好きで、好きで 桜散るころ~小説Dear+ 2016年4月号 ハル Vol.061付録

sakurachirukoro

好きで、好きで 桜散るころ~小説Dear+ 2016年4月号 ハル Vol.061付録
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
24
評価数
5件
平均
4.8 / 5
神率
80%
音楽
MSG
脚本
野中幸人
原画・イラスト
木下けい子
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
14 分
枚数
1 枚
ふろく
本品が「小説Dear+2016年ハル号」の付録
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

文庫収録の小作「桜散るころ」を音声化。
穂木が志方と付合い始めて三カ月。大学の入学式の後、穂木のマンションに仕方がやってきて…

表題作 桜散るころ

志方文明 → 佐藤拓也

穂木啓 → 小林裕介

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ういういしい初体験♡

【好きで、好きで】の番外編。小説Dear+の付録CDです。

志方(佐藤さん)と穂木(小林さん)の初体験編。
本編は期待が大きすぎたのと、自分の想像していた人物像と少しズレがあったため、そこまでの高評価には至らなかったのですが、こちらは凄く良かったです!

想いが通じ合い、つきあい始めた志方と穂木。
はじめてのキスから時間を掛けて、やっと身体を重ねる日。
この何とも言えない初々しさと恥ずかしさ、そして甘酸っぱさが堪らなかったです。
お二人ともその辺の不器用さの演技が巧みで、いざコトに及ぼうとしたときのギクシャク感が凄く良かった。
挿入前の言い争いも面白い。志方はあそこが大きいので、穂木に負担をかけないだろうかと真剣に心配するのに対し、自慢かよ! とツッコミ入れる穂木とか、掛け合いのタイミングや間が絶妙で楽しめました。

そして本編では少し辛口評価してしまった佐藤さんの演技ですが、こっちの志方は最高に素晴らしくって、これが聴きたかった! と滾ります。
一番胸が熱くなったのが「お前はバカだな」という台詞なんですが、志方の穂木に対する愛しい気持ちがそこに全て表れていて続き、この一言、このニュアンス、このトーン、とにかく素晴らしかった。
何度でもリピートしちゃうくらい素晴らしい。
事実、ここばっか5回くらい巻き戻して聴きました。
志方の声が甘すぎて、腰がへにゃへにゃっと砕けそうになります。
何回でも聴ける。

フェードアウトなので物足りないと思う方もいるかもしれませんが、私は志方の「お前はバカだな」を聴けただけで大満足でした。
この一言で迷いなく神。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ