艶乱

iro no midare

艶乱
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
28
評価数
7件
平均
4 / 5
神率
14.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイノベルズ(小説・リブレ)
発売日
価格
¥870(税抜)  ¥940(税込)
ISBN
9784799729526

あらすじ

弁護士の貴史と川口組若頭の東原は、ようやく互いが唯一無二の存在と認め、今まで以上に距離を詰めたつきあいができるようになってきた。
ひとつひとつ東原の秘密を知っていく喜びを感じ、身も心も満たされていく貴史。
そんな矢先、東原が何者かに襲われる。
東原が極道の道へと進むきっかけとなった過去へとつながる陰謀の匂いに、貴史は不安になりながらも気丈に東原の安否を気づかうが、そんな彼にも魔の手が…!?
大人気情熱シリーズの番外編が、待望の新作書き下ろしで登場!!

表題作艶乱

東原辰雄,ヤクザ若頭,41歳
執行貴史,弁護士,32歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

揺るがない信頼関係

「艶悪」「艶恋」に続く3作目。
艶恋から2年ほど経過した話で、今回は東原が893になるきっかけとなった過去が明らかになります。
そしてその過去の因縁から命を狙われるのですが、今回は事件よりも、東原の過去にスポットが充てられていて東原という人間の人となりが分かる作品でした。
(やはり東原は魅力的!)

また、遠野さんが艶シリーズのテーマは「変化」とおっしゃっているとおり、
二人の関係はどんどん深いものに変化してました。
ちょっとしたことでは動じないほど貴史は成長しているし、
東原も貴史に対して素直になってます(笑)
本当にお似合いの二人です。

スナイパーとして初登場した武藤も味があって良かったです。

0

『艶』シリーズ第三弾

情熱シリーズ『艶』編の第三弾。
『ひそやかな情熱』シリーズの佳人もたびたび登場します。

あらすじ:
体だけの関係に始まり、最近ようやく心を通わせつつある弁護士の貴史(受け)と、香西組若頭の東原(攻め)。
ある日、東原が何者かに襲われる事件が発生。
首謀者は、東原が過去に潰した組織の組長の息子のようで…

東原と貴史の両視点ありますが、より読者に目線が近いのは貴史。
兄の死をきっかけに極道の道に進んだという東原に一体どんな過去があるのか?
今回東原を狙ったスナイパーの正体は?
そんな謎に迫る展開です。
東原を殺そうとする人物やスナイパー自身の視点のエピソードもあり、群像劇風の展開が◎
先が読める部分もありますが、彼らがどうやって東原を殺すのか、東原がどう彼らに対処するか、といった駆け引きがスリリングに描かれていてなかなか読ませます。

東原に代わり組長の香西が撃たれたことで、佳人が香西を見舞うという場面も。
直接の会話こそありませんが、
自分を長年弄んだ香西を恨まない佳人の懐の深さや、
佳人を手放したあと誰とも長続きしなかった香西の孤独が描かれており続き
長い年月を経ての和解にちょっとグッとくるものがありました。

既刊に出ていたその他のキャラもチラホラ登場。
「His Secret Affection」(『夜天の情事 -情熱シリーズ番外編集-』)に出てきた正宗が香西組の若頭補佐になっていたり、
「艶縁」(『ついの絆―芝蘭の交わり―』)に出てきた千羽が貴史の事務所で働いていたりと、
過去キャラとの人間関係もさりげなく描かれているところが良かったです。

新キャラの武藤もなかなか魅力的。
あとがきにあったように、このシリーズとは関係ないところで彼メインのお話が読んでみたくなりました。

絡みは前半と後半に1回ずつで、そこまでエロエロではありませんが、お互いに心を許した二人の甘いやり取りに萌があります。
既刊の彼らを思うと、よくここまで落ち着いたなぁと感慨深い気持ちに。
東原が、
「俺にはお前が必要だ。俺の傍にいることで俺を守ってくれ」
などとかなり貴史に対し素直になっているところに萌えました。

東原×貴史も遥×佳人もどちらも関係は安定してしまいましたが、このシリーズはまだまだ続くことを願います。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ