花鳥風月 (5) 小冊子付特別版

kachoufugetsu

花鳥風月 (5) 小冊子付特別版
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神54
  • 萌×227
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

45

レビュー数
15
得点
387
評価数
84件
平均
4.6 / 5
神率
64.3%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥900(税抜)  
ISBN
9784403665196

あらすじ

現役を退いたヤクザの曜明と、彼の世話をする火弦。
火弦は曜明を密かに慕っていたがーー。

描き下ろし番外篇収録の小冊子がついた特別版で登場。

表題作花鳥風月 (5) 小冊子付特別版

辻本曜明,ヤクザ,平岡組の組員
佐野火弦,攻の舎弟

同時収録作品花鳥風月

外科医 一見雅貴
家を出て田舎に越してきた青年 糸川一人

評価・レビューする

レビュー投稿数15

あああ!!また気になるところでぇぇ!

ヤクザ幹部:辻本曜明×ヤクザ構成員:佐野火弦です。
や~っと、このCPメインの話でしたが、まぁ~気になるところで終わっちゃって・・・もうっ!!って感じでした。
あとがきにもありましたが、ホントにVシネマみたいでした。
あまりBLっぽくなかったですね。(いや、BLなんですけどね。)

ぶっちゃけ、火弦には是非とも曜明と幸せになっていただきたいのですが、今まで先代とその家族にしか興味がなかったのに、どういうつもりで火弦にキスをするのか、すごく謎だし、はっきりしろよ!って思いましたね~。

あと、新CPのフラグがバシバシ立っているキャラが出てきました!
財前が個人的にめちゃくちゃ気になります!!(そして受けであってほしい。)

今回は一見×糸くんCPも少しだけ・・・
というか、糸くんがめっちゃ巻き込まれてました。
で、一見の過去がすこ~しだけ垣間見た感じでしたね。ホントこっちも気になりますね!!

0

火弦ーっ!!!

火弦ぅーっ!って感じの5巻でした。
一冊まるっと曜明と火弦のお話で、やくざな世界だったので、切なさと嫌悪感ですね。
私は密かに吉利谷さんも火弦のことを好きなんじゃないかと甘い三角関係を願っていたのに、ちっ、所詮やくざな世界、そんな甘いことありゃしませんでした。でもでも、ここに来てまたしてもクールビューティ財前弁護士の登場ですか。うん、それならあり。人間としては置いといて、吉利谷さんのビジュアルはタイプなので、このまま不幸で終わらせてほしくなかったから、これはまた期待できそうですね。

さて、本編の火弦の恋、あそこまでしておいて、まだ犬扱いですか、曜明さん。最後気になる終わり方でしたが、まさか本当に死亡フラグってことはないですよね?

そして、こんな切ない本編と平行して一見さんと糸くんの方もますます固い絆が。この二人を少しでもいれてくれてほっとしました。

6巻が出るまであと半年はかかりますかね。うーん、連載の方で先読みしないと気になりすぎる。

1

雑誌で読んでいても

雑誌で読んでいてもコミックで読むと、また違った部分に着眼することってあるんだなと思いました。雑誌では続きが気になるのでストーリーを追うことに夢中になっているからでしょうか?

この巻から登場した財前弁護士が、クール・インテリ・黒髪でカッコイイです!なんで雑誌掲載時点にそう気づかなかったのか、自分が不思議でなりません。メインの曜明×火弦を差し置いて、財前と吉利谷が気になって仕方がありませんでした。あとがきにありました「がっつり」を期待しています!

ただ、1巻もそうだったのですが、なぜか一見の蹴りシーンに違和感を覚えてしまいました。なんででしょう…。

0

一途な忠犬と健気な猟犬の物語

ずっと気になっていた曜明×火弦の出番です。

4巻の終りでそんな雰囲気ではありましたが、のどかな田舎の田園で出会った少々ワケアリな男たちの恋模様…のはずが、この巻はVシネちっくなバイオレンスな展開になりました。

巻き込まれ体質な糸くんが今回またもや災難に見舞われます。
一見の用事で一緒に東京にやって来た糸がヤクザの抗争に巻き込まれ危機に。
一見の過去をほんのりを垣間見せてくれましたが、まだ謎のままです。
やんちゃしてたなんてかわいいもんじゃなさそう。
糸くん傷つけられてめちゃくちゃ怒ってました一見先生。
愛されてますね、糸くん。
よかった、助かって。
よかった、大事に思われてて。

ところで、曜明×火弦です。
亡き兄とその残された妻子にしか興味がなくて妬けるくらい彼らを守ることに夢中な曜明。もう一途を通り越して他のものなどどうでもいいくらいに。
その飼い犬の火弦は、その昔命を助けられてから曜明を命がけで愛しちゃってるのに見向きもされず、たまにほめてもらうことだけが喜びなんて不憫ですよ。

鉄砲玉として命を捨てる覚悟をした火弦が最後のお願いとして曜明に続きキスをねだる場面とラストシーンが切なかったです。
子供みたいに愛されたがり曜明だけを求める火弦の望みが叶う時が来るのでしょうか。
すごいところで終わってしまい第6巻が待たれます。

本筋から外れるかもしれませんが、一見の悪ガキ仲間らしい吉里谷と財前の面白い関係もいつか明らかになるといいなと思います。

3

命を懸けた想い・・・一途な「犬」の願いは届くのか?

今回の巻は、殆ど「曜明×火弦」が描かれています。
その中にちょっと「一見×糸」が出てくる感じですかね。

≪あらすじ≫
組から先代組長を殺した人物を殺せと命じられる火弦。
火弦は銃を持ち、死を覚悟して曜明を追います。
そんな中、組長一味に糸ともども捕まってしまい、
糸を置いて曜明を助けに行くことが出来なくなって
しまった火弦は……?

----------

エロシーンはちょこっとだけあります。
ストイックな曜明が火弦にキスするシーンは、
火弦でなくても驚いてしまいます。
キス一つで涙を流す火弦が凄く可愛いです。
「さすがは俺の犬」と褒められることが一番嬉しいなんて
どんだけ慕ってるんだよ!
そして、そういうところが、また萌えるんです!><

死を覚悟した火弦の最後の願いに応える曜明。
全身にキスマークを……。
無表情の曜明の意図はなんだったのでしょう?
ホントに死体で見つかったら…なんて本気で考えて
いなかったのは、当然分かります。
火弦への「愛しさ」だったら、嬉しいんだけどな…。

火弦を残して、先代組長を殺した犯人を追う曜明。続き
そして、それを更に追う火弦。
その時、火弦は組長一味に糸と一緒に捕まってしまいます。


ここから「一見×糸」のターン。
糸は大量のアルコールを飲まされ、倒れてしまいます。
しかし、そこに間一髪助けに現れる一見。
やっぱりヒーローは最後に現れるんですねー。
糸を助け、ラブラブシーンへ突入。
ううう、出来上がっているCPとはいえ、危機を脱した
2人の邂逅は、また萌えるものがあります。
そして糸の口から「最後までして下さい」の言葉が…。
やっぱり死ぬ目にあった人物なら、「後悔したくない」って思うよね…。

それにしても、一見×糸はラブラブだけど、
やっぱり最後までしてなかったんだねぇ。
一見は、糸の体を気遣っていたのかな?
それとも気持ちが追い付くのを待っていたのかな?
いずれにせよ、嬉しい!
しかし、父の手術に行く一見って、なんかフラグが
たっているような気がしません……?
こんなときに…、みたいな。
不吉な予感が当たらなければいいな……。


そして、初めて出て来る「吉利谷×財前」にも注目したいです。
これからCPとして、話に出て来るのかなー?


再びストーリーは「曜明×火弦」のターンに戻ります。
曜明の無事を確認し、犯人の前に出る火弦。
曜明を助けるために、銃で撃たれ倒れます。
そして、この巻のラスト、再び曜明にキスをされた
火弦は、痛みと流血で気を失って……と、
なんとも気になるところで、続き! となります><

うあああ、作家さんは鬼かー!
こんなところで終わりなんて!
気になる、気になる! めっちゃ気になる!


死にゆく火弦。
それをなんとしても助けようとする曜明。
無表情でストイックな曜明の仮面が完全に剥がれています。
それは親しみからなのか、それとも愛しさからなのか…。
曜明にも、火弦の愛しさを感じてほしい。
愛を受け止めてほしい。


火弦の一途で一直線な想い。
命を懸けた想い。

どうか、曜明に届いて欲しいです。

2

ようやく始まりました

曜明×火弦編。
基本、攻め側がろくでなし属性にいるせいか受け側の真っ直ぐさに救われている感じがしていた作品です。
しかし、この2人だけはそれだけでは救いきれない危うさがあり、始まる前からハラハラしてしまいます。
火弦の真っ直ぐさが曜明に届きそうで届かない。
歯痒くてもどかしい苛立ちにぐるぐる巻かれながらも、火弦の純情に引きずられて切なくなってしまう。
兄から譲り受けた火弦が曜明にとってどんな存在なのか。
読めば自ずとそれ以上の特別な感情を読み取ることはできます。
だからこそ、火弦が切り出した義兄弟の縁切りに、曜明だけではなく大きく目を見開いてしまいました。
固唾を呑んで見守る態勢に入ったものの、仇討ちに駆け回る曜明に、曜明を追いかける火弦とバイオレンスさに偏ってしまいお預け状態。
フラグは気になりませんが、劇的な愛の言葉が聞けたらいいなと願ってしまいます。

そしてさりげなく晒された吉利谷の笑顔の裏にある闇。
欲して止まない唯一は、実の所形としては何でもよかったのだろうけど。
先代の特別な思いを受け取りたい。
その渇望に寂しさが募ってしまい、いずれじっくり明続きかされればと期待したくなります。

4

いろいろ話が動く5巻

志水先生×ヤクザものなら予想はできたのですが、久々に重い展開&設定を読んでめちゃくちゃ胸にズンときました…。
火弦は健気で可愛いし、陽明の過去は明かされるしで怒涛の5巻。
1巻からまとめて読みたくなりました。

新しく登場した弁護士がめっちゃ男臭いイケメンでタイプです!
これからどうBLに絡んでくるのか楽しみでたまりません。

展開も気になるところで終わっているし、なんとか陽明&火弦には幸せになってもらいたいですね…。
志水先生はなぜいつもカップルにこのような試練をお与えになるのでしょう、と思いつつ、ドラマティックに動いていく物語から目が離せません。

1

弦から放たれた火のような想い

誰もがたったひとりの誰かがほしくて、誰もがたったひとりの誰かになりたい。

きゅんとしたり、魅せゴマのビジュアルに震えたり、感情揺さぶられまくりでした。
曜明×火弦メインの今巻はちょいハードな展開。
先代組長だった曜明の兄:克也を殺した犯人を巡るバイオレンスなヤクザものの様相を見せつつ、同時に健気な忠犬ワンコ:火弦の曜明への一途な想いが描かれています。

克也を殺した犯人が組員の勝又だと断定され火弦は勝又を殺しに行く決意をします。
吉利谷や丹羽からの命令というより先に火弦は「曜明を危ない目に合わせないように」と自発的に動いていると思いました。
まぁ、吉利谷は火弦がそう動くということを百も承知で絵図面描いているんですが…。

火弦が今生の別れとばかりに曜明にキスをおねだりする、そのくだりがもう可愛くていじらしくて(泣)
曜明に「バラバラ死体になってもわかるように体に目印つける」って名目で首から順に手や胸に唇を押しつけられた火弦が感じすぎてヘロヘロになっている間に曜明は姿を消します。
追おうとする火弦と偶然、出会ってしまった糸くんのふたりは平岡組の丹羽にさらわれてし続きまい…。

ヤクザが堅気を傷つけるとか問題外だろうよ…と吉利谷にも丹羽にもムカッ腹が立ったんですが、ここで黒髪ツーブロの新キャラキター(゚∀゚≡゚∀゚)
平岡組顧問弁護士:財前。
もう新しいキャラクターは出ないと思って安定した頭でいたところに、すんごい自分好みの人が出てきて油断していたことを思い知らされた(笑)

この財前、吉利谷や一見と昔なじみのようです。
吉利谷や一見って、どこか自由で飄々としていますが、それは彼らが特権をもつ特殊な立場の人だからとも言えます。
でも今巻では吉利谷が自由そうに見えながら案外、「唯一のひとり」にこだわっていて縛り縛られたいという切実な願いを抱いていることを目の当たりにしました。
その空虚な部分を埋めるべく存在しているような「特別」発言の財前とは添い寝だけの仲…!?

これまでうさんくさかった吉利谷の本音と意外な一面、そんな吉利谷に胸を貸す財前に心が波立つのを押さえられなかった~!!
そして糸くんを救出にきた一見のハイキックをハイキックで受ける吉利谷の立ち姿!!
一見が丹羽を蹴りで吹っ飛ばしたアングルも好きでしたがスーツ同士の武闘派にめっちゃ萌える!!
理不尽な暴力にさらされた糸くんに対する労り、慌てぶり、怒りぶりにも愛しさが溢れていて読んでいて心地良いです。

一方、火弦は名前のとおり、弦から放たれた炎の矢ように銃弾から曜明を庇います。
重傷を負った火弦を気遣う曜明…で次巻へと続きます。
一見と曜明に関してはまだまだ明かされていない内なる姿が隠されていて今後が楽しみです。

克也にまつわる若き日の吉利谷と曜明の過去エピや殺害の顛末のようにしっかりした物語運びと、それを可能にする魅力的なキャラクター造形。
すごく楽しめました。
シリーズ途中の作品に神評価をつけたことなかったような気がしますが、今回はつけてしまおう!!すっごく好みだった!!

健気な糸くんと火弦がどうか幸せになるように祈りつつ、またしばらく待ちます。

7

ここで終わるとか…!

待ちに待った5巻。健気な火弦が大好きなので、表紙と帯を見ただけでテンションが上がって仕方がなかった。

内容はすでに書いてくださっているので感想を。

吉利谷と曜明さん。
二人とも先代組長を敬い尊敬する念は同じなのに、そのためにとる行動が対照的だったのが印象的でした。
吉利谷は今までいやな奴だと思って読んでいましたが、彼の先代への想いと、そこから発生する曜明さんへの嫉妬心。この巻を読んでいて、そういった吉利谷の複雑な心境が読み取れて、彼が健気で可哀想になってしまった。5巻で初めて出てきた弁護士の財前。彼が吉利谷の心の傷を癒してくれる存在になってくれるよう願ってやみません。

そして火弦は相変わらず可愛かった。
曜明さんへの一途な恋心。個人的に彼はワタクシ的健気受けNo.1です。
そんな火弦の想いにこたえる曜明さんも最高にカッコいい。こんな素敵な男、どこかに落ちてないだろうか…。

先代組長の死の真相にはうっかりウルっと来ました。勝又さんが気の毒すぎて…。伏線を回収しながらのこの真相。さすが志水さん、といった展開でした。

一見×糸くん。
実はこのCPてあま続きり好きではないのですが、一見の裏の顔(っていうか)が意外でちょっとびっくり。糸くんを攫われたときの一見の激昂ぶりがかっこよかったです。

しかし私は声を大にして言いたい!
なぜ、ここで終わる…?火弦、大丈夫だよね…?

早く6巻が読みたいです。

6

切なく、そして次巻に続く!

志水先生お得意の複数カップルもの、
この5巻は、いままでの山の中を離れ東京を舞台に
火弦と曜明のターン。

ひたすらに曜明だけを思う健気な忠犬・火弦。
曜明の兄である前組長を狙撃した犯人が分かり、
組には一気に緊張が高まる中、火弦に与えられた役割。

一方糸くんは、父の手術の為に上京する一見と共に出てきて
火弦の事件に巻き込まれてしまう……。


作者自身が「BLというより後半はVシネマチックでしたが」と
述べているが、本当に話の中心は事件の展開、どのCPもHはなし。
最後は曜明を庇って撃たれ、搬送の車を飛ばす途中の道が塞がり……
最後の一つだけ願いを聞いて欲しいと
キスをねだる火弦、それに応える曜明……、せつない。


組長狙撃事件の顛末は、ちょっと説明調に語られるのだが
この犯人を追う経緯の中で、巻き込まれた糸を奪還に来て
切れていきなりハイキックをかます一見がかっこいい。
この二人は安定のカップルなんだが、
本当に結ばれるまでなんやかんやと邪魔が入り、そこはあと一息。

吉利谷が何を考えていたのか、些かわかりにくいのだが
この巻続きで分かったのは、彼は前組長との関係で曜明に嫉妬し
その「犬」である火弦に、複雑な感情を持っているらしいこと。
今回また一人、弁護士の財前という気になるキャラが登場するのだが、
彼は一見達の古い友人で、何故か人肌がなくては眠れない吉利谷の
添い寝(!)フレンドであること。

この吉利谷と財前の話もそのうちに出てくると思われるが、
まずは死亡フラグの立っている火弦が助かって、
ポーカーフェイスの曜明の表情が解けて、
甘い幸せな時間が二人に訪れるのを期待したい。



特別版の小冊子は、吉利谷と財前が語る火弦のエピソード。
『癒やされたいの』12p

まだ組にいた時代、ヘルスで女の子達に遊ばれて
化粧されバニーちゃん衣装を着せられた火弦。
その格好で、大捕物を繰り広げる火弦の運動神経に感嘆!
その彼を、「俺の犬だ」と抱き上げて持ち帰る曜明。
本編が切ないだけに、ニマニマしてしまう。

※※
Amazon特典小冊子の方は、今回も(エロ担当)一見先生と糸くん。
『カラアゲラプソディー』
順当に甘く二人がいちゃついて、今日こそ……というところに
唐揚げのお裾分けを持った大輝がやってきて「!!」という話。

10

次巻が楽しみすぎる!

5巻でやっと前組長の弟・曜明と、従順な犬(舎弟)・火弦のストーリーになりました。
前組長を殺した犯人が明らかになり、曜明の元を去ってケリをつけようとする火弦。死を覚悟した別れ際、曜明にキスを請う火弦が切ない。
そしてそれに応える曜明!そんなことまでー!火弦はキャパオーバーになっちゃうよね。良いシーンを見せてもらいました!

そんな火弦の考えはお見通しの曜明は、現組長・吉利谷に火弦を足止めさせ、自分でケリをつけに行く。家族(舎弟も)とは寝ないと決めてる曜明だけど、自分に従順な犬としてでなく、火弦のことを愛しく想ってるのが伝わってきます。

5巻では恋人的確約はないけれど、あとがきによると次巻には期待できそうです♪

もう一組のカップル、一見さんの手術に付き添って上京してきた一人は、偶然会った火弦とともに吉利谷に拉致られ、急性アルコール中毒にさせられてしまう。
吉利谷と旧知の仲だった一見は、一人の居所をつきとめ無事に助け出す。命に関わる危機を経て、お互いの大切さに気付き、盛り上がるのだけど、この二人のお約束で今回も邪魔が…
これも次号に期待かな?

修羅場の数々を経続き験してきただろうヒトデナシ的な一見さんが、純粋な一人と出会って、一人を愛おしく想ってるのを見るのが好きです。

あともう一組、良い感じになりそうなのが組長・吉利谷と弁護士の財前。一見も含めて3人は古くからの友人のようです。
吉利谷は吉利谷で前組長にわだかまりがあって、それを財前が癒していくのかな?
初回特典小冊子では温泉でマッタリしてる二人だけど、まだまだお友達の延長で恋人になるのは先になりそう。ただ、どっちも幼くも女性っぽくもないオトナの良い男!個人的にこの二人の関係が発展してくれたら、すごくすごくすごく嬉しい!

初回特典小冊子はバニー下着の火弦も見られます。

amazon限定小冊子は一見さんと一人が盛り上がってるところに大輝が…5巻もろもろの中で一番エロ度が高い気がします。ただこのエピソード、いつもお預けをくらってた一見だけでなく、一人もかなり焦れてたのがわかって、本編の流れで読んだら二人のイチャイチャにもっと萌えれただろうな。
特典商法も良いけど、本編に影響がない範囲で、本編を蔑ろにしないで欲しいって出版社へのお願いです。

7

ここで終わるのかぁぁぁ(泣)

次巻予告見たときから嫌な予感しかしなかったですが。
火弦がぁぁぁぁぁぁぁ・・・・。泣
これから一年待ちの状態が苦しいよぉ。 ゚゚ヽ(´□`ヽ。)°゚。ぃゃ~~~ん

今回は曜明×火弦カプを主軸に一見×糸くんカプが巻き込まれるという展開でしょうか。
あとは新キャラで弁護士の財前が登場です。
志水先生の作品はカプが多いので覚えるのが大変だ。笑

甘々シーンは鳴りを潜め、Vシネ感満載です。
先代組長を殺した相手を殺る指示を受けた火弦。
戻れないことを悟り、曜明に義兄弟の縁を切ることを告げ、最後の願いを
ねだるシーンがきゅんってします!
というか曜明からの初キスですよぉぉぉっっ(//∇//)キャー
必死になって与えられるモノを貪ろうとする火弦が必至で可愛いのなんのって。

不幸の中で生きてきた火弦の中では、曜明から与えられるこの幸せは自分の死と引き換えなのだと悟るシーンをきっかけに、今回の見せ場その1なんじゃないでしょうか!?
今まで隠されていた曜明の独占欲が開花しますよ、姐さん!!!
まぁ、顔は相変わらず淡々としてますけど。(^^;
解体(バラ)されてもい続きいように身元判明のために複数痕をつける・・・・
というのを口実に、
火弦の身体にキスマークをつけまくりやがるんですぅぅぅ(悶絶)
でも顔はしれっとしてますよ。えぇ。
個人的には腹に付けるシーンがお薦めです。仰け反る火弦がセクシーvvv

その後は怒涛のように火弦が拉致にあうわけですが。
うーん、やっぱり糸くんここで巻き込まれる必要ってあったのかな?
火弦を引き留める…という意味では有効なんだけど、酩酊するまで酒飲ますとか。
やっぱここは893ってことで納得しなきゃいかんのかしら。
一見のマジ切れシーンを見せたかった…から、とか?
そこからエチ完遂できれば盛り上げ方としてはよかったのかもしれないけどね。やっぱりこの二人のお預けは続くようで。笑

先代組長の殺害相手の元に向かった曜明のもとに駆けつける火弦。
そこで明かされる真相。
そして曜明を守るために傷を受ける火弦。・゚・(ノД`;)・゚・
この危機的状況で続く・・・・は志水先生鬼畜ですわよ。苦笑

んーでもなぁ、吉利谷はすべてを知っていたんだよなぁ。
今回なんか吉利谷の行動がよく分かんない点が多かったかな?
これって次回以降で回収してもらえるのかなぁ。
じゃないと吉利谷に対してもやっと感が拭えないよ。

今回の小冊子はエロなしですが、火弦のコスプレが見れます♪
本編でのエロが皆無といっても過言ではないので、密林のリーフレットで
一見×糸くんカプのエチで糖分補給するのがオススメかな、と思います。
まぁ、でも、この二人のエチの結末は…ね。相変わらずってことで。
( ̄w ̄)プッ

4

ムカついたぞ!

結局、吉利谷は何がしたかったんだ? 自分の気持ちの問題だけで火弦を使ったり、糸君をあんな目に合わせたんならほんとに胸糞悪い。(糸君が一見の大事な子だって知らないわけないでしょうに!)その辺がハッキリと解らないからモヤモヤしてる。 そして曜明のお兄さんを殺した人が解り、その理由も描かれてましたが、あっけないというか、そんなショボイ殺され方だったんだと。 そしてその人物を殺すために…なんだけど、曜明が思ったよりというか、かなり火弦を大事にしてるのがわかって良かった。(けど、結局火弦が傷つくのかよ…。) あとがきにも描かれてましたが曜明と火弦を幸せにすること最優先に頑張って下さるそうなので、あのまま火弦はどうなってしまうのか?で続くになってたけど安心してます。来年の春までお預けは長いなぁ。

2

いつだって、欲しいものは───。

ひ、火弦ぅぅぅぅーーーーっっ!と泣き叫びそうになった今回。
やばい。火弦の曜明への献身っぷりと刹那的な感情が入り乱れていて、今までで一番苦しくなる内容でした。

元組長を殺した裏切り者を始末する──死を覚悟した火弦の精一杯の要求、そしてそれに曜明が応えてくれたときの戸惑いと嬉しさ。火弦の全部が切なくて、キリキリと胸が痛みます。
火弦の溢れんばかりの想いはもう言わずもがな、なのですがイマイチ曜明が分かりにくい。
けれど、曜明は曜明で執着してるんだなと今回は思わされました。

糸くんは偶然火弦に会ってしまったがために巻き込まれてしまうのですが…こら丹羽!こら吉利谷!と憤ってしまいました。
いや、ふたり、結構好きなんですけどね。糸くんにしたことは許せねぇ。
一見さんのキレっぷりがかっこよかったです。

新たに登場、財前先生…素敵。おとこまえっぷりにキュンキュン。
吉利谷との絡みがすっごい気になる。
期待したのに……添い寝!添い寝なのか…っ。
あとがきにもあったようにいつかがっつり書いてくださいね!期待しています。

なんの迷いもなく曜明の前に飛び出した火弦。
続き
こんなとこで終わりだなんて…志水さんのイケズ!
次巻は火弦篇のクライマックスということで…火弦が幸せになるのを切に願っています。
曜明さん、火弦の欲しいものに…ちゃんと応えてあげてくださいね。

そしてラブを!今回あまあまさが無く淋しい思いをしました。
なので次はあまあまラブラブっぷりをぜひ!

7

ワンコの献身

曜明の為なら命を捨てる覚悟の健気なワンコ火弦。
曜明の兄克也を殺した犯人が勝又であることを知り、曜明に気付かれない様、火弦は敵地へ向かおうと決意する。
そして今日限りで、義兄弟の縁を切りたいと願い出る。最後に一度だけキスをしてほしいと曜明に乞う火弦。

義兄弟でなくなったら、『身内と寝てはいけない』という克也の厳命に背く事にならないので、これからは恋人にもなれるってことですよね。火弦のこれまでの環境が酷すぎたから、一刻も早く怪我を治して大好きな曜明にご褒美をもらってほしいものです。ちゅーか、曜明…どう見ても火弦のこと大好きやん!これまでの言動から、曜明は克也や透子、羽美以外の存在にはあまり興味ないのかとも思いましたが、安心しました。
来年が待ち遠しいです。一見と一人カップルにはあまり興味がないのですが、吉利谷と財前が気になります。
ところで、財前と曜明がたまに判別できなくなるのは私だけですかね?見分け方は、財前の髪はツーブロックってところでしょうか。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ