才能に脱帽でした。

こんな素敵な話が特典というものもったいない。
たくさんの腐姐さま方の目にいつか届くといいなと思います。

5

ゲットできてよかったよー。•つД`)・゚・。

うっかり予約しもれて、慌てて近隣の大型メイトに発売当日午前中に
在庫確認したら完売と言われたときは泣きましたが…。
本店でなんとかゲットできてよかったー。・゚・(ノД`;)・゚・ヨカッタヨォ

内容については既に余すとこなく詳細に記載されておりますので
萌えのみを。笑

もう、ホントにこれ16Pなの!?(驚喜)というくらい満足至極。
他の姐様もおっしゃっておられますが。表紙。
表裏が一枚絵になっていて、べろーんと広げると
手前には煙草やらお酒やら食べ痕が散乱したテーブル。
その奥にはソファーの上で絡み合う手と足。
モノトーンの表紙なんですが、これはねー。小冊子を読んだ後に見ると
ぬぉぉっぉっぉぉぉぉっと萌え転がるんです!!!!
これはぜひぜひぜひっ見て納得頂きたいっ(*゜∀゜)=3 ムハー

で。望と辰之が互いに相手を想い気遣うやりとりにうっとりしつつ、
やっぱりエチシーンがね、どえろい。笑

望のトラウマを取り除くようにエチに持ち込むんですが、
荒療治と称していそいそとぬぎぬぎした辰之に
スカジャンのみを着せて「 これで お願いします 」と
続き
マニアックプレイを所望する望。ぐっじょぉーーーーぶっ。
半脱ぎエチ推奨派ですヨ!!!(*゜∀゜)=3 ムハー
片方の肩を露わにして望の上にまたがり
んっ・・・って反応している姿がたまらーーーーーんっ
望じゃありませんが、ありがとうございます。笑

「 愛してるぜ 」

と煙草を吸いながら包容力満載な表情で望を見つめる姿は
萌えてんだか、切なくなってんだかよく分からないくらい
ぎゅぅーーーーってさせられました。(//∇//)
もう、絶対これはCD化していただかなくてはならんでしょう!!
ってかお願いしますっっ

あぁ、ぜひともこちらの小冊子を多くの姐様方のお手に届いてほしいっ

6

原作ファン必見の内容です☆

16ページの漫画。
読み終わった後に改めて表紙・裏表紙を見ると何とも堪らない気持ちに…!
毛布からはみ出した足の絡まり具合といい、重なり合った手といい、見れば見るほど萌がこみ上げてきます☆

漫画の詳しい内容は既に書かれているので省略するとして、
何と言っても辰之の男前受けぶりが素晴らしい!!!

対面座位でH中、望に、
「辰之はたまには逆がいいとか……
 思ったりしない?」
と聞かれ、
「俺はお前を二度と傷つけない」
 愛してるぜ」
とタバコを吹かしながら答えるなんて!
望でなくとも惚れ直してしまいます。

受けなのに"攻めんぞオラ!"って感じで自ら動きまくるところも萌ポイント。
それもこれも、望の不安を取り除いて、幸せにしてあげたいという優しい気持ちから来ているという点にグッときます。

辰之が受けのポジションに甘んじているのは、性的志向故だけでなく、性にトラウマのある望を思いやってのことでもあるのかな、と思いました(「二度と傷つけない」という台詞から)。

望は望で、辰之が疲れていることを見抜いて自宅に誘ってあげるところに辰之への愛が感じ続きられました。

いずれ聴けるであろう雑誌付録ミニドラマCDが、こちらの内容とコミック描き下ろし(お道具プレイ)の2本立てであることを祈ります!
この内容であれば佐藤さんのイケボがすごく引き立つはず☆

7

萌えで悶絶・・・っっ(///Д///)

初回特典のプチコミックスなので、気になる方はお早めに!
漫画部分は16ページ。
表紙・裏表紙は繋がっていて、広げると一枚絵になります。

とにかく大和辰之が大好きなので、その後の彼らを見られただけでとっても嬉しくて、それだけでテンション上がりますヾ(*´∀`*)ノうわーい!
辰之&望に会えただけでも嬉しいのに、中身が最高でした‼︎
もうもう萌え禿げでゴロゴロゴロゴロ転がる〜〜〜っ(///Д///)

ベリ子さん大好きだーーっ\(^o^)/素敵な作品に感謝②です♡♡



(以下ネタバレ注意です)


題名「アマイ・フレーバー」

保育園を始めた望。園児達と昼食をとっている所に辰之がひょっこり顔を出します。(子供に揉みくちゃにされて懐かれてるw)

「ちょっと顔を見に寄っただけだから」と直ぐに仕事へ戻ろうとする辰之を呼び止めて「今日ウチに来て」「遅くなってもいいから絶対きて」と望が強く誘います。

ーー夜。望の手料理を食べてお酒飲んでくつろぐ辰之。
「なんか久しぶりに息してる気がする」と大きく伸び。
辰之自身も知らず知らずに疲れを溜めてたよう続きで、それに気付いた望から強く誘ってくれたことにお礼を言います。

キスしてギューっと抱きつき辰之の匂いを堪能する望。
「たばこもお酒の匂いも好きじゃないけど」
「辰之の匂いは全然平気」「むしろ好き」

その言葉に今度は辰之が望に抱きついて
「そういやお前んちって匂いないよな」
と望のうなじをクンクン。

「ああそれは消してるんだよ」と望が話出した匂いがない理由。昔の虐待を受けてた記憶にあるゴミや散らかった匂いが苦手というものでした。

黙って聞いてた辰之は「タバコ吸っていい?」と火を付け、
口に煙を含んだまま望の口元へ近付き、煙を出しながらキス。

「目閉じんなよ」「ちゃんと俺を見て」「じっくり味わえ」

タバコ味のキスをたっぷりして"苦ぁい"と顔をしかめる望に笑いかけ
「その調子で楽しい記憶に更新していこーぜ」と服を脱ぎ脱ぎ。

ビールを飲んでタバコを吸いながら、対面座位で上に乗り腰を動かす辰之。
(流し目で「どーよ?」って・・・エッローーーっ(///Д///)アバババ)

辰之が受けポジに居るコトを不満に思っていないか不安に感じる望の感情を読み取って、望の上でガンガン動きながら
「いい加減慣れろ!幸せであることに!」
「先の不安より今をめいっぱい楽しめ!」

そしてそして・・・。一呼吸置いてから。

「愛してるぜ」

望はギュッと辰之に抱きついて
「辰之、酒と煙草臭い」「煙全然おいしくないよ」
と文句を言いつつ
「でも」「いいや」
と笑顔で言った目には涙が・・・。

翌朝、苦手だったタバコと酒で散らかった部屋のソファの上。
望は満足げに深呼吸して、一緒に横になってる辰之の背中に顔を埋めるのでした。



辰之、男前過ぎるだろーーーーー////
少しでも望のトラウマが軽くなるように広い懐で包み込むなんて…。
もう…本当、なんなのこの子…。カッコよすぎる受けだよ…。

望も辰之の疲れを感じ取って料理作って待ってて癒してあげて良い奥さんだよなー。お互いがお互いを支え合ってるっていう感じがスゴくいい。

そ・し・て!
辰之の愛の言葉には息がヒュッとなった…(ΦωΦ)
このシーンの色気ハンパなくてヤヴァイ…。
めっちゃ色っぽいんだけど、辰之の目がスゴく優しくてウルっとくる…。
萌えメーター振り切って言葉にならんぐらいジタバタです。

本編の時はまだまだ我儘なお坊ちゃんな部分もあって"可愛い"って感じだったのに、覚悟を決めてからはシッカリ男っぷりを上げたようです。エッチの最中もカッコイイなんて反則だよ…orz←腰砕け
2人の愛が更に深まり、辰之のカッコ良さが進化していた後日談でした(///ω///)♡

これは是非とも音声化して欲しいなー。
絶対天国に行ける…*ଘ(੭*ˊ∇ˋ)੭* ੈ✩‧₊˚

11

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ