自分が傷ついた分、誰かを傷つけたかった。

浄化系彼氏

joukakei kareshi

浄化系彼氏
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×28
  • 萌5
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
85
評価数
23件
平均
3.8 / 5
神率
30.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ふゅーじょんぷろだくと
シリーズ
ポーバックスTHE OMEGAVERSE PROJECT COMICS
発売日
価格
¥675(税抜)  
ISBN
9784865891874

あらすじ

身体目的だった男に良いように使われて結婚を理由に捨てられてしまった万代 隼人(ルビ:ばんだい はやと)。
愛されていると思っていたのに、裏切られた。そんなショック状態の中に居る万代を拾ったのは
真面目を絵に描いたようなサラリーマン・長岡 学(ルビ:ながおか がく)だった。
万代は今度は自分が利用する側に回ってやるという意気込みで長岡を上手くたらし込む。 長岡は万代の思惑には気付かずにひたむきに彼に尽くす。
一生懸命に支えてくれる長岡を見ているうちに万代は少しずつ、人を愛するということを思い出す。

恋愛のせいで底辺を味わい、恋愛のお陰で幸せを知る。
2組のカップルで見せる大切な恋の物語。

表題作浄化系彼氏

長岡学,受けを助けた地味で真面目なリーマン,β
万代隼人,男に捨てられたばかりのΩ

同時収録作品浄化系彼氏

紫竹幸彦,リーマン,αに強いコンプレックスを抱くβ
川岸渚,ピルが飲めない体質のΩ

その他の収録作品

  • 浄化済彼氏(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:本編で描けなかった設定

評価・レビューする

レビュー投稿数2

オメガバース

β×Ω二本立て
一つ目の話の受けが振られたのが二つ目の話の攻め。

万代の演技がハマって上手くいった時の万代の顔!
悪いヒトだわー。

仲直りした後からのプロポーズ。せめて下半身隠すとか、仲直りした直後だからしょうがないんだけど!
でも長岡はロマンチストだと思う。フラッシュモブとかやっちゃって、万代にギャーギャー言われつつ、万代も悪い気はしない、みたいな。

紫竹渚コンビはあんまり好きじゃない。
DVとか、理解できないし、それで許すとかあり得ない。
一度でも一線越えたヤツは同じことを繰り返すし。
依存関係にはあるんだろうけど、いくらハッピーエンドでも受け付けない。

1

過去を浄化してくれた、ふたつの恋

あたたかな愛情で、辛い過去が浄化されてゆく……という、
癒され系のお話が2つ入っています。

お話には繋がりがあって、どちらも β×Ω のオメガバースものです。
最初にオメガバースの説明がしっかり載っているので、
オメガバースを知らない人でも大丈夫ですし、
この本は、変に捻りがないので初めての方にも向いていると思います。


■表題CP:お人好しのマジメ地味リーマンβ × 自暴自棄のΩ

男に二股をかけられたうえに捨てられた受け(表紙の子)は、
腹いせに自分も他人を利用してやる!と、
発情期で辛かった時に助けてくれた、お人好しの攻めをターゲットに。
誘惑してエッチして、か弱さアピールで好意をもたれるように仕向け、
攻めの家にそのまま居座って、働きもせずにヒモ化☆
だけど、
そんな受けのことを好きになって、
一緒にいると幸せ…と、かいがいしく世話を焼いてくれて、
体を壊してまで頑張ってくれる、真面目な攻めの姿を見て………

ずいぶんと攻めは簡単に受けを好きになったな…と思ったし、
展開はすごーーく王道。
でも、自分を本当に大事にしてくれる攻め続きのために、
自分も変わろうと努力する受けの様子や、
冴えない攻めが、跳び蹴りをしてまで懸命に受けを守ろうとする姿には、
あたたかい気持ちにさせられました。


■もうひとつのCP:二股野郎のβ × 二股をかけられていたΩ
表題の受けを捨てた男の話で、こちらの方が読み応えがありました。

攻めは、Ωには優しい彼氏のふりをして、
発情期のΩとのセックスで、ストレス発散をして楽しみながら、
実は他に世間体のいい婚約者も持つ…という、クズ男。
表題の受けを捨てた後も、新たなΩ(今回の受け)を囲ってる。
攻めがそんなことをするのは、
αの弟と昔から比べられ、いくら仕事ができても会社ではαに敵わずで、
αへの根深いコンプレックスと強いストレスに悩まされているから。
そんなある日、
αと結婚するからと婚約者に捨てられ、会社ではまたαに負けてしまって、
攻めは腹いせのように受けを乱暴に犯し、
暴力まで振るってから捨てる、という酷い態度をとる、けれど……

攻めの受けへの言動がかなり最低なのですが、
そんな男には勿体ないほどの受けの深くあたたかな愛情が、
聖母のようでも無垢な子供のようでもあり、ずしりと心に響きます…

落ちぶれた攻めに頭を撫でてもらって、幸せそうにする受けの表情や、
裸で抱き合い、挿入しながら攻めが泣いて受けに謝る…など、
とてもいいなぁと思うシーンがいくつもありました。


もうちょっと描いてほしかった…と思う所もありましたが、
読後感のよい幸せなお話でした、オススメです。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ