悪食ジェンダー

akujiki gender

悪食ジェンダー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
24
評価数
10件
平均
2.8 / 5
神率
10%
著者
 
媒体
コミック
出版社
竹書房
シリーズ
バンブーコミックス Qpaコレクション(コミック・竹書房)
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784801955264

あらすじ

「平凡でつまらない人間」という理由で妻に捨てられた桜庭旭(さくらばあさひ)。
そんな「普通」を肯定してくれたのは思い出のレストランのシェフ綾部海人(あやべかいと)だった。
店に通ううちに少しずつ親交を深めたある日、綾部はふたりの間にある埋められない溝に気づいてしまい 誰にも秘密にしている趣味「女装」をばらして関係を終わらせることにしたのだけれど―――?

表題作悪食ジェンダー

綾部海人,32歳,シェフ
桜庭旭,33歳,離婚したてのサラリーマン

評価・レビューする

レビュー投稿数2

かなり、ニアBL

「普通」が理由で家族に棄てられた男と、「普通じゃない」が理由で家族を棄てた男。
レストランの客とシェフだった二人の間には、いったいどんな関係が育っていくのかな?
ってことで、えーっと、この二人、最終的には、多分、女装攻め的な方向でまとまったって事でいいのかな?
っていうか、綾部は女装続けてるのかな?
なんか、桜庭と一緒にお墓参りに行って、偶然再会した父親と弟と和解できた時点で結構憑き物が落ちたみたいに女装卒業しちゃったようなイメージで読み終えたんだけど、どうなんだろう?
とりあえず、綾部は女装するだけで、別にトランスジェンダーじゃないのよね?
それでもって、女装でお友達とバーで飲んでいたりするのは、ゲイバー?普通のバー?
お友達も女装者?それとも転換者?元から女性?

作品を通して、綾部の葛藤とか、桜庭の変化とかを描いているのはわかったけど、BLとしては、最後、もうちょっと二人の間がはっきりするような表現や、しっかりしたエチシーンがあったりするとよかったのに、、、なので、かなり中立よりの萌です。

0

説得力と説明が足りてない

普通すぎてつまらない、という理由で離婚され妻子を失った桜庭(受け)は、思い出のレストランで1人食事をしていて泣いてしまう。それを慰めてくれたのはシェフの綾部(攻め)だった。以来店に通うようになった桜庭は、綾部と休日に食べ歩きなどに行く友人の間柄になるが、綾部には秘めた女装癖があり…。


昨今流行りの? 女装攻めモノです。
その設定はいいし、絵も綺麗だったんですけれど、とにかく内容に引っかかるところが多かったです。

攻めは、母親が亡くなったのち母親の面影を求めて化粧したりしているうちに女装にハマり、それが父親にバれて追い出された人です。女装好きな自分をすごく恥じています。
その攻めがシェフを務めるレストランに食事に来た、離婚ホヤホヤの受け。以前妻と食べに来たことを思い出し、泣きだした受けに攻めが「どうしました?」と声をかけることで2人は知り合います。
受けは、普通すぎてつまらない、と妻に捨てられた、「普通であること」がコンプレックスの人です。逆に「普通でないこと」がコンプレックスの攻めは、表面では仲良く受けと付き合うようになるのですが、内心では「普通」である受けに敵愾続き心を抱いています。

まず攻めが、「普通」の受けにイライラしてキツく当たったりするのが理解できない。他に普通の人なんていくらでもいるでしょうに。店で働くアルバイトの子たちだって普通でしょ。なのに離婚で傷ついている受けだけを「普通だから」という理由で嫌うのが納得いかない。
そして、イライラするあまり、他の行きずりの男と寝てみたりする攻め。これも訳がわからない。その時点までは、女装癖はあるけど恋愛対象は女性だった攻めなのに、なぜいきなり他の男と寝るの? またその男が、パッと出てきて攻めを誘うだけのモブにしてはやたらとキャラの立った綺麗で優しい人で、余計に訳がわからなかった。

あと急に、受けが可愛らしくなるのもよくわからなかった。気の利いたことの一つも言えないキャラ、という設定だったのに、攻めとは社交的に付き合い、自分主体で話せるのはなぜ? 子供の時から面白みのない困ったちゃんだった、と母親に言われるほどなのに。「攻めとだけは楽しく話せる」というのがBL的な萌えどころ、というには圧倒的に説得力が足りない。
攻めの女装も、女装せずにはいられないレベルなのか、女装が趣味というだけなのか、「女になりたい」人なのかもわからない。タイトルもそうだし、途中でトランスジェンダーみたいにほのめかされてるけど、それにしては攻めだしなぁ…。

あと、攻め受けは関係ないけど、「夫が普通すぎてつまらない」というばかげた理由で離婚が許され、子供の親権が母親に行くのが理解できない。円満離婚ならともかく、裁判所の調停にまでなってるのに…。

エロはなし。かろうじてシェフが攻めだとわかる程度の描写はあります。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ