世界一初恋 ~横澤隆史の場合3~

sekaiichi hatsukoi

世界一初恋 ~横澤隆史の場合3~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1件
平均
2 / 5
神率
0%
著者
  
媒体
コミック
出版社
KADOKAWA
シリーズ
あすかコミックスCL-DX(コミック・角川書店)
発売日
価格
¥980(税抜)  ¥1,058(税込)
ISBN
9784041041598

あらすじ

あるきっかけから少年誌「ジャプン」の編集長・桐嶋禅と恋人関係になった丸川書店営業部の横澤隆史。ある時、日和の同級生の伯父である五百川に、日和が成人しても堂々と桐嶋と一緒にいられるのかと問われ…?

表題作世界一初恋 ~横澤隆史の場合3~

桐嶋禅、看板漫画雑誌ジャプン編集長でヒットメーカー
横澤隆史、丸川書店の暴れ熊と呼ばれる営業マン

その他の収録作品

  • comicside~横澤隆史の場合~
  • comicside~桐嶋禅の場合~
  • あとがき
  • 大晦日編~横澤隆史の場合~ (カバー下)

評価・レビューする

レビュー投稿数1

良くも悪くも

大人の男として、仕事が忙しいのは分かります。
また、桐嶋との恋愛も日和の存在に2人きりになりにくいのも、日和を優先させたい気持ちも分かります。
横澤の男気が、女々しさを表に出したくない矜持も分かるのですが…。
ここに来てまたか。というような及び腰に読み進めるほどイライラしてしまいました。
桐嶋の的確なフォローに救われますが、仕事が忙しいと逃げ回り堂々巡りを繰り返す姿に横澤の評価が下がっていくばかり。
男同士なのだから、男前な恋人の甲斐性を見せるのは桐嶋ひとりではなく、横澤もそうあって欲しい。
と思う気持ちが強すぎたのかもしれません。
丸川の暴れ熊と異名を持つ男の内面があまりにも繊細すぎて、ギャップにかわいいと思うよりもしつこくいじけ続ける姿に呆れてしまいました。
結局横澤のカッコいい所が見られないまま。
物語としても大きな山場を越えることが出来ないままで終わりとなってしまったことが残念です。

勘違いから出版社の思惑に見事に嵌り読み続けたスピンオフ作品ですが、内容については残念ながら、本編に存在するきゅんきゅんするようなときめきはあまり感じられませんでした。
続きれでも順次刊行され、久々に文字を追う楽しさを思い出しました。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ