世界一初恋 ~横澤隆史の場合2~

sekaiichi hatsukoi

世界一初恋 ~横澤隆史の場合2~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
  
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥980(税抜)  ¥1,058(税込)
ISBN
9784041041581

あらすじ

出版社・丸川書店で「営業部の暴れ熊」と言われる男・横澤隆史の恋人は、少年誌「ジャプン」のカリスマ編集長・桐嶋禅。ところがある日、社内で桐嶋が見合いをするという噂を耳にして…?

表題作世界一初恋 ~横澤隆史の場合2~

桐嶋禅、看板漫画雑誌ジャプン編集長でヒットメーカー
横澤隆史、丸川書店の暴れ熊と呼ばれる営業マン

その他の収録作品

  • comicside~横澤隆史の場合~
  • あとがき
  • 予防注射編~横澤隆史の場合~ (カバー下)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

日常の愛しさを感じます

一応付き合っていることを自覚してからはそれなりに恋人同士の気恥ずかしい会話も見られ、大人の恋模様にほくほくと期待してしまいます。
しかしながら足しげく通いつめる横澤に色めいた気配はなく。
桐嶋のゆるふわな思考とは反して、父親としてはちゃんとしている部分に感動してしまったり。
何より日和の存在が大きくて、変則的な家族団らんの様相にほっこり和んでしまい、恋愛のときめきが遠のいていきます。
気づいてはラブとエロを今か今かと待ちわびてしまうの繰り返し。
そうしてやってくる大人の時間でさえ、素直になれない暴れ熊の照れが強く、桐嶋だけが愛情を示しているようであと一歩踏み込んで欲しい歯がゆさを感じてしまいました。
しゃんと背筋を伸ばして生きてきた横澤らしいとは言えますが…。

桐嶋や日和との取り止めない日々や桐嶋の愛の囁きにほだされて変化していく姿をにやにやと見守りながら、甘い恋人同士の会話と、家族みたいな優しい時間、そして働く男の一面と文章を追うごとに様々な表情が見られ、飽きることなく読み進めることができました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ