キャラメル・エスプレッソ

キャラメル・エスプレッソ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
13
評価数
3件
平均
4.3 / 5
神率
66.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832281929

表題作キャラメル・エスプレッソ

左右と柴とアキラ
アオイと柴

その他の収録作品

  • お気に召すまま
  • 君の名は

評価・レビューする

レビュー投稿数3

左利きって大変!

テーマは左利き、かな?
そこに二重人格青年とその友人が絡んで四角関係っぽくなっていくので説明するとなんかややこしいんですが、そこは鳥人さんすっきりぐいぐい読ませます。

将来の夢はカフェ経営な大学生左右が、ある不思議な青年と出会って何故か突然左利きになってしまいます。
左利きになって気付いたのは、世の中は右利き用に出来ていて左利きがどんなに不便かって事。
これは自分も読むまでそんな意識してなくて漠然と包丁と鋏は不便だろうな位に思ってたので目から鱗でした。
左利きってそうなのか、おお~~って感じ。
後書きによると鳥人さんご自身が左利きなんだそうです、成る程と納得のリアリティ。
メイン登場人物は、左右、アキラ、アキラのもう1人の人格アオイ、アキラの友人のシバ、の4人。
アキラは右利きで攻でシバを友人としてしか思っていなくて、アオイは左利きで受でシバを恋愛対象として好き。
でもシバはアキラが好き、そういう三角関係の所に左右が入って来る訳ですね。
登場人物がみんな魅力的で良い~、彼等の関係はここで一旦終る様に見えてこの続編「キャラメル・フレーバー」に続いてます。
左利き続きの話をここまで発展させるのかーっていう手法に感心。

1

多重人格もの

どういうふうにストーリーが進んでいってどういうオチになるのかまったく予想がつかず、ワクテカしながら読みました。(BLだと、そういう作品は珍しいんだよねw)
面白かったな~。
鳥人ヒロミさんの作るお話、好きです。
セオリー通りに進まないのがいい。

多重人格もの。
四角関係と言えばいいのか三角関係と言えばいいのか。
それぞれの人格を好きな男がいて、でも別人格のほうとセックスしてたりして、三人(一人は二つの人格持ち)の関係はゴチャゴチャしてます。この関係、読めばすっきり分かりやすいんだけど、説明しようとするとややこしいな。
人格によって受けと攻めが逆転するというのも新鮮。
左利き関係の話はもっと少なくても良かったかも。
私の弟も左利きなんだけど、ウチの親はまったく矯正しようとしなかったっけ。昔は矯正が普通だったんだよね。
なんとなくおさまるところにおさまったけど、やっぱおさまってないよね…?というところで終わります。
で、『キャラメル・フレーバー』へ続く。

『お気に召すまま』
主従萌え。
ツンデレ坊っちゃんが可愛いなー。
もっとゆっくりじっくり読みたいお話だなと思いました。

1

さすがw

とりあず、開口一番いうなれば、面白かった(゚∀゚)ノパネェ
ごくごく普通の大学生だった左右クン。バイト先で知り合った美人の子。
気づいたらホテルで、その美人に乗ってたんだけど、脱がせて見たら・・・あれ?
お前・・・男じゃねぇか!!!と、ことが及ぶ前に逃げようとしたものの、なんとそのとき握られた手に電流。
翌朝目が覚めると、なんと左利きになっていた・・?!
というのが主な流れですね。
テーマは左利き。そして二重人格。抱えたトラウマ。
面白かったです。飽きることなく最後まで楽しめる作品。
最終的には妙な4画関係というのも面白かった。
柴ちゃんww想い遂げられてよかったね。
そして、バックバージン喪失おめでとう(´∀`)ニヤニヤw
純粋にアキラに恋する柴ちゃんは可愛いと思う。
アオイも可愛いんだけどさ。いっそのこと、左右もまとめてアキラにやってもらえばいいとおもうよ(ぇ

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ