大人気ファミリーBL♥ ドラマCD第6弾!

できちゃった男子 波留日のカレシ編 初回限定ファミリーパック

dekichatta danshi harahara hen

できちゃった男子 波留日のカレシ編 初回限定ファミリーパック
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
7
評価数
2件
平均
3.5 / 5
神率
0%
著者
作品演出・監督
小泉紀介
音楽
武本遥
脚本
外原祥子
原画・イラスト
御景椿
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
リブレ出版〈CD〉
収録時間
57 分
枚数
1 枚
ふろく
描き下ろし小冊子『いちばん幸せなクリスマス編』 / リブレ通販特典:下野紘&島﨑信長 キャストトークCD / アニメイト特典:描き下ろしマンガペーパー
フリートーク
なし
発売日

あらすじ

男夫婦・友二郎と飛翠が育てた息子・波留日は、しっかり者のイケメン大学生に成長。
念願の初エッチを済ませラブラブのはずが、彼氏・隆介の過去が気になり不安になってしまう波留日。
そんな時、隆介が誘拐されてしまい…!?
「好きすぎてどうしよう。このまま閉じ込めておきたい」
隆介、本性発覚♥
エロラブな二世帯ファミリーBLCD第6弾!
子供時代のマザコン波留日と飛翠の「いちばん幸せなクリスマス編」が描き下ろし小冊子で読める!初回限定ファミリーパックで登場★
「いちばん幸せなクリスマス編」は音声ドラマでも収録♪

表題作 できちゃった男子 波留日のカレシ編 初回限定ファミリーパック

志賀隆介 → 島﨑信長

小比企波留日 → 下野紘

羽鳥友二郎 → 鳥海浩輔

小比企飛翠 → 梶裕貴

その他キャラ
橘影虎[上田陽司(現:上田燿司)]/ 小比企寿衣留[金田朋子]/ 組員[青山耕平]/ 男子[河西健吾]/ 小比企波留日(少年)[緒乃冬華(大浦冬華)]/ 志賀隆介(少年)[古木のぞみ]/ 若頭[笠間淳]/ 組員[前田弘喜]/ 男子[田中健大]

評価・レビューする

レビュー投稿数1

家族色強め☆好きだけど、内容量にはちと不満…

前のCD「波留日編 俺がお前でお前が俺」に入らなかった隆介の過去編と、
コミックスの波留日編に載っていた短いお話「父と息子と婿の愛編」、
そしてこのCDに付いてきた20Pの描き下ろしの小冊子、
「いちばん幸せなクリスマス編」の音声化が収録されています。

こう言うと盛り沢山~♪という感じですが、
実は収録時間は60分もなくて短めです。

せかっくならコミックスの波留日編に載っていたもう一つの話、
「猫のお母さん編」も入れてほしかったなぁ!
今回は、友二郎 × 飛翠 の絡みがなくて寂しかったですしね。
(ここでお預けにして、次のCDを買ってもらおうという作戦なのかな?)

今回のCD「波留日のカレシ編」は、
初回限定が「ファミリーパック」と言うだけあって、
特に家族色が強めに感じました。

波留日が学校の友達とケンカして、
友二郎が迎えにいって~~のエピソードでは、さりげない感じだけど、
父と息子の絆がしっかり感じられたし、
小冊子の音声化の方では、
波留日と飛翠がクリスマスの夜に2人で、くすぐりじゃれているのとか、
ちょっと百合っぽくもあるん続きだけど、すごく仲良しで微笑ましかったです。
(詳しい内容は、小冊子のレビューの方に書きます)

友二郎と波留日が飛翠をとりあってギャーギャーしているのも、
愛に満ちてて平和で、ほっこりでした (*´∀`*)

隆介×波留日のお話の方は、
中学生のふたりが出会って、初対面で告白~~のシーンもあって、
まだ幼いながらもお互いに気持ちがまっすぐで、
惹かれあうのも分かるなぁ~と改めて思えました。
エッチシーンは2回かな?多くはないけれど、
感じやすい波留日(下野さん)の喘ぎは、すごく可愛かったし、
大人っぽかったり・ハイテンションバカだったり・切なくなったり~と、
相変わらず変化が激しい隆介役の信長くんがお見事でした。
滑らかに歌うように信長くんがセリフを言うところ、すごく好きです♪

そんなんで、楽しめたCDではあったのですが、
今回の初回限定ファミリーパックは、描き下ろしの小冊子が付くけれど、
収録時間が60分弱と短いうえに、お値段は3300+税と普通より高め。
なのに、古いCDと新CDを両方買ったらフリトが付くとか、
ファンを釣っているように思えて、好印象が持てませんでした。
長く続いているシリーズだからこそ、
CDを買い続けているファンをもっと大事にしてほしいな。
あと最近、
特典付きで少しお値段高めに~という初回限定版が増えていますが、
高い分の値段に見合った内容か疑問なものもチラホラあるように思います。
次から次へとドンドンCDを出すよりも、
内容充実のCD作品をひとつずつ丁寧に作ってほしいなぁ。
その方が満足度が高くて、また買いたい!
という気持ちにつながるんじゃないかな…と思うのです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ